小説の書評と感想

小説の書評と感想

KDP本「少年詩集 鳶の歌」刊行!!

 これまでもあちこちでリークして来ましたが、僕の4冊めのKDP本「少年詩集 鳶の歌」を、9月6日に刊行する事ができました。初めの2冊、「詩集 日々のソネット」「改訂版 ソネット詩集 光る波」は、電子出版の代行業者に依頼しましたので、自力発行...
小説の書評と感想

すごい!お金持ちチェンジ 著者 森瀬繁智

すごい!お金持ちチェンジ著者 森瀬繁智新たな知識を求めてこの本と出逢う。人間はなかなか自分の性質を変えることができません。でも使う言葉を変えれば思考が変わります。思考が変われば行動が変わります。行動が変われば習慣が変わります。習慣が変われ...
小説の書評と感想

カケラ 著者 湊かなえ

カケラ著者 湊かなえ新たな知識を求めてこの本と出逢う。第1章、ロック・ジュウヨン。題名だけ見てるとなんのことやらわからない。物語のストーリーを見ているとダイエットに関する物語。幼い頃は華奢で痩せていた私が大人になると太ってしまい、ダイエッ...
小説の書評と感想

『セイレーンの懺悔』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『セイレーンの懺悔』中山 七里 小学館文庫 2020年8月10日初版 セイレーンの懺悔 (小学館文庫) 不祥事で番組存続の危機に陥った帝都テレビ 「アフタヌーンJAPAN」。配属二年目の朝倉多香美は、里谷太一と起死回生のスクープ...
小説の書評と感想

「ポオ全集 2」を読む(7)

 谷崎精二・個人全訳「ポオ全集」(春秋社)第2巻より、7回め、仕舞いの紹介をする。 同(6)は、先の8月17日の記事にアップした。 「ポオ全集」第2巻の函の表を再掲する。 第2巻の仕舞いは中編小説「ジュリアス・ロドマンの日記」で、244ペー...
小説の書評と感想

アニソン総選挙2020年 半沢直樹の恩返しdeath ソーイング・ビー

テレビっ子な週末だった。『半沢直樹の恩返し』面白かったー!!オープニングから最高だった。良かった、渡真利の股間が守られて。「おしまいdeath!!」のあとゆっくり親指がグー!の形になって、堺雅人の耐えたかに見えた我慢が決壊するまでが見られて...
小説の書評と感想

室生犀星「名園の落水」を読む

 Kindle本「室生犀星作品集」より、エッセイ「名園の落水」を読み了える。 先の8月27日の記事、「みずうみ」を読む、以来である。  「名園の落水」は、初め前田家の家老だった本多氏の庭を巡る。当主は住んでいず、取次の案内を受ける。庭は荒れ...
小説の書評と感想

カルディのエコバッグ カルディの上海焼きそば 今日はノー・レジ袋の日

エコバッグ使うのはいいんだけど、ビニール袋貰えないとちょっとした使い捨て用途のゴミ袋に困る。小学校から「苗を持ち帰るのでスーパーのビニール袋を持たせて下さい」とか言われるじゃん。買わなきゃ、無いよ。や、買えばいいんだけどさ。カバンのなかにエ...
小説の書評と感想

夫とわたし さっきの会話

夫「そういえば‘あさイチ’に香取慎吾出てたらしいよ。地震速報で、途中でいなくなったみたいだけど」わたし「へー 地震はニュースバリューあるからねぇ」夫「あの3人、早くテレビに帰ってきてほしい」わたし「稲垣吾郎とか草なぎ剛とか?」夫「そう。CM...
小説の書評と感想

感想メモ: 無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝~前世拾った子供が皇帝になっていました~

無口な公爵令嬢と冷徹な皇帝~前世拾った子供が皇帝になっていました~  掲載サイト:「小説を読もう!」  あらすじ 冷酷な皇帝アレクセイは、幼いころ魔獣がいる森に捨てられた。 そこでバケモノのような人間の女に拾われる。女はアレクセイ...
小説の書評と感想

『ボクたちはみんな大人になれなかった』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『ボクたちはみんな大人になれなかった』燃え殻 新潮文庫 2018年12月1日発行 ボクたちはみんな大人になれなかった(新潮文庫) 好きだった人の名前を、SNSで検索したことはありますか - ? それは人生でたった一人、ボクが自分...
小説の書評と感想

何、読んだっけ?

記憶力にバグがあり過ぎて、何を読んだかすぐ忘れる。何を読んだのか読んでないのか。忘れないように記事をアップしても忘れるんだからどうしようもない。読んだけど記事を書かないままの本なんて、内容もタイトルも忘却の彼方……何も覚えてないから、再読し...
小説の書評と感想

ブログ開設4周年記念日

 9月3日は、このブログ「風の庫」を開設して4周年記念日でした。 2016年9月3日に、旧ブログ「サスケの本棚」より、移転しました。内容は引き継ぎませんでした。  3周年は、2019年9月3日に祝いました。  今日より、5年めに入ります。 ...
小説の書評と感想

ONE版ワンパンマン 129話更新 最終回が近づいてきた

やったぁー!!ONE版ワンパンマン 更新されてる!ワンパンマン 129話スイコちゃん、いっぱい出演シーンがあって嬉しい!どんどん強い怪人が出てきて「やばい」怪人を倒すことができても、街がどんどん壊されインフラが壊され、人類の社会生活の原資が...
小説の書評と感想

コロロ ヒノカミコーラ 今日はグミの日

おすすめのグミ、教えて!コロロ ヒノカミコーラはじめは『鬼滅の刃』目当てで買ったんだけど、その美味しさにリピしまくり。コーラのグミといえばコーラ瓶型のコーラアップな昭和生まれなわたしには衝撃の食感!ぷにぷに!ぷにぷにー!!果実グミも好きだな...
小説の書評と感想

森絵都「屋久島ジュウソウ」を読む

 森絵都の紀行文集「屋久島ジュウソウ」を読み了える。 到着は、今年6月19日の記事、届いた5冊(2)にアップした。しばらくお蔵入りしていた。  森絵都の本は、「つきのふね」など数冊をブログ記事にアップしているので、関心のある方は検索してくだ...
小説の書評と感想

乙女なげやり 三浦しをん

自問自答型人生相談が素晴らしい。そうだよね、相談を受けてから返事するなんてまどろっこしいよね。想定問答集の如く、お悩みもお答えも自分でやっちゃおう。あーわたしはこの手の妄想人生相談が大好きだ!人生相談がオマケ的扱いなのが惜しまれる。一冊まる...
小説の書評と感想

『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷 ブラフマンの埋葬 (講談社文庫) 読めば読むほどいとおしくなる。胴の一・二倍に達する尻尾の動きは自由自在、僕が言葉を発する時には目をそらさないブラフマン。...
小説の書評と感想

夢のような幸福 三浦しをん

2002年のエッセイ集。基本的にアホな話しかしていないけれど、おバカな内容を裏打ちしている教養の重厚さに圧倒される。ふとした瞬間に垣間見える美しい表現に戦く。読んで気づいたけど、わたし、『嵐が丘』読んだことなかった。『たけくらべ』も。『ガラ...
小説の書評と感想

色川武大「怪しい来客簿」を読む

 文庫本棚より抜き出して、色川武大の連作小説集「怪しい来客簿」を読み了える。 彼の小説として、2019年9月3日の記事、「あちゃらかぱいッ」以来である。  色川武大(いろかわ・たけひろ、1929年~1989年)は、プロ賭博師、雑誌編集者を経...
小説の書評と感想

美内すずえ傑作選 魔女メディア 人形の墓 ビクトリアの遺書

初期の作品集。恐怖の場面でギャグ顔することがままある。怖がらせたいのか笑わせたいのかわからない独特のセンス。『魔女メディア』の絵柄が好きだなあ。1970年代中頃から1990年代くらいの絵が好き。表題作『魔女メディア』と『ビクトリアの遺書』は...
小説の書評と感想

9月カレンダー、3種を紹介します

 2020年の9月の初日、9月のカレンダー3種を紹介します。 8月カレンダー3種の記事は、8月1日にアップしました。 プロ・マンガ家、インスタグラマー(フォロワー・3万6千人越え)、あんこと麦とのブロガー等としてご活躍の暁龍さん(あかつきり...
小説の書評と感想

「村上T 僕の愛したTシャツたち」 村上春樹

つい集まってしまったTシャツたち。 『ポパイ』連載の人気エッセイが一冊になりました!村上春樹の段ボール箱で積み祝がった膨大なコレクションから、Tシャツをめぐる18篇のエピソードと108枚のお気に入りTを収録 のんびり読めるエッセイ...
小説の書評と感想

旦那弁当と娘弁当記録 2020/08/

8月も今日で終わりですね。小中学校は今日までが一学期。明日の9/1から二学期です。通知表がかえってきます。……まあ、結果はどうあれ、学校に楽しく元気に登校できてるだけでありがたい。休校続きの春を経て、つくづくそう思います。8月のお弁当記録。...
小説の書評と感想

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 すべて忘れてしまうから ベストセラー 『ボクたちはみんな大人になれなかった』 著者による3年ぶりの新刊ボクたちの人生は、なぜか忘れられなかった小さな思い出の集...
小説の書評と感想

総合歌誌「短歌往来」9月号を読む

 総合歌誌「短歌往来」2020年9月号、Kindle Unlimited版を、ほぼ読み了える。 入手は、今月28日の記事にアップした。  2020年8月15日、ながらみ書房・刊。 入手紹介で、捨て身のKindle Unlimited化と書い...
小説の書評と感想

株価チャートの鬼100則 著者 石井勝利

株価チャートの鬼100則著者 石井勝利新たな知識を求めてこの本と出逢う。石井勝利さんといえば「株「デイトレ」の鬼100則」を読ませていただいた。株は人を成長させる。「投機家にとって最大の敵は無知、欲、そして恐怖と希望の感情である」。これは...
小説の書評と感想

一茶「七番日記」(上)を読む(2)

 岩波文庫の一茶「七番日記」(上)より、2回めの紹介をする。 同(1)は、今月23日の記事にアップした。  今回は文化7年7月~12月、89ページ~133ページの、45ページ分である。 文化10年、継母・継弟との和解が成立して、田畑からの収...
小説の書評と感想

マスコミが絶対書けない事この本読んだらええねん! 著者 辛坊次郎

マスコミが絶対書けない事この本読んだらええねん!著者 辛坊治郎新たな知識を求めてこの本と出逢う。日本で一番小さな都道府県は?それは香川県です。昔は大阪府でした。島が出来、関空ができ面積が広がったのです?ですから香川県が一番小さいのですがシ...
小説の書評と感想

潰瘍性大腸炎て大変な難病らしい

聞いたことはあるけどフワっとしか知らなかった‘潰瘍性大腸炎’……めちゃくちゃ大変な病気みたいね………お腹が痛くなって急にトイレに行きたくなる病気なのかなー下痢ってツライよね〜くらいに思ってたけど、そうか、潰瘍性だもんね。潰瘍……内臓が炎症し...
タイトルとURLをコピーしました