書評総合

「14歳とイラストレーター8」むらさきゆきや MF文庫J

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはむらさきゆきやさんの「14歳とイラストレーター8」です!前巻の記事↓ストーリー A内容は、姉の京華の弟子である海老名水...
書評総合

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)

 あとがきにもあるように上下巻の下巻に当たる。  よって、... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

週刊金融日記 第412号 夏季限定の新型コロナウイルス集団免疫戦略の是非と世界がグリーンゾーンとレッドゾーンに分かれる可能性について、他

第412号の目次です。 ●週刊金融日記 重要バックナンバー(夜間飛行) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(まぐまぐ) ●週刊金融日記 重要バックナンバー(note) =============================...
書評総合

つながりの作法―同じでもなく 違うでもなく (生活人新書 335)

まさに、今の時代に読むべき本。 表面的なつながりばかりで汲... Source: 読書ログ
書評総合

世界で一番美しい海のいきもの図鑑

まさに大自然の神秘の力としか、言いようがない。 形、色、大... Source: 読書ログ
書評総合

小さな生きものたちの不思議なくらし

甲斐さんの絵本は、素晴らしい。 思わず、惹き込まれる魅力が... Source: 読書ログ
書評総合

「空気」を読んでも従わない: 生き苦しさからラクになる (岩波ジュニア新書)

日本独特の世間と世界共通の社会。 ここを認識できるだけで、... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

『苦しみの手放し方』大愚元勝。苦手な人も嫌いな人も「人生の師」

福厳寺31代住職の大愚元勝氏が、苦しみの手放し方について書かれています。   生きていれば、苦しいこともあるでしょう。 そんなときにどんなふうに考えると良いかなどがわかります。 『苦しみの手放し方』大愚元勝 苦しみの手放し方 作者:...
絵本の書評と感想

「愛の地球(ホシ)へ」鑑賞とクリスタルボウル演奏会

こんにちは。ひだまり絵本館 花梨こと香川ミカです。毎日のように変動があり、世界が揺れています。テレビを消してみると・・・なんにも起きてないのだけれど。あでも、情報はたいせつ。さてこのタイミングで観ることになるとは申し込んだ2ヶ月前は、思って...
書評総合

東京都と隣接4県での不要不急の外出の自粛の、この時点の感想

 昨日26日、小池東京都知事は、隣接する4県、神奈川、埼玉、千葉、山梨の知事とともに市民社会に向け、人混みへの不要不急の外出自粛を要請した。 私はどう思ったか。まあ、週末は気温も下がり雨模様なので最後の桜を楽しむといった天候でもないから、お...
書評総合

「だれかに話したくなる本の話 新刊JP」にかもめ通信さんの『ラボ・ガール 植物と研究を愛した女性科学者の物語』の書評掲載!

だれかに話したくなる本の話 新刊JP(2020年3月27日の記事)に、かもめ通信さんの『ラボ・ガール 植物と研究を愛した女性科学者の物語』のレビューが掲載されました! 新刊JPの記事 新刊JPは本にまつわるさまざまな情報や役立つ知恵・...
書評総合

「だれかに話したくなる本の話 新刊JP」にゆうちゃんさんの『恐るべき子供たち』の書評掲載!

だれかに話したくなる本の話 新刊JP(2020年3月24日の記事)に、ゆうちゃんさんの『恐るべき子供たち』のレビューが掲載されました! 新刊JPの記事 新刊JPは本にまつわるさまざまな情報や役立つ知恵・知識を音声、テキスト、動画などの...
書評総合

ヒトはなぜ太るのか?そしてどうすればいいか

ヒトはなぜ太るのか。たくさん食べるから?運動しないから?脂っこいものを食べるから? そのどれもが正しくないとしたら、あなたは驚くだろうか。 今日紹介するのはゲーリー・トーベス氏著、「ヒトはなぜ太るのか?そしてどうすればいいか」という本。 ...
書評総合

鎌倉のスーパーは都心と違って平和だった

コロナ騒動で都心のスーパーやコンビニで食料品の買い占めが起こっているという話題がSNSで流れてきた。 僕は今日は夕方から会食だったので、会食のあと鎌倉駅前のスーパーに立ち寄った。 ちょうど切らしていた厚揚げとリンゴとプチトマトを買いたかった...
絵本の書評と感想

大きくなったら何になる? #ピクシー絵本

JUGEMテーマ:学びの絵本 このピクシー絵本も久しぶりの入荷です。 「大きくなったら何になる?(Was soll ich werden?)」。 大人になったら 何になる? いつの時代もどこの...
書評総合

書評、読書レビューブログの書き方のコツ [YouTube]

読んだ本の感想、レビューをブログに書きたいけれど、どんな風に書いたら良いのか分からないという質問を良く受けます。 僕が書評記事、ブックレビュー記事を書くときの手順と大切にしていることをお話ししました。 Source: 総合
書評総合

買い占めの心理 [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! コロナウイルスの感染拡大防止対策ということで、今週末東京都はじめ首都圏の各県が不要不急の外出を控えるよう要請が出された。 水曜日夜の小池都知事の会見の前...
小説の書評と感想

#私を構成する5つのマンガ

マンガ情報サイト「アル」で#わたしを構成する5つのマンガという企画?をやっているのを知りました。ログインも新規登録も不要!本当はTwitter用らしいけど、わたしはツイッターやってないのでブログに載せます。わたしをつくりあげた基本のマンガバ...
書評総合

『着せる女』は男のファッションバイブルだ!

かつては豚を『飼い喰い』したり、やたらと物を『捨てる女』だった内澤旬子さん。今回はメンズファッションに目覚めた、というか、出版業界のダサい男たちを「着せ替え人間」にして、素晴らしく仕上げていく運動に目覚めたというべきか。内澤さんの痛快なコメ...
ビジネス書の書評と感想

「99・9%が誤用の抗生物質 医者も知らないホントの話」岩田健太郎

【私の評価】★★★★☆(85点) ■感染症の専門家が問題提起するのは、  抗生物質が適切に使われていない、  ということです。  抗生物質は、ワクチンとともに  感染症治療の武器ですが、  使いすぎると耐性菌ができてしまう。 ...
ビジネス書の書評と感想

【実質50%OFF以上】「Kindle春の大セール」開催中です!

【はじめに】◆今日も朝からKindleの公式セールのご紹介を。 実はアマゾンでは、先週の木曜から、複数版元による1万冊超のKindle本を対象とした「Kindle春の大セール」を開催しているのですが。 Amazon.co.jp: ...
書評総合

『巧拙無二 近代職人の道徳と美意識』武術家と刃物研究家との”真剣”対談

真剣での立ち合いを見るような、ヒリヒリと緊張感漂う対談である。 一人は武術家甲野善紀。日本古来の武術を伝書と技の両面から独自に研究している。もう一人は土田昇。東京の三軒茶屋にある土田刃物店三代目店主で、明治から昭和にかけて活躍した不世出の...
小説の書評と感想

綿矢りさの3冊

 綿矢りさの「インストール」と「蹴りたい背中」を読んだあと、彼女の小説を読もうと、文庫本3冊を買った。  3冊とも、文庫化は2015年である。前2作より、10年以上が流れ、間に3冊の刊行がある。  「ひらいて」2012年、新潮社・刊。 「...
ビジネス書の書評と感想

『「作る」と「使う」の2つで変わる動画で稼ぐ仕事術』

「動画を活用しはじめて、人生の流れが大きく好転した、仕事の幅が広がった、来店者が増えた、売上が上がった、・・・」など、うれしい声が続々届いています、と述べている「動画で稼ぐ仕事術」の本があります。   &nbs &#82...
書評総合

「転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?」紙城境介 MF文庫J

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは紙城境介さんの「転生ごときで逃げられるとでも、兄さん?」です!ストーリー A内容は、高校卒業から5年間も妹に監禁されて...
書評総合

【書評:1636冊目】仕事が速い人は、「これ」しかやらない(石川和男)

【誰もが持つ”3つの能力”で、仕事を加速させる!】 5つの仕事で活躍するスーパーサラリーマン・石川和男氏が、『仕事が速い人は、「これ」しかやらない』と題して、仕事を速く終わらせる方法を徹底解説する一冊。 rakuten_design="sl...
書評総合

道は開ける 文庫版

だいぶ前に購入して放置していたのですが、もっと早く読めば良か... Source: 読書ログ
小説の書評と感想

ティファニー@キャットストリート

週末の外出制限の前にスーパーマーケットがからっぽになるほど買い占めの波が・・・ そんな中、うれしいおみやげ、ティファニーのクロワッサン 香りもいいけど、このロゴかわいい 早く、みんなで心おきなくどこにでも行けるようになるといい...
書評総合

大工よ、屋根の梁を高く上げよ

サリンジャの中編集。 「大工よ、屋根の梁を高く上げよ」では... Source: 読書ログ
書評総合

トーキョー・プリズン

私立探偵のフェアフィールドに与えられた依頼。 それは自身の... Source: 読書ログ
タイトルとURLをコピーしました