書評総合

秋田妹! えびなちゃん 2 (ヤングジャンプコミックス)

1、2巻読了。 面白くて1、2巻一気読みしちゃったよー... Source: 読書ログ
書評総合

快晴の金曜日は由比ヶ浜のカフェを新規開拓

2020年5月29日(金)。 快晴の金曜日。 朝からクリアに空が晴れ渡り素晴らしいお天気。 こんな日は由比ヶ浜の気になっていたカフェにランチに出かける。 素晴らしい夕陽も見られて最高の一日だった。 (adsbygoogle...
書評総合

自粛生活における制約を「ゲームのルール」と捉え最大限楽しもう!!

最新のYouTube動画を公開しました! 緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ我々の生活には多くの制約が掛かっていますし、どうも制約は長期化しそうです。 今年はほとんどのお祭りや大規模イベントは中止、僕が住む鎌倉から近い江の島などでは海...
絵本の書評と感想

小学校配布マスクが大人サイズな件

【育児記事目次】先日、街では普通にマスクが購入できる時期になってから、ようやくアベノマスクが到着。タダでもらえるのはありがたいが、本当に欲しかった時期は「今じゃない」感満載。そして、学校再開で子供も文科省よりマスクを1枚頂くもサイズを見て「...
書評総合

ライフスタイルや装備の再設計 〜毎月10日間も旅をしないなら [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! 去年の夏までの僕はデュアルライフをしていた上に、1ヶ月のうち10日くらいは旅をしていたし、それで良いと思っていた。 でもコロナもあって完全に停止してみて...
絵本の書評と感想

ドラキュラの花 福岡市動植物園

【育児記事目次】福岡市動植物園のバラが今、見頃。超綺麗。なんだが、うちの息子が食いついたのはバラじゃなくて、ラン科のドラキュラの花原産地はアンデス山脈。名前の由来は諸説あるそうだが、花の姿が吸血コウモリのようだから、とのことらしい。サルの顔...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「月替わりセール5月分」】

16 / MatthieuGD 【はじめに】◆本日2本目の記事は、明日終了するKindleセールの「終了前日ランキング」。 今回対象となるのは、こちらのセールです。 【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(2020年05月)(...
書評総合

大槻ケンヂ『サブカルで食う』の感想

(2019年4月読了)  副題には「就職せず好きなことだけやって生きていく方法」とある。  少し疲れて古本屋を訪れた際、ふと見つけて購入し、その足で昼ご飯を食べに行ったカレー屋で読んだ。筋肉少女帯で知られる大槻ケンヂ氏が、自身の経験を元にサ...
絵本の書評と感想

子育てに焦りは禁物 不登校のお子様を持つお母様へ

【育児記事目次】親御さんが気をつけなければいけないのは、子供は全てが拙く見えるので早く大人のようにできるようになって欲しいと焦る思いです。息子はとても人見知りで小学校入学時より不登校でしたが私は将来を全く心配していませんでした。不登校の時も...
書評総合

『大学病院で母はなぜ死んだか』(中央公論社) – 著者: 古森 義久 – 猪瀬 直樹による書評

『大学病院で母はなぜ死んだか』(中央公論社) 著者:古森 義久 環境劣悪、現代の奇怪な「城」 著者は新聞社の特派員で、世界を渡り歩き、現在はワシントンにいる。奥さんはガイジンである。そういう情況だから、日本へ帰ることは稀になる。だが老いた...
絵本の書評と感想

ドラゴンと毛糸のぼうし #ピクシー絵本

JUGEMテーマ:かわいい絵本が好きなのだ ちょっとコミカルな創作童話のピクシー絵本、 「ドラゴンと毛糸のぼうし(Der Drache mit der Pudelmütze)」を紹介しま...
書評総合

プリズム

やはり推理に必要なのは確かな証拠に基づく論理的な思考。 ... Source: 読書ログ
書評総合

今週のいただきもの:2020年5月25日週

最近、自宅のベランダでハーブを育て始めました。雨が強いと倒れてしまったり、なめくじに葉をかじられたりと、なかなか手がかかりますが、日々の成長が楽しみです。間引きのためバジルの葉を収穫したので、マルゲリータにのせました。 Source: H...
書評総合

『現在はどこにあるか』(新潮社) – 著者: 吉本 隆明 – 辻井 喬による書評

『現在はどこにあるか』(新潮社) 著者:吉本 隆明 「マス・イメージ論」以来、吉本隆明は粘り強く、いつも視線を広い領域に放ちながら、現代という、のっぺらぼうで得体の知れない社会を分析し、そこに法則を見付け、対応の論理を構築しようと努力して...
書評総合

『最愛の子ども』(文藝春秋) – 著者: 松浦 理英子 – 蜂飼 耳による書評

『最愛の子ども』(文藝春秋) 著者:松浦 理英子 恋愛?友情?友愛? いいえ… 世の中には恋愛や友情や友愛といった言葉があって、誰でも使うことができる。けれど、人と人との関係をじっと見つめるなら、どれも恐ろしいほどに唯一のも...
小説の書評と感想

”アメブロ新機能!リンク先がカードっぽくなるんだって”

はい、スマホです。左手で持ち、右手の人差し指でぽちぽちしてます。過去記事をどうやって呼び出したらいいのかわかりません。スマホ版のブラウザでGoogleだしてこんな本を読んだ(このブログのタイトル)を検索…Googleが見つけてくれた過去記事...
小説の書評と感想

アメブロ新機能!リンク先がカードっぽくなるんだって

アメーバからのお知らせで知った新機能を使ってみる。過去記事をリンクするとカードみたいになるらしいぞ!白夜行 謎の考察 ネタバレあれ?カードにならない。なんで?もっかいスタッフブログを確認……【改善のお知らせ】記事内リンクのカード化表示につい...
書評総合

クリエイティブ・コーリング 創造力を呼び出す習慣

クリエイティブとは何か 創造とは、アイデアを世界に向かって表現することだ。それは問題解決の方法かもしれない。ビジネスや何かの行動を起こすことかもしれない。他人や自分のことをより深く知って、人生に生きがいを見出すことも創造だ。 創造とは、2つ...
絵本の書評と感想

静岡浜松の銘菓 春華堂のうなぎパイ

【育児記事目次】ダーリンが静岡に出張行くと必ず買ってくれるお菓子ここのパイはとっても美味しい以前、静岡出身のママ友にもらって以来、すっかりファンになってしまった。昭和36年の発売以来のロングセラー商品だそう。バターの風味がなんとも言えない。...
絵本の書評と感想

北海道きました。在宅スイーツ。

六花亭 通販おやつ屋さん 届いた♡ 通販おやつ屋さん おやつが ギュっとはいってて それだけで かわいい。 嬉しい。 全部で23個 はいってました。 おやつの賞味期限は 一番短いものでも 5日はありました。 長いもので 5ヶ月先まで...
書評総合

麻雀放浪記 : 1 ,2

・麻雀放浪記 : 1 ,2 ・(原作)阿佐田哲也、(漫画)嶺岸信明 ・ 双葉社  ある年代の人なら、原作者の阿佐田哲也という名前に懐かしさを感じるのではないか。麻雀の神様とも雀聖とも呼ばれた人だ。なお、阿佐田哲也...
書評総合

『天才の考え方 藤井聡太とは何者か?』常人には理解しがたい? 天才棋士たちの思考を覗く

天才の考え方 (単行本) 作者:加藤 一二三 ,渡辺 明 出版社:中央公論新社 発売日:2020-04-18 プロ棋士への道は、険しい。かつて米長邦雄・永世棋聖...
小説の書評と感想

「年刊句集 福井県 第58集」を読む(7)

 福井県俳句作家協会・編の「年刊句集 福井県 第58集」より、7回めの紹介をする。 同(6)は、今月26日の記事にアップした。  今回は、敦賀地区(敦賀市、美浜町)、若狭東地区(三方郡、三方上中郡)、若狭西地区(小浜市、おおい町、高浜町)に...
書評総合

今週のニュースはこれを読め!:2020年5月25日週

HONZ代表・成毛眞が気になったニュースをまとめてご紹介。今週のニュースはこれを読め! Source: HONZ
ビジネス書の書評と感想

『ネコが教える 宇宙イチやさしい超実戦的マーケティング』

「マーケティングの基礎は、全てのビジネス、全ての商売にとても重要です。」と説いて、マーケティングを楽しく体得し、実践力を身につけられるような本があります。     本日紹介するのは、製造業、メーカー、 … 続...
書評総合

「天安門」を中国語でどう発音するか?

 「天安門(天安门)」を中国語でどう発音するか? ピンイン(拼音)で Tian An Men だから、日本語的には、「ティエン・アン・メン」に近い、というのはそうなのだが、このピンインは間違いで、実際には、Tiān'ānmén 。「安」の音...
書評総合

【書評:1675冊目】実家が全焼したらインフルエンサーになりました(実家が全焼したサノ)

【自分の人生を言葉にする】 実家が全焼したサノ氏が、『実家が全焼したらインフルエンサーになりました』と題して、30年の人生を振り返りながら、切ない出来事に遭遇しても前向きに生きるヒントを指南する一冊。 rakuten_design="sli...
小説の書評と感想

ほろ苦い青春小説・・・「紳士と淑女のコロシアム 競技ダンスへようこそ」

「紳士と淑女のコロシアム 『競技ダンス』へようこそ」を読みました。著者の二宮敦人氏の大学時代の競技ダンス部の様子を、1年生に入学して部活に勧誘されるところから始まり、4年生で部活が終わるまでの話と、10年後に当時の関係者に話を聴きにいったと...
書評総合

ブック・ジャングル

閉館された図書館である目的のため、男2人と女3人が夜間に進入... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

『小さな会社ランチェスター式「儲ける戦略」』 栢野克己・著 竹田陽一・監修 vol.5524

【中小零細企業必読】 Amazon.co.jpの詳細ページへ » 本日ご紹介する一冊は、中小零細企業向け Source: ビジネス書①
タイトルとURLをコピーしました