ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「ぴっかぴか小デジ!感謝祭」】

Kindle Paper White / taksw88 【はじめに】◆本日2本目の記事は、明日終了するKindleセールの「終了前日ランキング」。 今回対象となるのは、下記のセールの2つの記事です。 【37%OFF?】「ぴっかぴか...
書評総合

運命の絵 (文春文庫)

絵画を解説するという本で、 小説じゃないのでしばらく食指が動... Source: 読書ログ
絵本の書評と感想

ウエブメディア City living 名古屋に掲載されていた娘。

結婚しているから○○できないとか仕事が○○だから、子どもはもう少し考えてからとかおよそそんな事情は関係ないと見受けられる娘です~*~*~*~*~*~こんにちは。ひだまり花梨館 香川ミカです。絵本のちからや、胎内記憶教育®を通してほっこりかろ...
書評総合

月光のスティグマ (新潮文庫)

神川淳平は、幼馴染の美人双子の姉妹、優衣と麻衣と小学校時代か... Source: 読書ログ
書評総合

『集団就職の時代―高度成長のにない手たち』(青木書店) – 著者: 加瀬 和俊 – 竹内 洋による書評

『集団就職の時代―高度成長のにない手たち』(青木書店)著者:加瀬 和俊 Amazon | honto | その他の書店 高度成長を支えた人々 『集団就職の時代』を読む いまから五十年ほど前、わたしは北国の小さな町の中学一年生だった。三月...
ビジネス書の書評と感想

『LEARN LIKE A PRO 学び方の学び方』バーバラ・オークレー、オラフ・シーヴェ・著 宮本喜一・訳 vol.5885

【これはすごい学習法だ】 Amazon.co.jpの詳細ページへ » 本日の一冊は、オークランド大学教授 Source: ビジネス書①
書評総合

2030年の教科書 今日から始めよう 能動アウトプット術

フォロワーになるな、フォローされる人になれ 約10年後の2030年には完全に訪れている未来、それは若者からお年寄りまで、誰もが表現者となる時代である。大企業などの組織ではなく、個人が発信する「能動アウトプット」こそが世の中を動かす、「1億総...
ビジネス書の書評と感想

【学び】『50歳からの人生が変わる痛快! 「学び」戦略』前川孝雄

50歳からの人生が変わる痛快! 「学び」戦略 (PHPビジネス新書) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、今月初旬の未読本記事で、一番人気だった作品。 シリーズの過去2冊ともご紹介している、前川孝雄さんの「50歳からの~」シリーズ最新刊...
書評総合

本を実体験につなげてみた! 磯とラボでの1日体験

この日、私はかねてより考えていたことを実行に移しました。それは、「本と実体験をつなげてみよう」という実験です。「本からだけではわからないことがあるのではないか? 実体験が伴えば、世界はもっと違って見えるんじゃないか?」それで、『カイメン す...
書評総合

これから出る本 2021年12月

今年もそろそろ2021年のベストセラーが発表される時期になりました。各ジャンルの今年の1冊も選ばれぐっと年末ムードが高まってきます。年末年始は重厚な本をじっくり読むのにいい季節です。これから、どんな本が発売されてくるのでしょう。これから出る...
ビジネス書の書評と感想

「資源論―メタル・石油埋蔵量の成長と枯渇」西山 孝

【私の評価】★★★☆☆(70点) 要約と感想レビュー  皆さん、ローマクラブの「成長の限界」(1972年)という本を知っていますか?スイスのシンクタンク「ローマクラブ」が、資源は経済成長とともに指数関数的に増えていく。一方で、資...
書評総合

『書物と権力: 中世文化の政治学』(吉川弘文館) – 著者: 前田 雅之 – 櫻井 彦による書評

『書物と権力: 中世文化の政治学』(吉川弘文館)著者:前田 雅之 Amazon | honto | その他の書店 「古典的公共圏」の成立 ―江戸期以前、書物はどのような役割を果たしたか― プロローグで著者は、出版業が興った江戸期以降現在...
書評総合

「霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない」綾里けいし ガガガ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは綾里けいしさんの「霊能探偵・藤咲藤花は人の惨劇を嗤わない」です!ストーリー A内容は、かみさまという存在を崇め奉り利用...
書評総合

【書評:1738冊目】感情の整理ができる人は、うまくいく(有川真由美)

【感情を許すと、自分が楽しくなる!】 作家・有川真由美氏が、『感情の整理ができる人は、うまくいく』と題して、人生は感情に左右されると提起し、感情を整理するために役立つ考え方を、まんがとともに指南する一冊。 rakuten_design="s...
書評総合

われらの世紀 真藤順丈作品集

澄美空さん。 いえいえ、色々読んでるつもりでも… ... Source: 読書ログ
書評総合

武井彩佳『歴史修正主義』(中公新書) 9点

 既存の歴史の書き換えを図る「歴史修正主義」(revisionism)、近年この言葉を聞く機会が増えましたし、それが良くないことであるとの認識も広がっています。 ただし、「何が歴史修正主義なのか?」という難しい問題でもあります。ここ最近、織...
小説の書評と感想

某映画を観てきた日に

立て看板撮ってきたよんごじょセン〜!!呪術廻戦の映画宣伝看板です全体図平日で空いてたから撮りやすかったよ照明が反射して妙な光が写り込んでるけどもごじょセンなんて技繰り出しそうな光の入り込みしちゃってるけども乙骨くん、顔色悪いな〜物語の完成度...
書評総合

行方 (双葉文庫)

幼稚園年少の琴美の母親がパートの残業をしている間に、同じクラ... Source: 読書ログ
書評総合

ほんのきもち

本のきもち、と思ったら、ほんの小さなきもちのことだった。 ... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

週刊金融日記 第498号 日本は市民の感染対策とワクチン接種と厳しい水際対策でゼロコロナを実現しつつある、他

第498号の目次です。 ●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(note) =============================...
書評総合

([ほ]4-1)活版印刷三日月堂 星たちの栞 (ポプラ文庫)

【言葉は魔法のように、人と人とを繋ぎ合わせる】 川越に... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

『施設に入らず「自宅」を終の住処にする方法』

住宅設計の技術者として、新築計画時に「最期の居場所」となり得る「終の住処」を想定することが当たり前であることを教えられた、と述べている一級建築士、介護福祉士が書いた本があります。 本日紹介する Source: ビジネス⑤
書評総合

『樋口一葉』(筑摩書房) – 著者: 樋口 一葉 – 中野 翠による解説

『樋口一葉 』(筑摩書房)著者:樋口 一葉 Amazon | honto | その他の書店 私は一葉が好きだが、ただもう楽しんでいるだけで研究的情熱には乏しい。詳しいわけでも何でもない。だから「解説」といったものは書けないのだが、その魅...
ビジネス書の書評と感想

「フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか」堀内 都喜子

【私の評価】★★★☆☆(75点) 要約と感想レビュー  北欧フィンランドの社会人の75%は、4週間連続の夏季休暇を取っている!!残業もほどんどなく、在宅勤務も3割。6~8月の夏季休暇のシーズンには、10人の社員のうち4、5人は職...
書評総合

ミドルシニアのための日本版ライフシフト戦略

学び直しと人生後半のキャリアを常に考えよ 現在、終身雇用のパターンはかなり崩れてきている。ミドルシニアがぼんやりと何も考えずに会社に勤務し、そのまま60歳を迎えた時にどのような選択肢があるか。1つの選択肢は定年を延長して65歳や70歳まで働...
ビジネス書の書評と感想

【全20冊】未読本・気になる本(2021年11月23日)

No magazine reading for @candicesullivan . @fatoldgingercat says so! #fat #ginger #cat #sofa #magazine / todoleo 【はじめに...
書評総合

戦国小町苦労譚 一、邂逅の刻

・戦国小町苦労譚 一、邂逅の刻 ・夾竹桃、(イラスト)平沢下戸 ・泰文堂  このお話は、農業高校に通う女子高生・綾小路静子が戦国時代にタイムスリップし、織田信長と出会い、現代の知識を駆使して、頭角を現していくというものである...
書評総合

豆の上で眠る/湊かなえ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)小学校一年生の時、結衣子の二歳上の姉・万佑子が失踪した。スーパーに残された帽子、不審な白い車の目撃証言、そして変質者の噂。必死に捜す結衣子たちの前に、二年後、姉を名乗る見知らぬ少女が帰ってきた。...
書評総合

独裁者ヒトラーの時代を生きる 演説に魅入られた人びとと「 つまずき石 」

テレビでも放送をされた作品となっているみたいですが、そちらの... Source: 読書ログ
書評総合

「じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」白井ムク 富士見ファンタジア文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは白井ムクさんの「じつは義妹でした。 ~最近できた義理の弟の距離感がやたら近いわけ~」です!ストーリー A内容は、親の再...
タイトルとURLをコピーしました