書評総合

ランニングのサボり過ぎを反省したり やっぱり豚組しゃぶ庵は最高だと思った一日 [日記 2020.9.20]

2020年9月20日(日)の日記。 4連休の2日目。 このところランニングをまったく走らない日が結構出てしまい、ちょっと反省。 しばらく毎日ちょっとでも走るようにすることに決めた。 そして夕方からは六本木に出て豚組しゃぶ庵で宴。 やはりとて...
書評総合

「好きで鈍器は持ちません! ~鍛冶と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~ 1」山田どんき 富士見ファンタジア文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは作者さんの「好きで鈍器は持ちません! ~鍛冶と建築を極めた少女は、デカいハンマーで成り上がる~ 1」です!ストーリー ...
書評総合

うちの作家は推理ができない (二見サラ文庫)

「宝石吐き」が大好きで購入した本作でしたが、悪くもなく日常の... Source: 読書ログ
書評総合

いま、子どもの本が売れる理由 (筑摩選書)

児童書に関する歴史や子どもの本が置かれている状況。売り上げな... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

週刊金融日記 第438号 菅内閣は親中か反中か、他

第438号の目次です。 ●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(note) =============================...
絵本の書評と感想

よく考えてから、書く 5

JUGEMテーマ:メディアリテラシー 9月6日の続きです。 前回は、新聞やテレビなど従来のメディア(これ以降はオールドメディアとします)およびインターネット上で公的機関や企業が情報発信するまでの内部的なプ...
書評総合

世界のトップコンサルが使う 秒速で人が動く数字活用術

・世界のトップコンサルが使う 秒速で人が動く数字活用術 ・小早川鳳明 ・PHP研究所  私は、会社員だった頃の経験に照らして、コンサルという人種をあまり信用していない。彼らはポジショントークが多いし、「そんなこと分かっている...
小説の書評と感想

ねこねこチーズケーキ

夫が猫のチーズケーキを買ってきてくれた。カードのポイントが貯まったから、ポイントでゲットしたらしい。なんでもない日のオヤツに1800円出すの勇気いるけど、ポイントならいいか、って、わかるなあ。家族4人分だけどさ。コンビニスイーツならひとり2...
書評総合

七月に流れる花/八月は冷たい城 (講談社文庫)

呼ばれた子どもは必ず「夏のお城」への林間学校に行かなければい... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

「こんなに弱い中国人民解放軍」兵頭 二十八

【私の評価】★★★☆☆(73点) 内容と感想 ■この本の出版された2015年という年は、  中国は南シナ海埋め立てを継続しており、  機関砲を装備した中国公船が尖閣諸島の  接続海域に入るようになった年です。  日本では国会...
ビジネス書の書評と感想

【英語学習】『他言語とくらべてわかる英語のしくみ』宍戸里佳

他言語とくらべてわかる英語のしくみ 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「語学関連本キャンペーン」の中でも、個人的に読んでみたかった英語学習本。 学生時代に英国で、独英辞典を購入したことのある私としては、納得できるお話が...
小説の書評と感想

『物語が、始まる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『物語が、始まる』川上 弘美 中公文庫 2012年4月20日9刷 物語が、始まる (中公文庫) いつもの暮らしのそこここに、ひっそり開いた異世界への扉 - 公園の砂場で拾った 〈雛型〉 との不思議なラブ・ストーリーを描く表題作ほ...
書評総合

美意識を磨く オークション・スペシャリストが教えるアートの見方

「絵画の見方」の基本は心を揺り動かすこと 世間で出回っている「絵画の見方」といった本を見ると、実に感心することが多い。視線の流れで解説したり、絵の中の焦点のあり方から探ってみたり、画中に描かれたイコンや静物にどんな意味や暗喩があるかを説いた...
小説の書評と感想

開高健「掌のなかの海」を読む

 KIndle本の「開高健 電子全集」特別限定無料版より、短編小説集「珠玉」の「掌のなかの海」を読み了える。 入手は、今月19日の記事、入手した3冊を紹介する(10)にアップした。  「掌のなかの海」は、回想記風に始まる。作家デビューした作...
書評総合

バチカン奇跡調査官 王の中の王 (角川ホラー文庫)

教会に灯る不思議な光 祭壇前の床に光る黄金の小さな足跡 ... Source: 読書ログ
書評総合

「塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い3」猿渡かざみ ガガガ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは猿渡かざみさんの「塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い3」です!前巻の記事↓ ストーリー A内容は、夏休みも終盤に入り佐藤さ...
書評総合

あかね空

深川と日本橋にはなじみがあるので地名を調べながら楽しく読んだ... Source: 読書ログ
書評総合

ユリア100式 8 (ジェッツコミックス)

 8巻なので基本構造は割愛。  安定のバカでエロ。 ... Source: 読書ログ
書評総合

はたらく魔王さま!21 (電撃文庫)

 足踏み期間が長かったから、好きな作品なのに「やっと終わった... Source: 読書ログ
書評総合

八つ墓村 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

私にとって名前こそ知りながら読む機会のない有名作品のひとつだ... Source: 読書ログ
絵本の書評と感想

白雪姫と七人の小人/14版 #リトルゴールデンブック

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー 長いリトルゴールデンブックの歴史の中でも、人気のロングセラーの1冊、ディズニーの「白雪姫と七人の小人(Snow White and the Seven Dwarfs)...
ビジネス書の書評と感想

菅内閣支持率74%、FRBは2023年までゼロ金利継続でドル安進行(金融日記 Weekly 2020/9/11-2020/9/18)

TOPIX: 1646.42, +0.6% (1w), -4.4% (YTD)Nikkei225: 23360.3, -0.2% (1w), -1.3% (YTD)S&P500: 3319.47, -0.6% (1w), +2.7%...
書評総合

認知科学から見た、多くの人が論理的に考えない理由『類似と思考』

2つ問題がある。どちらの問題が、簡単だろうか?問題は解いても解かなくてもいい。問われているのは、「どちらが簡単か」である。問題1ここに四枚のカードがある。片面にはアルファベットが印刷されており、もう片面には数字が印刷されている。このカードは...
小説の書評と感想

いってしまった明智抄

明智抄も逝ってしまった……まだ60歳。はやすぎる。因業ババァになって路傍で「老い先短いババァの頼みじゃあ」と若い男に抱きつく老後を生きるんじゃなかったのか。長生きして有言実行の奇行して、有吉反省会で禊して欲しかった。納屋で倒れていたらしい。...
ビジネス書の書評と感想

【食事本大全】『健康本200冊を読み倒し、自身で人体実験してわかった 食事法の最適解』国府田 淳

健康本200冊を読み倒し、自身で人体実験してわかった 食事法の最適解 (講談社+α新書) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」でも人気だった健康系食事術本。 タイトルにもあるように、著者の国府田さんが健康本を...
書評総合

『丁庄の夢』(河出書房新社) – 著者: 閻連科 – 沼野 充義による書評

『丁庄の夢』(河出書房新社) 著者:閻連科 凄惨な実話を伝える覚悟 現実とは思えないすさまじい出来事を描いた小説なのだが、じつは実話に基づいているという。しかし、悲惨きわまりない題材を描きながら、厳しい言論統制を撥(は)ね返すような強度を...
書評総合

これから出る本 2020年10月

政局が大きく動いています。菅新総理の過去の著作が復刊されるなど店頭にも動きが出てきました。またアメリカも大統領選を前に様々な本が出版されています。10月のノンフィクション売場はどんな様子になるのでしょう。 Source: HONZ
書評総合

未来からの脱出/小林泰三

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)サブロウは森に囲まれた老人ホームらしき施設で、平穏な日々を送っていた。だが自分は何者でいつ入所したのか、そもそもこの施設は何なのか、全く記憶がないことに気付く。不審に思っていると、謎の「協力者」...
書評総合

"不可能" を追い求めた科学者の冒険 『「第二の不可能」を追え! ― 理論物理学者、ありえない物質を求めてカムチャツカへ』

宇宙物理学を専門とする著者スタインハートは、ちょっとしたきっかけから、「準結晶」という状態─水晶のような結晶でもない、結晶構造を持たないガラスのようなアモルファスでもない状態─がありえるのではないかという理論を思いつく。それが冒険の始まりだ...
小説の書評と感想

第42回会員の詩書を祝う会

 9月19日(第3土曜日)の午後一時半より、県教育センターの会議室を借りて、県詩人懇話会・主催の「第42回会員の詩書を祝う会」が持たれた。 今年2月17日の記事、第41回・同に次ぐ詩の催しである。  第42回の今回は、コロナ禍のもと、体温検...
タイトルとURLをコピーしました