書評総合

サチのお寺ごはん [作]かねもりあやみ [原案]久住昌之 [監修]青江覚峰

■「料理僧」が監修を務めるグルメマンガの新機軸  名前通りにイケてない人生を歩んできた臼井幸(うすいさち)は27歳のOL。すべてをあきらめていた彼女は毎日の食事もコンビニ弁当やインスタント食品ですませていたが、近所にある縁泉寺(えんせんじ...
書評総合

ボールルームへようこそ [作]竹内友

■知られざる「競技ダンス」の世界を熱く描く話題作  ときとしてマンガは“それまで知らなかった世界”の存在を教えてくれる。かつてマンガがきっかけで、少年たちの間に釣りや囲碁のブームが起きたこともあった。同じく本作によって、多くの人が「競技ダ...
書評総合

〈マンガ今昔物語〉第82回 アルバイトは「人殺し」です!

 美少女のガンアクションを描いたマンガは意外に多い。か弱い少女とマッチョな銃器という取り合わせは、好きな人にはたまらないものがあるようだ。おそらく1970年代初頭に連載された『木曜日のリカ』(小池一夫・松森正)辺りが走りだろう。  タイトル...
書評総合

2日連続鎌倉完全引き篭もりデー!思考のノイズが減ってクリアになってきた感覚を得た一日!! [ノマドワーカーの自由すぎる日常]

前日に続いて2日連続の完全引き篭もりデー。 朝から夜まで引き篭もってずっとクリエイティブなことに時間を使えて大満足。 この豊かさをもっと大事に感じ取って、こういう時間を増やすように活動していきたい。 思考のノイズに邪魔されないように、しっか...
書評総合

閉じてゆく帝国と逆説の21世紀経済 [著]水野和夫

■経済成長は終わった  アベノミクスでわかったのは、景気がよくなってもぼくらの幸福には直結しないということ。まあ、失業率の低下は喜ぼう。たとえ短期間の非正規雇用ばかりでも。ところが、大企業は儲けても給料を上げないし、休日が増えるわけでもな...
ビジネス書の書評と感想

『創業家に生まれて 定食・大戸屋をつくった男とその家族』 三森智仁・著 vol.4718

【注目】 人生において後悔したことがたくさんあるのですが、そのうちの一つは、大戸屋の株に投資しなかったことでした。 Source: ビジネス書①
書評総合

今尾恵介 地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1)阪神・阪急・京阪

 日本はいかにして鉄道王国になったか。今尾恵介著『地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 関西(1)阪神・阪急・京阪』が関東編全3冊に続き、白水社から出た。阪神の三崎省三は甲子園を、阪急の小林一三は宝塚を発展させたが、困難を伴う沿線開発史から近代...
書評総合

スザンナ・ヒスロップ 星空の地図帳 星座物語

 スザンナ・ヒスロップ著『星空の地図帳 星座物語』(佐藤利恵訳)が柊風舎から出た。著者は俳優で作家。挿画も付いた88の星座の物語が魅力的に語られる。例えば、夏の夜空。はくちょう座やさそり座を見上げるのがより楽しくなりそう。7020円。 S...
書評総合

白幡洋三郎、劉建輝 異邦から/へのまなざし 見られる日本・見る日本

 白幡洋三郎、劉建輝編著『異邦から/へのまなざし 見られる日本・見る日本』が思文閣出版から出た。日本は近代以降、海外からどう見られていたのか。他方、日本人は中国や朝鮮半島、旧満州や南洋などをどう見ていたのか。古写真や絵はがきなど、国際日本文...
書評総合

躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア [著]角川歴彦

■全産業を再定義、誰が覇権を握るのか  映画系の「ネットフリックス」など新興の動画配信サービスが増えている。メディアでいま起きているのは、グーグルやアップルなどのIT大手、通信大手、放送業者を巻き込む「デジタル流通の覇権争い」だという。著...
ビジネス書の書評と感想

『やり抜く人の9つの習慣』ハイディ・グラント・ハルバーソン・著 林田レジリ浩文・訳 vol.4717

【コロンビア大学が教える目標達成の科学】 本の厚さと中身の有用性は比例しない。 ジョン・マエダさんの『シンプリシティ Source: ビジネス書①
小説の書評と感想

『砂漠ダンス』(山下澄人)_書評という名の読書感想文

『砂漠ダンス』山下 澄人 河出文庫 2017年3月30日初版 砂漠ダンス (河出文庫 や) 「砂漠へ行きたいと考えたのはテレビで砂漠の様子を見たからだ」- 北国に住むわたしが飛行機に乗って到着した街は、アメリカの古くからのカジノの街。レン...
ビジネス書の書評と感想

【恋愛】『異性の心を上手に透視する方法』アミール・レバイン,レイチェル・ヘラ―

異性の心を上手に透視する方法 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「上半期大感謝祭セール2017」の中でも読んでみたかった恋愛本。 タイトルは、トルステン・ハーフェナーの一連の著作のようですが、むしろまったく違う、真っ当な「恋愛成...
書評総合

自分が信じていることを疑う勇気

物事の視点を変えるための考え方 スペイントップの戦略デザインファームでアドバイザーを務める著者が、目標を実現するためのマインドセットを紹介している一冊。経験や常識を疑うことで、物事の視点を変え… Source: ブックビネガー
絵本の書評と感想

夏 中学年(3・4年生)おすすめ読み聞かせ絵本 『はちうえはぼくにまかせて』

皆さん、おはようございます❗自由が丘こども図書館館長ありさです。そろそろ、7月も目前ですね。夏休み直前のおはなし会で使える絵本をご紹介したいと思います。『はちうえはぼくにまかせて』ジーン・ジオン 作マーガレット・ブロイ・グレアム 絵もりひさ...
書評総合

闇に隠れて力を養い、報復の時を待つ

「今日の名言」は・・・ ・相手が強く出れば、こちらも威嚇してやる。  しかし力がない間は「闇に隠れて力を養い、  報復の時を待つ」・・のちに毛沢東が  編み出す帝王学の基本中の基本だ(p24) 「毛沢東 日本軍と共謀した男」遠藤 誉、新...
ビジネス書の書評と感想

「毛沢東 日本軍と共謀した男」遠藤 誉

【私の評価】★★★★★(90点) ■第二次世界大戦終戦のとき、  著者は、満洲国にいてソ連軍の侵攻、  その後の共産党軍と国民党軍との  戦いを目撃しました。  長春市の国民党軍は、  共産党軍に包囲され、  家族の多く...
書評総合

【歌舞伎】七代目尾上菊五郎さんを知るための1冊

おはようございます。 「まおまお」で~す。 いつもブログを見ていただきありがとうございます。 今回の書籍の紹介はコレです。 長谷部 浩『菊五郎の色気』(文藝春秋,2007) 952円(税別) 菊五郎の色気 (文春新書) 長谷部 浩文藝...
書評総合

二次元世界の住人から、三次元はどう見える?──『フラットランド たくさんの次元のものがたり』

フラットランド たくさんの次元のものがたり (講談社選書メチエ) 作者:エドウィン.アボット・アボット 翻訳:竹内 薫 出版社:講談社 発売日:2017-05-12 ...
ビジネス書の書評と感想

初めてのDAF8レポート<その1>

普通のセミナールームで聞くプレゼンとは全く違う雰囲気で、ドリンクに唐揚げを食べながら、仕事やキャリアだけでなく、家庭やライフスタイルまで幅広いスピーカーたちの熱いメッセージが聴ける、注目のイベントに初めて行ってきました。 … 続...
書評総合

図書館100連発

各館の工夫は興味深い。図書館システム100連発もぜひ! Source: 読書ログ
書評総合

ドーナツを穴だけ残して食べる方法 越境する学問―穴からのぞく大学講義

 「ドーナツの穴だけ残して食べる方法」という突飛な疑問に答え... Source: 読書ログ
書評総合

ルパンの消息

テレ朝かテレ東で連ドラにならないかな…とずっと思ってます。再... Source: 読書ログ
書評総合

乳と卵

一人の少女が性を意識しだして物語が進んでいきます。 男の自... Source: 読書ログ
小説の書評と感想

久保田万太郎「流寓抄」

 角川書店「増補 現代俳句大系」第11巻(1982年・刊)より、最後の句集、久保田万太郎「流寓抄」を読み了える。 このブログでは、先の4月18日の記事にアップした、星野立子「実生」に継ぐ。 この第11巻には、2句集の間に、林原耒井(はやしば...
小説の書評と感想

感想メモ:今のはなかったことにしてください!

 今のはなかったことにしてください!  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 超絶美形の兄妹が、ある日突然私を訪ねてきた。乙女ゲーム?ヒロイン?転生?何のことですか…? (掲載サイト様より引用)  短編恋愛小説。...
書評総合

【シェア読書:1001冊目】リーダーに強さはいらない(三城雄児)

【リーダーは引っ張るのではなく支えられる存在!】 組織人事戦略コンサルタント・三城雄児氏が、リーダーに強さはいらないと提起し、リーダーを支えるフォロワーこそが、強いチームづくりに必須であると説く一冊。 ■この本の紹介文 リーダーとは、な...
書評総合

「弱キャラ友崎くんLv.4」屋久ユウキ ガガガ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦) 今日は暑かったですね…明日は寒いらしいので反動が怖いです… さて、今回紹介するのは屋久ユウキさんの「弱キャラ友崎くんLv.4」です! 前巻の記事...
小説の書評と感想

本『トーキョー下町ゴールドクラッシュ! 』 角埜杞真

本『トーキョー下町ゴールドクラッシュ! 』 角埜杞真 賠償金100億円――。 伝説の女トレーダー・橘立花は罠に嵌められた。 身に覚えのない罪を着せられ、勤めていた証券会社からクビを宣告されたのだ。 億単位の金を稼ぐ華々しい活躍...
書評総合

マリンアンドファームサジマ(Marine & Farm SAJIMA)〜 佐島マリーナ前の海上テラスが絶景すぎる!料理が美味しすぎる!!最高のお気に入りレストランで懇親会!! [三浦グルメ]

神奈川県横須賀市の佐島マリーナの目の前にある、「マリンアンドファームサジマ」に行ってきた。 このお店はオープン直後に来て、一目で気に入ってしまい、何度もリピートしている。 海上テラスの席の絶景が最高ということもあるのだが、お料理がどれもすご...
タイトルとURLをコピーしました