小説の書評と感想

小説の書評と感想

16万pv越え

 今日2回めのブログ更新です。 2020年3月2日の16時現在、このブログ、風の庫の総pv数が16万を越えています。 15万pv越えの節目で記事アップしたかったのですが、機会を逃しました。 2016年9月3日より、旧ブログ・サスケの本棚から...
小説の書評と感想

2月の旦那弁当記録 休校の子どもたちの生活

3月は子どもとずっと家の中で過ごすのかと思うと途方もない気持ちになります。お昼もいつもの手抜きごはんではなく、ちゃんとバランスよく作らないとなあ。と言いつつ麺ばっかにしそうな気もする。さらに毎日子どもに勉強させなくちゃいけないのが、キッツい...
小説の書評と感想

結社歌誌「覇王樹」3月号を読む

 所属する結社歌誌「覇王樹」の2020年3月号を、ほぼ読み了える。 入手は、先の2月29日の記事、届いた2冊を紹介する(11)にアップした。  結社のホームページ、短歌の会 覇王樹も、すでに3月号仕様である。  僕の歌等は、もう1つのブログ...
小説の書評と感想

貯金ゼロ・頭金ゼロから家賃収入1億円―小心者の「サラリーマン大家」が成功したわけ 著者 福田正春

貯金ゼロ・頭金ゼロから家賃収入1億円―小心者の「サラリーマン大家」が成功したわけ著者 福田正春新たな知識を求めてこの本と出逢う。秘訣1としては、省力化です。サラリーマン大家は非常に忙しい。短い時間で家賃収入を増やすことを考えて行動するの...
小説の書評と感想

感想メモ: 身代わり伯爵令嬢だけれど、婚約者代理はご勘弁!

身代わり伯爵令嬢だけれど、婚約者代理はご勘弁!  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 我儘で高慢な従姉が、暴風雪閣下と呼ばれる人物との結婚が決まった。だが、その男は、あろうことか身内から暴君と恐れられる従姉を無視したのだ。 ...
小説の書評と感想

総合歌誌「歌壇」3月号を読む

 本阿弥書店の総合歌誌「歌壇」2020年3月号を、短歌作品中心に読み了える。 入手は今月16日の記事、入手した3冊を紹介する(7)にアップした。 巻頭作品20首では、冒頭の岡野弘彦「聖夜の館」が感銘深かった。90歳代半ばを過ぎて、逝いた妻を...
小説の書評と感想

凍りのくじら 辻村深月

はじめての辻村深月作品。『凍りのくじら』ドラえもんリスペクト作品とは聞いていたけれど、予想を超えてドラえもんリスペクト藤子・F・不二雄先生リスペクト作品だった。SFを(すこし・ふしぎ)と読むアレはわたしもテーマタイトルで採用しているので、わ...
小説の書評と感想

届いた2冊を紹介する(11)

 最近に手許に届いた2冊をアップする。 まず所属する結社の歌誌、「覇王樹」2020年3月号が届く。 同・2月号の感想は、今月9日の記事にアップした。  同・3月号には、通常の短歌・散文の他、昨年11月に行われた、第61回 覇王樹全国大会「歌...
小説の書評と感想

名古屋市 卒業式 やるって! 実施するって!

意気消沈したり浮上したり、情緒不安定だよホントか?本当なのか?小学校からも「卒業式はやります」メールがきたから、やるんだと思うけど(連絡はついさっき来た)やっぱりやめた、なんて言わないでよーああ、でも、良かった!ちなみに、卒業生の6年生と保...
小説の書評と感想

短歌研究会B第40回

 2月27日(第4木曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会B第40回を持った。 先行する同・第39回は、先の1月30日の記事にアップした。  短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込み...
小説の書評と感想

名古屋市 市立全校休校 卒業式中止

中止決定……河村市長が言うなら、そうなんだ……  卒業生と保護者だけでこじんまりやるかな?先生と卒業生だけかな?なんて、甘い期待してた中止……そっか、中止か……  Source: 小説
小説の書評と感想

【新型コロナウィルス感染】全国の小中高校休校 卒業式はどうなるの?

え?休校?全国休校?学校は明日までってこと?……卒業式は?ウチの子、6年生なんだけど。卒業生なんだけど。卒服(卒業式に着るオサレ服)買ったんだけど。6万円、したんだけど。わたしも張り切って3月3日にエステの予約入れたんだけど。……まあ、エス...
小説の書評と感想

KDP本・短編小説「底流」無料キャンペーン好評!

 記事の上のメッセージボードに書いてあります通り、新サスケ(ハンドルネーム)は柴田哲夫(ペンネーム)名で、KDP本・短編小説「底流」」を2月20日に発行致しました。 表紙作成の以外はすべて、自力で行いました。発行当日に、Kindle Unl...
小説の書評と感想

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 初恋 (徳間文庫) あの三池崇史監督が 「さらば、バイオレンス!! 」 とコメントする “初恋” の世界とは?三池崇史監督最新作のタイトルが 「初恋...
小説の書評と感想

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 ダブル<新装版> (双葉文庫) 被害者女性の特異な容貌から世間の注目を浴びた轢き逃げ事件、痴漢の容疑をかけられた男性の転落死、老人が飲んだ薬物入り缶コーヒー騒動。同じ...
小説の書評と感想

「梅崎春生全集」第4巻より(1)「砂時計」(1)

 沖積舎「梅崎春生全集」第4巻に入り、巻頭の長編小説「砂時計」より1回めの紹介をする。 先行する同・第3巻の仕舞いの紹介は、昨年10月3日の記事にアップした。  「砂時計」は、全集で223ページに及ぶ長編小説である。これまでで最長の小説だろ...
小説の書評と感想

”BLじゃない、少女漫画のオススメBL漫画ベストテン”再投稿

3年前の今日の記事なつかしーい。<!--わたしは腐女子ではない(白目)んですが、「ホモが嫌いな女子なんかいません!!!」(げんしけんの大野さんの)名言を引用するまでもなく、漫画好きなら、とくに少女漫画を読んでいたら、BL(ボーイズラブ...
小説の書評と感想

本『池袋ウエストゲートパークⅨ ドラゴン・ティアーズ―龍涙』

本『池袋ウエストゲートパークⅨ ドラゴン・ティアーズ―龍涙』 文藝春秋 この物語の舞台となるのは、東京・池袋にある西口公園。 通称“ウエストゲートパーク” 主人公・真島誠は、池袋西一番街にある母親が経営する...
小説の書評と感想

丸岡町「グリーンセンター」温室へ

 インスタグラムにしばらく投稿していないので、2月24日午後、坂井市丸岡町のグリーンセンターの温室へ行った。道筋を忘れたので、妻の車、妻の運転で付き合ってもらう。片道30分くらいか。 左の花は、名前不明。右の観葉植物も名前不明。 左右とも、...
小説の書評と感想

儲かる不動産投資は、地図から探せ! 著者 伊藤邦生

儲かる不動産投資は、地図から探せ!著者 伊藤邦生新たな知識を求めてこの本と出逢う。結局は都会よりも地方の方が利回りが良く不動産投資に向いてると言う話である。地方で入居率が下がっていると言われているが、地方は実は2極化しているのである。勝...
小説の書評と感想

主婦の平日ランチ 日常編 ”誰にも見られたくない姿”

ふりかけご飯に恥じらうハルコさんは素敵なお母さんだと思う。わたしはカラムーチョご飯や本気の恥ずかしい料理〜主婦のズボラ飯〜だからね〜でも、ひとりごはんなんてそんなもんよね。ふつー ふつーとにかく器は最小限にしたいから、お昼は常にワンプレート...
小説の書評と感想

KDP本・短編小説「底流」」Kindle版が無料キャンペーン中!

 今日2回めの記事更新です。 記事の上のメッセージボードの通り、今年2月20日付けで、短編小説「底流」をKDPで自力発行しました。Kindle本で500円、Kindle Unlimitedで追加金無料です。 今回は更に、Kindle本の無料...
小説の書評と感想

『ネメシスの使者』(中山七里)_テミスの剣。ネメシスの使者

『ネメシスの使者』中山 七里 文春文庫 2020年2月10日第1刷 ネメシスの使者 (文春文庫) 物語は、猛暑日が続く八月の朝から幕が上がる。埼玉県警捜査一課で班長を務める警部 - 渡瀬は、部下の古手川とともに熊谷市佐谷田にある...
小説の書評と感想

堀口星眠・句集「営巣期」を読む

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、11番めの句集、堀口星眠「営巣期」を読み了える。 先行する成田千空・句集「地霊」は、先の1月23日の記事にアップした。  原著は、1976年、牧羊社・刊。676句と、著者・あと...
小説の書評と感想

正しい女たち 著者 千早茜

正しい女たち著者 千早茜新たな知識を求めてこの本と出逢う。千早先生の本としては、他にも読ませて頂いた。『からまる』、『ガーデン』。自分を正当化する、女も男も存在する。親友のために、愛人の奥さんに別れを告げる。親友がどれだけ悲しんだとしても...
小説の書評と感想

「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」 宮部みゆき

そなたの罪を告白せい 恐ろしくもいとおしい極めつきの怪異と不思議。おちかに代わり、新たな聞き手は富次郎。心揺さぶる江戸怪談、新章突入― 再会した友が語り始める一家離散の恐ろしい運命(第一話「泣きぼくろ」) 村の女たちがに登ってはな...
小説の書評と感想

浅田彰「逃走論」を読む

 浅田彰「逃走論」を、対談、鼎談を除いて、読み了える。 入手は、今月16日の記事にアップした。  1984年・3刷、筑摩書房・刊。 対談、鼎談を除いたというけれど、本書では2つが大きな半分くらいを占めている。出て来る思想家の、ドゥルーズ、ガ...
小説の書評と感想

のんびりな会 ニュースな会 アベマTVでアニメ鬼滅の刃一挙放送

中居正広がついた嘘 記者が唸ったSMAP愛に溢れた瞬間【退所会見】【モデルプレス=2020/02/21】タレントの中居正広(47)が21日、都内で会見を行い、3月い.......... ≪続きを読む≫中居正広の巧さに唸るばかり。アレを全て自...
小説の書評と感想

「大名倒産 上下」

◆2020年2月「大名倒産 上下」(文藝春秋)浅田次郎足軽の子として育てられた小四郎は、兄弟たちが夭折したり病弱だったりうつけだったりしたために、突然、越後丹生山三万石の松平和泉守家を継ぐことに。しかしお家は長い間に気の遠くなるような借金地...
小説の書評と感想

「画家が見たこども展」

○2020年2月21日開館10周年記念「画家が見たこども展」(三菱一号館美術館)三菱一号館美術館の夜間開館に行きました。ここは夜に行くと空いてるし、雰囲気もよくて好きです。子供を描いた絵の展覧会です。ゴッホ、ゴーギャン、ルノワールらの絵がま...
タイトルとURLをコピーしました