小説の書評と感想

小説の書評と感想

お金の法則: 「貯まらない」「殖やせない」にはワケがある 著者 千田琢哉

お金の法則: 「貯まらない」「殖やせない」にはワケがある著者 千田琢哉新たな知識を求めてこの本と出逢う。千田琢哉氏の本は色々読ませて頂いた。『「自分の名前」で勝負する方法を教えよう。 効率的に成功をつかむための40のヒント』、『読書をお金...
小説の書評と感想

2020年1月2月の外食記録

ラーメン以外の外食記録でございます。1月から2月の内容。岐阜県のうどんチェーン店「かま濃」セットメニューがおトク。わたしはころうどん(冷やし)が好き。とろろ(山芋)トッピング。うどん屋さんだけどオムライスもオススメです。いつも瑞浪本店に行っ...
小説の書評と感想

スカーレットにゴロちゃん 地上波ドラマにおかえりなさい!

登場するなり「おっさん」呼ばわりされるゴロちゃん萌え!この存在感だけで、この大崎医師が変わり者で有能で優しくて信頼できるのだと、その佇まいだけでわかる。立ち姿の説得力。ドラマはいよいよたけしが鼻血をたらし不穏な気配……モデル人物の行く末と、...
小説の書評と感想

言葉の力を高めると、夢はかなう 著者 渡邊康弘

言葉の力を高めると、夢はかなう著者 渡邊康弘新たな知識を求めてこの本と出逢う。夢は言葉にして紙に書くと動き出す。この言葉に出会い、本を読む事で新しい発見する事が出来る。それは言葉に宿る力を高める方法があるのである。『言葉一文字一文字に宿る...
小説の書評と感想

今夜は代々木のはずだったのに。。。

これ、ライヴありきで購入したお気に入り。 今頃この靴でジャンプしてるはずでした Source: 小説
小説の書評と感想

婚活食堂 山口恵以子

食べもん屋さんの本って多いよね。これってグルメ本?料理本?このジャンル、腹はふくれないが心は満たされるほっこり優しい内容が多い気がする。しかし、人気ジャンルだけに玉石混交。数多ある食べもん屋さん本の中でどれを選べばいいのか、悩むところ。そん...
小説の書評と感想

山田詠美「ぼくは勉強ができない」を読む

 山田詠美の小説「ぼくは勉強ができない」を読み了える。 購入は、2019年9月7日の記事にアップした。 彼女の小説の感想として、先の2月11日の記事、「放課後の音符(キイノート)」に次ぐ。  新潮文庫、274ページ、2016年48刷。 黒人...
小説の書評と感想

感想メモ: お前、悪役令嬢じゃないのかよ。

お前、悪役令嬢じゃないのかよ。  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 完全にノリです。 申し訳ありませんでした。 (掲載サイト様より引用)  コメディ小説。  主人公なら、上手いことやれる気がする。 rakute...
小説の書評と感想

得する、徳。 著者 栗下直也

得する、徳。著者 栗下直也新たな知識を求めてこの本と出逢う。与える人、欲をかく人、天秤にかける人、3つのタイプの人間があります。世の中にはいい人いい人と言いますが、いい人とはどういう人のことでしょうか?それは物理的にも精神的にも利益をもた...
小説の書評と感想

感想メモ: 作りすぎちゃうお隣の田畑さん

作りすぎちゃうお隣の田畑さん  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 週に一度、お裾分けを持ってくる隣人の田畑さん。 決まって同じ時間にやってくる彼女の秘密とは―― (掲載サイト様より引用)  短編小説。  楽しそう。 ...
小説の書評と感想

やってみた”【夫婦の会話を増やす方法】”いきなり高笑い

結婚して10うん年も経過すると、夫婦の会話が減るというお話。「結婚してそこそこ経ってる夫婦、子どもおらんかったら夫と喋る事特にない案件」!!!オギャ子さんのオギャった解決法は、なんと!「カーッカッカッカ!」って言ってみる解決法、それ?すげぇ...
小説の書評と感想

藤田宜永「愛の領分」を読む

 和田たんぽぽ読書会3月例会の課題図書、藤田宜永「愛の領分」を読み了える。 藤田宜永(ふじた・よしなが)は1950年、福井県生まれ。先の1月30日に亡くなった。 この「愛の領分」で、第125回直木賞・受賞。 主人公の淳藏(50歳代、妻を亡く...
小説の書評と感想

感想メモ: お役御免らしいので全力でひきこもる

お役御免らしいので全力でひきこもる  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 愛する嫁と自由気ままにひきこもり生活を満喫していたら、いつの間にか伝説の存在となってしまった男の話。 (掲載サイト様より引用)  短編ファンタジ...
小説の書評と感想

経営者のための初めての不動産投資戦略 著者 曽我ゆみこ

経営者のための初めての不動産投資戦略著者 曽我ゆみこ新たな知識を求めてこの本と出逢う。曽我さんの本は『確実に増える不動産』を読ませていただいた。大切な事は赤字を出さない経営をすることである。そしてこれは経営者のために書かれた本であるからこ...
小説の書評と感想

『麒麟がくる』6話三好長慶襲撃計画 7話帰蝶の願い 感想

『麒麟がくる』6話三好長慶襲撃計画 7話帰蝶の願い 感想6話は物語というより演出にドキドキしたりミゾミゾしたりする回でした。赤い紅葉の中の殺陣は映画っぽい?舞台っぽい?赤い血ドバーッ!!ブシャー!!できないかわりに、赤い色彩で血塗られた場面...
小説の書評と感想

16万pv越え

 今日2回めのブログ更新です。 2020年3月2日の16時現在、このブログ、風の庫の総pv数が16万を越えています。 15万pv越えの節目で記事アップしたかったのですが、機会を逃しました。 2016年9月3日より、旧ブログ・サスケの本棚から...
小説の書評と感想

2月の旦那弁当記録 休校の子どもたちの生活

3月は子どもとずっと家の中で過ごすのかと思うと途方もない気持ちになります。お昼もいつもの手抜きごはんではなく、ちゃんとバランスよく作らないとなあ。と言いつつ麺ばっかにしそうな気もする。さらに毎日子どもに勉強させなくちゃいけないのが、キッツい...
小説の書評と感想

結社歌誌「覇王樹」3月号を読む

 所属する結社歌誌「覇王樹」の2020年3月号を、ほぼ読み了える。 入手は、先の2月29日の記事、届いた2冊を紹介する(11)にアップした。  結社のホームページ、短歌の会 覇王樹も、すでに3月号仕様である。  僕の歌等は、もう1つのブログ...
小説の書評と感想

貯金ゼロ・頭金ゼロから家賃収入1億円―小心者の「サラリーマン大家」が成功したわけ 著者 福田正春

貯金ゼロ・頭金ゼロから家賃収入1億円―小心者の「サラリーマン大家」が成功したわけ著者 福田正春新たな知識を求めてこの本と出逢う。秘訣1としては、省力化です。サラリーマン大家は非常に忙しい。短い時間で家賃収入を増やすことを考えて行動するの...
小説の書評と感想

感想メモ: 身代わり伯爵令嬢だけれど、婚約者代理はご勘弁!

身代わり伯爵令嬢だけれど、婚約者代理はご勘弁!  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 我儘で高慢な従姉が、暴風雪閣下と呼ばれる人物との結婚が決まった。だが、その男は、あろうことか身内から暴君と恐れられる従姉を無視したのだ。 ...
小説の書評と感想

総合歌誌「歌壇」3月号を読む

 本阿弥書店の総合歌誌「歌壇」2020年3月号を、短歌作品中心に読み了える。 入手は今月16日の記事、入手した3冊を紹介する(7)にアップした。 巻頭作品20首では、冒頭の岡野弘彦「聖夜の館」が感銘深かった。90歳代半ばを過ぎて、逝いた妻を...
小説の書評と感想

凍りのくじら 辻村深月

はじめての辻村深月作品。『凍りのくじら』ドラえもんリスペクト作品とは聞いていたけれど、予想を超えてドラえもんリスペクト藤子・F・不二雄先生リスペクト作品だった。SFを(すこし・ふしぎ)と読むアレはわたしもテーマタイトルで採用しているので、わ...
小説の書評と感想

届いた2冊を紹介する(11)

 最近に手許に届いた2冊をアップする。 まず所属する結社の歌誌、「覇王樹」2020年3月号が届く。 同・2月号の感想は、今月9日の記事にアップした。  同・3月号には、通常の短歌・散文の他、昨年11月に行われた、第61回 覇王樹全国大会「歌...
小説の書評と感想

名古屋市 卒業式 やるって! 実施するって!

意気消沈したり浮上したり、情緒不安定だよホントか?本当なのか?小学校からも「卒業式はやります」メールがきたから、やるんだと思うけど(連絡はついさっき来た)やっぱりやめた、なんて言わないでよーああ、でも、良かった!ちなみに、卒業生の6年生と保...
小説の書評と感想

短歌研究会B第40回

 2月27日(第4木曜日)の午前9時半より、メンバー3人が喫茶店に集まり、短歌研究会B第40回を持った。 先行する同・第39回は、先の1月30日の記事にアップした。  短歌研究会Bは、岩波文庫「宮柊二歌集」(宮英子・高野公彦・編)の読み込み...
小説の書評と感想

名古屋市 市立全校休校 卒業式中止

中止決定……河村市長が言うなら、そうなんだ……  卒業生と保護者だけでこじんまりやるかな?先生と卒業生だけかな?なんて、甘い期待してた中止……そっか、中止か……  Source: 小説
小説の書評と感想

【新型コロナウィルス感染】全国の小中高校休校 卒業式はどうなるの?

え?休校?全国休校?学校は明日までってこと?……卒業式は?ウチの子、6年生なんだけど。卒業生なんだけど。卒服(卒業式に着るオサレ服)買ったんだけど。6万円、したんだけど。わたしも張り切って3月3日にエステの予約入れたんだけど。……まあ、エス...
小説の書評と感想

KDP本・短編小説「底流」無料キャンペーン好評!

 記事の上のメッセージボードに書いてあります通り、新サスケ(ハンドルネーム)は柴田哲夫(ペンネーム)名で、KDP本・短編小説「底流」」を2月20日に発行致しました。 表紙作成の以外はすべて、自力で行いました。発行当日に、Kindle Unl...
小説の書評と感想

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 初恋 (徳間文庫) あの三池崇史監督が 「さらば、バイオレンス!! 」 とコメントする “初恋” の世界とは?三池崇史監督最新作のタイトルが 「初恋...
小説の書評と感想

『ダブル』(永井するみ)_極上のサスペンスは日常から生まれる

『ダブル』永井 するみ 双葉文庫 2020年2月15日第1刷 ダブル<新装版> (双葉文庫) 被害者女性の特異な容貌から世間の注目を浴びた轢き逃げ事件、痴漢の容疑をかけられた男性の転落死、老人が飲んだ薬物入り缶コーヒー騒動。同じ...
タイトルとURLをコピーしました