絵本の書評と感想

佐々木一澄さん個展 【こけし図録 原画展】☆楽風(浦和)

GW前に記事を上げるつもりが・・・ 11日までの開催なのでまだセーフかな!?(^^;) 浦和にある日本茶喫茶『楽風』の2階ギャラリーで11日まで開催されています☆ <str...続きを読む >> Sou...
ビジネス書の書評と感想

『ボケ日和-わが家に認知症がやって来た! どうする?どうなる?』

「認知症患者の家族だった私が、何より強く感じていること。それは、介護者の心と生活に余裕が余裕がなければ、患者さんを笑顔にすることはできないということです。」と述べて、「認知症は知っていることが大切」ということを講演で普及 Source: ...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】本日終了するKindleセールまとめ【「講談社 50%ポイント還元キャンペーン 最終回分」】

UXconference on kindle / lucamascaro 【はじめに】◆本日2本目の記事は、今日終了するKindleセールの「終了当日ランキング」。 今回対象となるのは「講談社 50%ポイント還元キャンペーン」の最終回...
小説の書評と感想

マクドナルド化する世界経済の読書と足跡 ベンジャミン・フルフォード 読書感想

マクドナルド化する世界経済著者 ベンジャミン・フルフォードTPPで日本人の「いのち」が危ない!食物メジャーが画策する「人類総家畜化」の真実とは?「闇の支配者と戦うジャーナリスト」から「いのちを守るジャーナリスト」へ…渾身の書き下ろし...
書評総合

やきとり 2ランホームラン 訪問レポート 〜 大船駅近くの大衆居酒屋が渋くて居心地良かったぞ!!

神奈川県鎌倉市のJR大船駅近くにある「やきとり 2ランホームラン」という大衆居酒屋に行ってきたのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、僕自身、そして読者の皆さんが人生をより自...
ビジネス書の書評と感想

【健康】『不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる』鈴木祐

不老長寿メソッド 死ぬまで若いは武器になる 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、現在開催中である「GWキャンペーン」からの健康本。 エビデンスベースの著作でおなじみの鈴木祐さんが、「アンチエイジング」のTIPSを指南してくださっています...
ビジネス書の書評と感想

「姿勢をよくすると、人生がきらめく!」佃 隆

【私の評価】★★★☆☆(74点) 内容と感想  この本を読んで、大相撲の中継で溜(たまり)席に姿勢の良い女性がいたことを思い出しました。たかが姿勢。されど姿勢。良い姿勢で注目されることもあれば、悪い姿勢によって病気になることもあ...
書評総合

非常識に生きる

非常識に生きる自由 非常識を唱える側の人たちは、「危ないことはするな」「何かあったら心配」「未来が損なわれるよ」など、思いやりの言葉をかけてくる。しかし、心配とは別の意図を持っている。「みんなやりたいことを我慢しているのだから、お前も我慢し...
書評総合

バックパッカーのリアルな生態を描き出す、小説家による旅行記──『四分の一世界旅行記』

この『四分の一世界旅行記』はSF・奇想短篇集の『半分世界』でデビューし小説家として活躍している石川宗生による金なし旅行記である。四分の一世界旅行記と題されているが、訪問する場所は中央アジア、コーカサス、東欧の15カ国。世界一周でもなければ、...
小説の書評と感想

三浦哲郎「素顔」を読む

 三浦哲郎の長編小説「素顔」(講談社文庫、1980年・刊、346ページ)を読み了える。 三浦哲郎の小説を読むのは、今年1月24日に記事アップした、「夜の哀しみ」(上下巻)以来である。  「素顔」は1度、読んだ事がある気がしたが、このブログで...
小説の書評と感想

無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語 著者 竹之内教博

無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語著者 竹之内教博新たな知識を求めてこの本と出逢う。これは「りらくる」の創業者が書かれた本です。会社を創業して、会社を売却して、270億円手に入れたと言う話です。宝くじよりも確率は高く、宝...
絵本の書評と感想

4月のおはなし会☆幼児さん(3歳〜5歳)

<img ...続きを読む >> Source: 絵本13
絵本の書評と感想

はるのごほうび ☆ 子どもの日に、ほのぼの気分を♪

<img ...続きを読む >> Source: 絵本13
書評総合

「高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです」とーわ 角川スニーカー文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはとーわさんの「高嶺の花の今カノは、絶対元カノに負けたくないようです」です!ストーリー A内容は、中学卒業と同時に芸能人...
書評総合

空耳アワワ

阿川佐和子さんのエッセー、 とても新鮮で読みやすいです。 ... Source: 読書ログ
書評総合

宮下紘『プライバシーという権利』(岩波新書) 7点

 タイトルは「プライバシーの権利」ではなく「プライバシーという権利」というスッキリとしないものになっていますが、このタイトルが本書の性格をよく示しているのかもしれません。 本書の副題は「個人情報はなぜ守られるべきか」ですが、実は現在の日本の...
小説の書評と感想

今日はみどりの日

とても良いお天気だったので、今日は家族みんなで散歩した。 ゴールデンウィークのお出かけ、散歩、のみ。公園のベンチに座って撮った緑色。下の子は雲梯とかターザンロープとか滑り台を堪能してた。小学生は遊園地や巨大な娯楽施設じゃなくても、そのへんの...
小説の書評と感想

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人 著者 東野 圭吾

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人著者 東野 圭吾新たな知識を求めてこの本と出逢う。何かのショーが始まる。これが物語のスタートで。1つの夫婦の結婚に向けてのエピソード、そしてコロナ禍、同窓会の話。夫婦の中の女性は、教師の娘である。...
書評総合

たとえ天が墜ちようとも (創元推理文庫)

「償いの雪が降る」の続編ではあるが、主役が交代している。 ... Source: 読書ログ
書評総合

チェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らす

この前の「ペンキ屋」で知った出久根育さんの本。図書館でパソコ... Source: 読書ログ
ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「講談社 50%ポイント還元キャンペーン」】

Unnecessary bookmark / QuinnDombrowski 【はじめに】◆本日2本目の記事は、明日終了するKindleセールの「終了前日ランキング」。 今回対象となるのは「講談社 50%ポイント還元キャンペーン」の下...
書評総合

カフェ ラ・ボエム 麻布十番 訪問レポート 〜 グローバルダイニングの老舗ダイナー!バブル期の薫りがする内装が素敵で料理も美味しい!!

麻布十番のパティオ十番のすぐ脇にある、「カフェ ラ・ボエム 麻布十番」というお店に行ってきたのでご紹介します。 こんにちは。ビジネス書作家・ブロガー・心理カウンセラーの立花岳志です。 当ブログでは、僕自身、そして読者の皆さんが人生をより自由...
小説の書評と感想

信用取引の基本と儲け方ズバリ!の読書と足跡 福永博之 読書感想

信用取引の基本と儲け方ズバリ!著者 福永博之投資関連のテレビ・ラジオ・雑誌等に頻繁に登場する福永博之先生による、信用取引の解説書です。信用の新ルールの解説とその活用法、ハイリスクな信用取引におけるリスク管理、さらには当然、読者の最大関心事...
書評総合

理想の自分を作る旅 [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! noteの有料記事更新。明日の15:50に春土用が終わって「立夏」を迎え、四緑木星の長かった「スーパー大凶」が終わってくれます。 そのタイミングで今朝...
小説の書評と感想

「白鳥とコウモリ」

◆2021年4月27日「白鳥とコウモリ」(幻冬舎)東野圭吾最近の著者には軽めのエンタメ作品が多く、やや不満に感じていましたが、久々に読み応えがありました。しかも500頁超の大作。長い作品がいいとは思いませんが、複雑な事件を描ききるのに必要な...
書評総合

Numbers Don’t Lie 世界のリアルは「数字」でつかめ!

子供の数が少なくなったら、どうなるのか 歴史を振り返ると、かつては量を追い求めていたのに、急に質を求めるようになった時期がある。多産になれば、乳児死亡率が高い状況で生き延びる子供の数が増える、労働力が増える、老後の生活が安定するなど、様々な...
ビジネス書の書評と感想

「1分でわかる!仕事の基本とビジネスマナー」ビジネスのしくみ研究会

【私の評価】★★★☆☆(78点) 内容と感想  フレッシュマン向けに職場で常識とされているビジネスマナーについて図とマンガで教えてくれる一冊です。なぜビジネスマナーの本を手にするのかといえば、私が30歳になるまでビジネスマナーの...
書評総合

一流の人は知っている ハラスメントの壁

・一流の人は知っている ハラスメントの壁 ・吉田幸弘 ・ロングセラーズ  今は何でも○○ハラということを言われる。でも、何がハラスメントになるのかという境界が曖昧なものだから、扱いが難しくなる。例えばセクハラを例にすると、恋...
書評総合

『世界を敵に回しても、命のために闘う』『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』『新型コロナウイルス ナースたちの現場レポート』コロナ最前線 命を救う闘い

新型コロナウィルス感染症のパンデミックから1年以上が経過した。窮屈な生活にも慣れてきたが、流行初期の恐怖にかられた混乱の経験は多くの教訓と知恵を残している。今回は新型コロナ禍初期の最前線レポート3冊をお届けする。 Source: HONZ
ビジネス書の書評と感想

『生涯現役は50代の生き方が決める』

「50代は、自分らしく生きられる最後のチャンス」「今やっておくことを見つけないと、自分の人生は何だったのかと必ず後悔する」と述べている本があります。 本日紹介するのは、1936年生まれ、早稲田 Source: ビジネス⑤
タイトルとURLをコピーしました