書評総合

『人を襲うクマ』すべて自己責任、なのか?

人を襲うクマ 遭遇事例とその生態 カムエク事故と最近の事例から 作者:羽根田 治 出版社:山と渓谷社 発売日:2017-09-22 ...
書評総合

ひとつ上の思考力

ひとつ上の思考力posted with ヨメレバ安澤 武郎 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2017-03-27AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★★付箋数:25世の中には、1を言えば10わかる人と、1...
書評総合

組織の細分化は情報のボトルネックを生み出し、イノベーションを抑制

「今日の名言クイズ」の答えは・・・ ・サイロには弊害もある・・  組織の細分化は情報のボトルネックを生み出し、  イノベーションを抑制しかねない。  何よりサイロは心理的な視野を狭め、  周りが見えなくなるような状況を引き起こし、  人を...
ビジネス書の書評と感想

「サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠」ジリアン テット

【私の評価】★★★☆☆(79点) ■フィナンシャル・タイムズ  アメリカ版の編集長が発見した  タコつぼ組織(サイロ)の失敗例です。  組織で働く人が  なぜ時として愚かな行動を  とってしまうのか。  事例としては、  独...
ビジネス書の書評と感想

『殴られて野球はうまくなる!?』

元プロ野球選手、元高校球児、監督など、関係者の証言を集めて「野球と暴力」という日本球界最大のタブーに迫った本があります。     本日紹介するのは、立教大学野球部4年時に23年ぶりの東京六大学リーグ優 … 続...
書評総合

猫があなたに伝えたいこと

アニマルコミュニケーターっていう仕事があるのを始めて知りまし... Source: 読書ログ
絵本の書評と感想

365日絵本 別な人生があったかなんて

自分にあのときああいうふうに歩んでいたら別な人生があったかもと思うときってありませんか私はときどきありますでもたいがいそれは幻想ですなぜならいま起こったことがすべてだからあのときああしてたらなんてないこうなることがすべてでこうしかなかったこ...
小説の書評と感想

佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」を読む

 Amazonよりのダウンロード購入を、今月13日の記事で報せた、佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」kindle版を、タブレットで読み了える。概要 佐藤弓生(さとう・ゆみお、女性、1964年~)は、同人歌誌「かばん」会員。2001年・角川...
小説の書評と感想

感想メモ:彼女のメシマズ・ザ・ワールド

この作品には 〔残酷描写〕〔15歳未満の方の閲覧にふさわしくない表現〕が含まれています。  彼女のメシマズ・ザ・ワールド  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 俺の彼女のメシがまずい。 それを知った時は地獄だった。 一度ほめたら...
書評総合

【シェア読書:1071冊目】これから、どう生きるのか(本田健)

【人生に、正解なんてない!】 作家・本田健氏が、「これから、どう生きるのか」人生を9つのテーマに分けて、最高の人生をつかんでいく秘訣を紹介する一冊。自分がいま、何を選び、何をするかで、人生は決まる。 rakuten_design="sli...
書評総合

子どもの心を支える土台。それは親との間で結ばれる愛着である!

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

ものいうなべ―デンマークのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (10))

岩波おはなしの本シリーズ。 デンマークの昔話が再話された『... Source: 読書ログ
書評総合

オムファタール 運命の男 (ダリア文庫)

再読。『背徳の聖者たち』続編。 初読み当時にはよくわからな... Source: 読書ログ
小説の書評と感想

ワルの生き方  著者 夏原武 

ワルの生き方 著者 夏原武 漫画『土竜の唄』が映画化、『闇金ウシジマくん』の映画第二弾が公開されるなど、活況のウラ社会エンターテインメント。漫画や映画のような世界は本当にあるのでしょうか。映画化もされた人気漫画『クロサギ』の原案者である夏原...
書評総合

三島由紀夫 豊饒の海(二)

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

毛沢東死後の中国 鄧小平と江沢民

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

「キーリ 何度でも〜Kiele 14 years old〜」壁井ユカコ 電撃文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦) 今日はまるで冬のような寒さでしたね…雨で金木犀も散って秋の終わりを感じます… さて、今回紹介するのは壁井ユカコさんの「キーリ 何度でも〜Kiele 14 years old〜」です! ...
書評総合

今週の本が好き!ランキング1位は三島由紀夫のSF作品『美しい星』!

こんばんは! 本が好き!編集部の和氣です。 本が好き!の人気書評ランキング(2017.10.9~2017.10.15)発表です! 今回のランキングは、面白そうなノンフィクションが多いですね。こんな本があったのか、とついつい欲しくなっちゃいま...
書評総合

RF 433MHz 868MHz und 315MHz Störsender

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

#7blogs から 短め鎌倉ステイ・B塾とLPLだった42週から 鎌倉 8期B塾開幕から金沢講演と続く43週へ [公開週次レビュー&デザイン]

2017年41週の週次レビューと42週の週次デザイン。 祝日の月曜日に #7blogsというネット上のお祭りが勃発してスタートした42週は、六本木からスタートして、鎌倉に二泊して六本木に戻り、日曜夜に再び鎌倉というバタバタした感じになった。...
書評総合

独占市場を作り出せば嫌でも会社は儲かる

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

本格的なイラストを採用した、こども向け消防車図鑑が登場。

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

Application of Laser Processing

<!]> Source: ぶくぺ
書評総合

本屋さんを舞台にした大好評の謎解き企画、第4弾がスタート!【PR】

「求ム 名探偵 怪盗ブックハントと狙われた書店の謎 e-honミステリーキャンペーン」スタート! 特設ページURL: 「本好き」のみなさんにとって、本屋さんはなくてはならないお馴染みの場所ではないでしょうか。そんな身近な本屋さんで謎解...
小説の書評と感想

感想メモ:お隣の井田さん

 お隣の井田さん  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 私のお隣さんは、誰もいない。けれどある日私はお隣に住んでいる井田さんが宇宙人だという噂を流す。明らかに嘘だったけれど、その次の日、私のお隣に『井田さん』が越して来た。 **...
絵本の書評と感想

しあわせ

​しあわせ (講談社の創作絵本) ​講談社の創作絵本、しあわせは小学2年生の女の子が日々の暮らしのなかで見つけた、しあわせを書いた作文を絵本にしたものだそうです。たくさんのおせんたくも... Source: 絵本2
書評総合

カズオ・イシグロの受賞 鴻巣友季子、松永美穂が語る

■多様な言葉の営みに出会う  今年のノーベル文学賞は英国の作家、カズオ・イシグロに決まった。長崎で生まれ、5歳まで日本で過ごした人気作家の受賞をどう見るか。翻訳家の鴻巣友季子さんと、ドイツ文学者の松永美穂さんが語った。  (ネット中継でイ...
書評総合

カンボジア孤児院ビジネス [著]岩下明日香

 東南アジアのカンボジアでは、子どもたちに「孤児」を演じさせ、外国人観光客やボランティアから寄付金や奉仕労働を引き出すビジネスが存在している。ルポライターの著者は、NPOなどが主催するスタディーツアーに参加し、その実態を見聞したことがきっか...
書評総合

カストロの尻 [著]金井美恵子

「あとがきにかえて」によると、本書は2本のエッセイに挟まれた9編の小説で構成されている。その説明がなければ、読者には批評なのか物語なのかよく解らない。書きたいことを自由奔放に書いているといった印象だ。  表題の「カストロの尻」は、登場人物の...
書評総合

FAKEな平成史 [著]森達也

 ドキュメンタリー映画「FAKE」の監督・森達也が同時代人とともに、“平成”という時代を振り返る。対談相手はテレビプロデューサー、ジャーナリストなどさまざまだが、皆、自らの視点で時代と対峙してきた人々だ。  オウム地下鉄サリン事件以降、テレ...
タイトルとURLをコピーしました