書評総合

尾道茶寮 夜咄堂 猫と茶会と花吹雪(つくも神付き)

・尾道茶寮 夜咄堂 猫と茶会と花吹雪(つくも神付き) ・加藤泰幸 ・宝島社文庫  近所の書店で見かけた本書。何度も行った尾道が舞台ということで買ってみた。どうもこの前作があって、これが2巻目になるようだ。  内容は、亡き...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「幻冬舎 電本フェス」】

Kindle Paperwhite / kenming_wang 【はじめに】◆今日は朝から、明日9月28日に終了するKindleセールの「終了前日ランキング」を。 ……すいません、当ブログでご紹介したセールを3つ合わせると、単純計算...
書評総合

【歌舞伎】歌舞伎に関する情報がてんこ盛りな1冊

おはようございます。 「まおまお」で~す。 いつもブログを見ていただきありがとうございます。 今回の書籍の紹介はコレです。 河出書房新社編集部(編)『乙女のための歌舞伎手帖』(河出書房新社,2017) 1,300円(税別) 乙女のため...
書評総合

『階段を下りる女』

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス) 作者:ベルンハルト シュリンク 翻訳:松永 美穂 出版社:新潮社 発売日:2017-06-30 ...
書評総合

白物家電市場における東芝の世界シェアは0.5%未満

「今日の名言クイズ」の答えは・・・ ・「マイディア」ブランドを展開する  美的集団の白物家電市場における  世界シェアは4.6%で、オランダの  フィリップスに次ぐ世界第2位・・  ちなみに東芝のシェアは0.5%未満だ(p14) 「東芝...
ビジネス書の書評と感想

「東芝解体 電機メーカーが消える日」大西 康之

【私の評価】★★★★☆(80点) ■東芝は海外の原子力事業で  巨額の損失を出し、  パソコン事業等の粉飾決算が  明らかになっています。  他にも、NEC、パナソニック、  ソニー、日立、富士通も  元気がありません。  ...
書評総合

他人をバカにしたがる男たち

他人をバカにしたがる男たち (日経プレミアシリーズ)posted with ヨメレバ河合 薫 日本経済新聞出版社 2017-08-09AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo満足度★★★付箋数:22  「なぜ、優秀なミドルほど、転職...
ビジネス書の書評と感想

神保町「ブックハウスカフェ」河野真杞の親子セミナー報告

2017年5月5日に、明治35年創業、神保町の老舗洋書店・北沢書店の1階に「ブックハウスカフェ」が誕生しました。        そして翌6月より、毎月1回、私、大杉潤プロデュースによるイベントを、「ブ … 続...
絵本の書評と感想

365日絵本 こころを低く深く

勇気がでないときもある勇気が湧いてこないときもあるそんなときは自分の心に降りてみる聞き耳をたてる何をしたい何が一番したいどうしたいほんとはどうしたい誰にも見栄なんかはらなくていいその人のためを思ってうそなんてつかなくていい大丈夫自分にわかる...
小説の書評と感想

秋の花実3種

 庭の秋の花実3種を紹介する。今月22日の記事、「彼岸花とコスモス」に続く。 今回の写真は、9月23日~26日にかけて撮った。 上の写真は、ウメモドキの熟れ実である。葉の落ちたあとの赤い実が美しいけれど、庭に来る小鳥たちが待ってくれない。 ...
小説の書評と感想

感想メモ:偽者がいた部屋

 偽者がいた部屋  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 同僚の山中が、突然の踏切事故で重体となった。今まで特に問題も無く、幸せな平凡に包まれて暮らしていた奴だったのに。『俺』はあいつから聞いていた、『裏野ハイツ』という賃貸物件の...
書評総合

【シェア読書:1060冊目】サクッと読めてアウトプット力を高める 集中読書術(宇都出雅巳)

【意識せずに集中して読む】 トレスペクト教育研究所代表・宇都出雅巳氏が、脳科学を応用した『集中読書術』を紹介。脳のワーキングメモリとウィルパワーを正しく使えば、サクッと読めてアウトプット力を高める! rakuten_design="sli...
書評総合

「幻想戦線」暁一翔 ダッシュエックス文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦) 眠いですね…どうもこのくらいの気温だと眠くなります… さて、今回紹介するのは暁一翔さんの「幻想戦線」です! ストーリーA ...
小説の書評と感想

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ 著者 北川賢一

ただのサラリーマンから財布を18個まで増やしたお金のルールチェンジ著者 北川賢一新たな知識を求めてこの本と出逢う。これから時代は変わってきます。1つの財布しか持ってない人と、たくさんの財布を持っている人に分かれてきます。あなたはどちらの人...
小説の書評と感想

ランド5巻 山下和美

ランド5巻。ランドの最新刊です。せっかく新刊の発売日に買ったのになかなか記事が書けなかった。豊潤すぎて飲み込むの時間がかかっちゃって。(言い訳)1巻から並べた時、厚みの違いにびっくり。ページ数が減ってるのに満足度が高い。いやまあ厚い方が...
絵本の書評と感想

ディズニー・アート展に行ってきた。

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー 9月になったと思ったら、あっという間にもう最終週。 ずーと行きたい、行かねば、と思っていた「ディズニー・アート展」。 最終日に行ってきました! ...
絵本の書評と感想

ディズニー・アート展に行ってきた。

JUGEMテーマ:ディズニー=ピクサー 9月になったと思ったら、あっという間にもう最終週。 ずーと行きたい、行かねば、と思っていた「ディズニー・アート展」。 最終日に行ってきました! ...
書評総合

鮨由う(すしゆう)〜 六本木に2016年12月に誕生した新進気鋭の寿司店のお任せコースが繊細でセクシーでヤバい!! [東京寿司道]

六本木四丁目の路地裏の地下という、かなり分かりにくい場所にある「鮨由う」(すしゆう)というお寿司屋さんに行ってきたのでご紹介。 鮨由うは2016年12月にオープンしたばかりの新しいお店。 回転早々話題になっており、僕は初めて行くまでに6〜7...
書評総合

〈女優・のんのコミック感想文 のんびりーでぃんぐ〉クジラの子らは砂上に歌う [作]梅田阿比

■リアルに感じてこそファンタジーは面白い!  砂の海を船のように移動する島、泥クジラ。そこには印と呼ばれる魔術を使える人間と、無印と呼ばれる魔術を使えない人間がのどかに暮らしていた。ある日、砂の海に流される中で見つけた島を調査しに行くと、...
書評総合

古都の占領―生活史からみる京都 1945−1952 [著]西川祐子

■時には「おしゃべり」風文体で  もう15年も前のことになる。占領期の皇居前広場について調べたことがあった。そのとき初めて、米軍をはじめとする連合国軍が、戦前に天皇制の儀礼空間として使われたこの広場をほぼ毎月のように利用し、大掛かりなパレ...
書評総合

いくさの底 [著]古処誠二

■なぜ殺されたのか、苦悩する良心  密室状態にある自衛隊基地の隊長室に盗聴器が仕掛けられるミステリー『UNKNOWN』でデビューした古処誠二だが、近年は戦闘シーンのない戦争小説で注目を集めている。太平洋戦争中のビルマを舞台にした著者の3年...
書評総合

世界からバナナがなくなるまえに―食糧危機に立ち向かう科学者たち [著]ロブ・ダン

■広がる単一品種栽培への警鐘  警告の書だ。世界中から食糧がなくなるかもしれない。作物が病気で全滅するかもしれない。  現在栽培されている作物の多くは単一品種になっている。ジャガイモ、カカオ、バナナ、コーヒー、キャッサバ、そして食べ物では...
書評総合

ホワイトラビット/AX [著]伊坂幸太郎

■また会いたくなる殺し屋たち  犯罪者を主人公にした著者のエンタメ小説には、繰り返し読ませる魅力がある。ストーリーの面白さだけでなく、個性豊かな殺し屋や泥棒にもう一度会いたくなってしまうのだ。社会的に悪者ではあるのだが、巨大な悪と対決する...
ビジネス書の書評と感想

『小さなお店・会社が一人勝ちできるお金をかけない販促の反則技33』 石橋拓也・著 vol.4815

【注目】 本日ご紹介する一冊は、小企業・店舗専門の広告・販促の専門家が、お金をかけずに実行できてしかも効く、そんな販 Source: ビジネス書①
書評総合

iPhoneの習慣化アプリに32bit版が多くiOS 11にアップデートできていない件 [iPhone]

先週リリースされた、iPhoneやiPadなどの新OS、iOS 11。 普段なら速攻でアップデートして使ってみるのだが、今回はアップデートを見送ったまま。 アップデートしていない理由は、iOS 11では、32bitのアプリ、つまり長らくアッ...
書評総合

労働時間がいちばん長い都道府県は? ランキングで明らかになる「格差」

 労働時間が長い都道府県1位はどこだろうか?  近年、ブラック企業が問題視されているが、ニュースになるのは大都市かその周辺にある都道府県のようなイメージがある。  ところが、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」(2015年)によると、労働時間が...
書評総合

大阪で個別セッションをして キンモクセイ薫る鎌倉に戻り 夕暮れの海を見られた一日!! [ノマドワーカーの自由すぎる日常]

2017年9月25日の日記。 3泊4日の名古屋と大阪の旅、最終日。 最近ボディメイク中で食べ歩きをしないこともあり、仕事中心の出張という感じの旅が続いている。 これはこれでシンプルで良いね。 体重を落とし切ったら、またグルメツアーも再開した...
絵本の書評と感想

館長、朝活に行く テーマ「月」

皆さん、おはようございます❗自由が丘こども図書館館長ありさです。毎月、「おとなの絵本プロジェクト」さんはたくさん楽しいイベントをいろんな場所で開催していて、主催者のドンハマ★さんのバイタリティーを見習いたい。いやもうね……過去の私にいいたい...
書評総合

【一日一言】人生をすすめられるのは自分だけ

ここ最近、 いろいろなことが重なり停滞気味の 書評ブロガー・米山智裕(@tomo_yoneyama)です。 今日は、こんな風に思いました。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3...
ビジネス書の書評と感想

【全20冊】未読本・気になる本(2017年09月26日)

Book cat / raider of gin 【はじめに】◆今日お送りするのは、当ブログの人気ネタである「未読本・気になる本」のエントリー。 昨夜無理やりセール記事を投稿して、何とかピッタリ2週ぶりに投稿することができましたw ...
タイトルとURLをコピーしました