小説の書評と感想

小説の書評と感想

ドラクエウォーク サントリーコラボ BOSS自動販売機でスライムに会おう

ドラクエウォークのサントリーコラボにまんまとハマっております。サントリーのBOSS自動販売機の一部が特別回復スポットになっています。ゲームMAPで青く光る場所がそこです。タッチすると「suntory」という文字が浮かびあがり、BOSSの缶の...
小説の書評と感想

短歌研究会B第39回

 1月29日(第5水曜日)の午前9時半、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会B第39回を持った。 先行する同・第38回は、昨年11月30日の記事にアップした。  僕はアイスコーヒーのモーニングセット、Mさんはブレンドコーヒーのモーニング...
小説の書評と感想

家で見るならドラマ派?バラエティー派? スカーレット 感想

ドラマは「スカーレット」が素晴らしい!毎日楽しんでおります。アシガール(ミツ:黒島結菜:ハチさんの弟子)が退場しちゃってさみしい。滑舌が良くて言葉が聞き取りやすくて表情豊かで好きだ!のびのび愛されて育ったらしい健全な図々しさに心が洗われるよ...
小説の書評と感想

わが家のライフライン使用料(4)

 わが家のライフライン使用料の1月請求所が届いているので、4回めの公開をします。 なお同(3)は、昨年11月25日の記事にアップしました。  通信費は、ドコモ光の契約で、スマホ2台と固定電話1台の料金です。他に契約を切った(Wi-Fi専用)...
小説の書評と感想

『美しい距離』(山崎ナオコーラ)_この作品に心の芥川賞を(豊崎由美)

『美しい距離』山崎 ナオコーラ 文春文庫 2020年1月10日第1刷 美しい距離 (文春文庫) 第155回芥川賞候補作第23回島清恋愛文学賞受賞作 視点人物は、生命保険会社営業教育部で後進の育成にあたっている四十過ぎの男性...
小説の書評と感想

ONE版ワンパンマン 119話120話更新 ちょこっと感想

2020年1月25日 119話120話更新ONE版ワンパンマン 最新話更新頻度が数ヶ月空くこともザラなワンパンマン (原作ONE版)なため、気づくのが遅れることもしばしば。急にRPGな展開だったので読み飛ばしたのかと思った。しかし、これがサ...
小説の書評と感想

葛原妙子・歌集「薔薇窓」を読む

 砂子屋書房「葛原妙子全歌集」(2002年・刊)より、第4歌集「薔薇窓」を読み了える。 第3歌集「飛行」の感想は、今月11日の記事にアップした。 歌集「薔薇窓」は、1978年、白玉書房・刊。1954年~1964年の307首が、他の歌集に遅れ...
小説の書評と感想

オリンピックパラリンピック記念コイン 第三次100円

オリンピック パラリンピック 記念コイン今日から発売開始それぞれ100円発売初日はおひとり様一種類につき2枚までオリンピック三種パラリンピック二種2枚ずつ買って、1000円硬貨なので、買ったんじゃなくて両替したというのが正しい造幣局1.引換...
小説の書評と感想

みどりのダース ピスタチオ 抹茶【恋愛成分チェッカー】診断結果!

超レア?レアチョコレートってこと?最近実際に食べたチョコレートダースのピスタチオピスタチオの青っぽいナッツの香りがちゃんとする。これで200円はお値打ち。ダースの抹茶ホワイトチョコで包まれた抹茶。やさしぃーーーー!ここ最近毎晩深夜に夫婦で甘...
小説の書評と感想

妻の退職記念祝い

 先日、妻が某事務所を退職した。67歳で、勤続13年。 その前にも、僕と結婚して以来、事務職をその定年まで勤めた。 遠く住む息子夫婦より、花キューピットを通して、生け花を贈られた。 フラスコ状の花瓶に、花束を生けてある。デージー、カーネーシ...
小説の書評と感想

愛知県は婚活女性スーパーイージーモード婚活男性スーパーハードモードな地

結婚物語。ブログ は結婚相談所が金儲けの宣伝のためにやっている(自称)ブログなので、とっくに結婚して幸せにすごしているわたしはまったくターゲットではないのだけれど、オタク感満載でリーダビリティのある文章に夢中になって読んでしまう。今回は地元...
小説の書評と感想

東大生を待ち受ける不愉快な現実とそれを乗り越えるために必要なこと 著者 中村拓也

東大生を待ち受ける不愉快な現実とそれを乗り越えるために必要なこと著者 中村拓也新たな知識を求めてこの本と出逢う。東大生も、必ず稼げるとは限りません。稼ぐために必要なことを考えなければなりません。そのためにもサラリーマンとして生きるのか、不...
小説の書評と感想

『ほどけるとける』(大島真寿美)_彼女がまだ何者でもない頃の話

『ほどけるとける』大島 真寿美 角川文庫 2019年12月25日初版 ほどけるとける (角川文庫) どうにも先が見えなくて、めんどくさくて、将来の夢もわからない - 。確固たる理由もないまま高校を突発的に中退し、祖父が営む銭湯を...
小説の書評と感想

山田詠美「タイニー ストーリーズ」を読む(2)

 山田詠美の小説集「タイニー ストーリーズ」より、2回めの紹介をする。 同・1回めは、今月21日の記事にアップした。  今回は、「宿り木」、「モンブラン、ブルーブラック」、「GIと遊んだ話(二)」、「微分積分」、「ガラスはわれるものです」の...
小説の書評と感想

斎藤道三(伊右衛門)のおいしいお茶を飲もう 麒麟がくる2回

道三がキターーー!!モッくん独壇場の回。あれ?斎藤道三が主役だったっけ?マムシと言われてちろりと舌舐めずりするサービスシーン、たまらん。歌声披露もあってモッくん大盤振る舞い。毒茶で始末するなんて毒蝮よのう。伊右衛門サイドは大丈夫なのかしら?...
小説の書評と感想

「メインテーマは殺人」(アンソニー・ホロヴィッツ)

アンソニー・ホロヴィッツ「メインテーマは殺人」を読みました。新幹線での出張の道中、kindleの未読本を読破しようと張り切って出かけたのですが、充電器につないだiPad を家に忘れるという痛恨のミス。駅ナカの書店で、文庫本を購入しました。「...
小説の書評と感想

「三匹の子豚」 真梨幸子

『三匹の子豚』が朝ドラで大ヒットした斉川亜樹。鳴かず飛ばずの時代からようやく抜け出し、忙しくも穏やかな生活を送っていた。 そんなある日、彼女のもとに武蔵野市役所から一通の封書が届く。その内容は、会った覚えもない、叔母の赤松三代子なる人...
小説の書評と感想

海河童「Photo Collection of 劒岳」Kindle版を観る

 海河童さんの写真集、「Photo Collection of 劒岳」を観了える。 今月14日の記事、同「同 Balicasag」Kindle Unlimited版を観る、に次ぐ。 リンクより、関連過去記事へ遡り得る。  「~劒岳」Kind...
小説の書評と感想

今日はコラーゲンの日

コラーゲン、摂るようにしてる?コラーゲンを摂る努力はまったくしてないけど、手羽先や手羽元をめちゃくちゃ食べてるので必要以上に摂取しているような気がする。今日……あ、もう昨日か。昨夜も手羽元食べた。チューリップ(手羽元をひっくり返した肉)を塩...
小説の書評と感想

”やっぱ男は浮気する生き物だな、、、”

杏ちゃんの夫の東出昌大が若手女優と3年間不倫していた。という話。大好きなコンフィデンスマンJPが地上波放送されなくなったらどうしよう。精霊の守り人(ドラマ)でもタンダやってたし……過去作品を排除しないで欲しいなあ。「ケイジとケンジ」は録画し...
小説の書評と感想

歌誌「外大短歌」10号を読む

 東京外国語大学短歌会の歌誌「外大短歌」10号を読み了える。 到着は、今月19日の記事、入手した3冊を紹介する(6)にアップした。リンクより、過去記事へ遡り得る。  第10号は、2019年11月24日・刊。B6判、66ページ。同・9号のA5...
小説の書評と感想

宮城県物産展で雲丹味噌ラーメン 名鉄百貨店7階催事場

今日はタカシマヤだけでなく、名鉄百貨店でも素敵な催しがございました。宮城県物産展!(名古屋駅 名鉄百貨店7階で1月28日まで開催)ホントはこっち目当てで名古屋駅に行ったかもしれない。だって、宮城県っていったら「萩の月」でしょ?わたし、まだ一...
小説の書評と感想

バレンタインチョコ、作る派?買う派?

アムールデュショコラに行ってきた。みんなの回答を見るまだ一月で、しかも平日なのにとんでもない人混み。酸欠の金魚みたいになってチョコレートを買った。試食のチョコレートがぜんぶ美味しい。この会場にまずいショコラは立ち入る資格が無いんだと思う。た...
小説の書評と感想

一攫千金を狙える仕事は…今日はゴールドラッシュの日

一攫千金が狙える仕事、何が思いつく?新興宗教の教祖を裏で操る幹部。イメージは映画「教祖誕生」のビートたけしの位置ね。一般信者のフリして実は牛耳ってる系。若いときの岸部一徳って高橋一生に似てるような気がする。教祖は萩原聖人。クズの役で輝く俳優...
小説の書評と感想

『タイガー理髪店心中』(小暮夕紀子)_わたしの血は、よもや青くなってはないだろうな。

『タイガー理髪店心中』小暮 夕紀子 朝日新聞出版 2020年1月30日第1刷 タイガー理髪店心中 穏やかだった妻の目に殺意が兆し、夫はつかの間、妻の死を思う。 のどかな田舎町で変転する老夫婦の過去と行く末。 「これでお互いの老老...
小説の書評と感想

森絵都「アーモンド入りチョコレートのワルツ」より「子供は眠る」

 森絵都の短編小説集「アーモンド入りチョコレートのワルツ」3編より、「子供は眠る」を読み了える。 購入は、昨年12月10日の記事、届いた3冊を紹介する(7)で報せた。  また彼女の「風に舞いあがるビニールシート」を取り上げた読書会は、昨年1...
小説の書評と感想

感想メモ: パパとママの素敵な出会い

パパとママの素敵な出会い  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ  寝る前に子供たちにお話をせがまれ、父親はエルフと魔王の出会いの話を始める。  良い夫婦の日にそれっぽい物を知らずに思いついたので、これはもう書かねばと思って...
小説の書評と感想

ラ・パティスリー 上田早夕里

関西の洋菓子店が舞台。製菓学校を卒業したての女の子が開店準備しようと店内に入ったら、そこには謎の男がいた。洋菓子作りの過酷な舞台裏と美しいお菓子の描写。親子関係。師弟関係。労働環境。菓子職人としての生き方。恋愛感情か職業的尊敬か。謎の男の正...
小説の書評と感想

修羅な女たち 家田荘子

お久しぶりねの家田荘子。あいかわらず読みやすい文章。裏社会を逞しく生き抜く人たちにたくさん会っていると、性の泥沼をスイスイ泳いでいる彼女たちなんて「決して特別な女性ではない」と言えてしまうのだろうか。めちゃくちゃ「特別」だよ!と平凡なわたし...
小説の書評と感想

成田千空・句集「地霊」を読む

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、10番目の句集、成田千空「地霊」を読み了える。 今月8日の記事、平畑静塔・句集「壺国」を読む、に次ぐ。  成田千空(なりた・せんくう、1921年~2007年)は、1946年「暖...
タイトルとURLをコピーしました