小説の書評と感想

小説の書評と感想

世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか

世界のエリートはなぜ「イスラエル」に注目するのか著者 新井均新たな知識を求めてこの本と出逢う。著者がなぜイスラエルに興味を持ったのか?出会ったイスラエル人が親日家出会ったからである。イスラエルの成人は早い。男が13、女が12という歳であ...
小説の書評と感想

中1娘と夫のお弁当記録 2020/06/後半

今日で6月おわり!あっという間に今年も半分過ぎてしまった。光陰矢の如し今年はとくにコロナのせいで時間が消えてしまった、と思う。2020年は春がなかった。ま、そのおかげでほとんど花粉症には悩まされなかった。中国がおとなしかったおかげでPM2,...
小説の書評と感想

学研「最新デジタル一眼 超入門 実践編」を読む

 学研カメラムック「最新デジタル一眼 超入門 実践編」Kindle Unlimited版を読む。 先行する同「同 超入門」は、今月26日の記事にアップした。  実践編は、先行書よりも、撮影の実践について、詳しく解説している。 僕もレンズの5...
小説の書評と感想

うちの子が結婚しないので 垣谷美雨

親、めっちゃ辛口ィ〜!モテない娘の立場で読むと泣きたくなる。自分の20代後半の頃を思い出して「ぐぅうううう!」て声にならない呻き声が出る。一生独りで生きていく覚悟もなく、黙っていても求婚者が列をなしてくれるわけでもなく、収入もバイタリティー...
小説の書評と感想

Who You Are 君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる

Who You Are君の真の言葉と行動こそが困難を生き抜くチームをつくる著者 ベン・ホロウィッツ新たな知識を求めてこの本と出逢う。企業文化は企業を運用していく中で大切な事である。文化とくに倫理文化です。倫理文化に関しては人々の心に残り...
小説の書評と感想

『悪の血』(草凪優)_書評という名の読書感想文

『悪の血』草凪 優 祥伝社文庫 2020年4月20日初版 悪の血 (祥伝社文庫) 和翔は十三歳の時に母親を捨てた。二十歳の今も家なんてない。ドラッグの売人として生きる和翔だったが、宝物がいた。悪友基生の妹の潮音だ。俺らとは別の生...
小説の書評と感想

「ライオンのおやつ」 小川糸

余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。 そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。 毎日をもっと大切にしたくなる物語 33歳の海...
小説の書評と感想

魔法使いが出る物語といえば?

最初に思い浮かんだのは「白のガンダルフ」という単語。(灰色の方が好きだけど)映画『ロードオブザリング』の長い髪長い髭の長いローブの姿は神々しいまでに魔法使い!『指輪物語』じたいは幻想的な冒険譚で、魔法もあるけど魔法使いの物語というイメージで...
小説の書評と感想

居酒屋ぼったくり 秋川滝美

『居酒屋ぼったくり』を読んでみた。内容はとっても売れ線。下町の小さな居酒屋で看板娘は二人姉妹。てやんでえ系爺さんや気のいい兄ちゃんやらの常連さんとの気安いやりとり。そこにあらわれたデキる男っぽい謎の男(のちに要:かなめという名前が判明する)...
小説の書評と感想

陸王

陸王著者 池井戸潤新たな知識を求めてこの本と出逢う。足袋を製造する伝統の会社での立て直しが始まる。今の時代廃れる産業もあれば、輝く産業もある。どのような人生を送るのか、そのためにどのような会社で働くのかとても大切なことである。そこが定まら...
小説の書評と感想

季刊同人歌誌「Cocoon」Issue16を読む

 今月19日の記事、届いた5冊(2)で紹介した内、季刊同人歌誌「Cocoon」Issue16を作品中心に読み了える。 同・Issue15の感想は、先の3月29日の記事にアップした。  結社歌誌「コスモス」の若手歌人(1965年以降・生まれ)...
小説の書評と感想

”徳川公設市場で、380円のお値打ち「ひやむぎ」”

名古屋ナビさんの記事を読んで食べたくなったので、今日のお昼は公設市場で買った冷や麦。写真撮るの忘れたけど、美味しかった!お店だと一人前380円わたしは持ち帰り用生麺400グラム280円を購入しました。茹で時間3分。わたしは手際が悪いので、余...
小説の書評と感想

ぎっくり腰は労災にならない!?

会社で起こしたぎっくり腰ですが、 ちょろりと検索したところ、 労災はまず下りない!! 通常業務であっても!! 今回はまだ当日も動けたからよかったけども、 片付けの段階でこれだし、 次に盛大に腰グキってやったら嫌だな〜 とか...
小説の書評と感想

LaLa名作全話無料第4弾 津田雅美「彼氏彼女の事情」安孫子三和 「みかん絵日記」

LaLa鉄板名作全話無料配信企画のラストを飾るのは『彼氏彼女の事情』『みかん絵日記』がふう!……つ、強い……!龍虎相博つ。どちらから読むべきか、悩むビッグタイトル。どちらも、おもわず噴き出しちゃうギャグ、暗く悲しいシリアス、号泣必至の感動、...
小説の書評と感想

田舎大家流不動産投資術たった3年で家賃年収4700万円を達成した私の成功法則

田舎大家流不動産投資術たった3年で家賃年収4700万円を達成した私の成功法則著者 多喜祐介新たな知識を求めてこの本と出逢う。レッドオーシャンの都会より、ブルーオーシャンの田舎を狙い、これが不動産投資を始め、キャッシュフローを増やし、2年で...
小説の書評と感想

『雨の鎮魂歌』(沢村鐵)_書評という名の読書感想文

『雨の鎮魂歌』沢村 鐵 中公文庫 2018年10月25日初版 雨の鎮魂歌 (中公文庫) 北の小さな田舎町。中学校の生徒会長・一村が遺体で見つかった。警察の捜査が難航する中、同級生の徹也は友人の古館の様子がおかしいことに気づく。や...
小説の書評と感想

学研「最新デジタル一眼 超入門」を読む

 今月23日の記事、入手した5冊を紹介する(5)より、学研カメラムック「最新デジタル一眼 超入門」Kindle Unlimited版を、タブレットで読み了える。  リンクでは、2012年・刊と書いたが、奥付けには2014年1月、ver.1、...
小説の書評と感想

実家の間取りの変遷 薪で沸かしたお風呂とかボットン便所の思い出

今住んでるのはごく一般的なマンションなので、間取りもふつう。なので実家の間取り(一階部分)を描いてみました。どの部屋が何畳あったか広さとかわかんないのでだいたいの間取りです。初期バージョン(わたしが子どもだった昭和末期)が右現在が左(現在の...
小説の書評と感想

好きなことを好きな時に好きな場所で好きなだけー

好きなことを好きな時に好きな場所で好きなだけー〝私〟を発信したら人生変わったー著者 宮本佳実新たな知識を求めてこの本と出逢う。世の中にはいろんな人生があります。その中でこの人が選んだのが「好きなことを好きなときに好きな場所で好きなだけする...
小説の書評と感想

葛原妙子・歌集「朱霊」を読む

 砂子屋書房・刊の「葛原妙子全歌集」(2002年)より、第7歌集「朱霊」を読み了える。 第6歌集「葡萄木立」は、先の5月5日の記事にアップした。リンクより、関連過去記事へ遡れる。  全歌集の函の表の写真を再び挙げる。 「朱霊」は、1970年...
小説の書評と感想

ももこの宝石物語 さくらももこ

宝石の話は読んでいるだけでワクワクする。宝石は好きだ。宝飾店で見るのも好きだし展示会や美術館で眺めるのも楽しい。真贋の見分けもつかないし、知識も無いけど。宝石にまつわる逸話や、宝石をめぐる物語も好き。ホープダイヤ、真珠の首飾り、インドの星…...
小説の書評と感想

腰ピキ②

自己回復力に頼るつもりが、 腰が痛くて座れなくなった ので 病院へ行ってきました。 受付の「お掛けください」がこんなに辛いの初めてだよ 結果、 初の立ち診療の、初ぎっくり腰。 薬とか湿布とか処方されて、 「最...
小説の書評と感想

SDGs投資資産運用しながら社会貢献

SDGs投資資産運用しながら社会貢献著者 渋澤健新たな知識を求めてこの本と出逢う。 『SDGs投資』とは、持続可能な開発目標の事。これを、コモンズ投信の渋澤さんが教えてくれる。直接面会しなくても本を通して学ぶ事ができる、これは非常に有意義...
小説の書評と感想

『メガネと放蕩娘』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『メガネと放蕩娘』山内 マリコ 文春文庫 2020年6月10日第1刷 メガネと放蕩娘 (文春文庫) 実家の書店に暮らしつつ市役所勤めをするタカコ。突然、十年前に家出した妹ショーコが妊婦姿で帰ってきた。寂れた商店街に衝撃を受けたシ...
小説の書評と感想

かん吉「ブログ・ブランディング」Kindle Unlimited版を読む

 昨日の記事、入手した5冊を紹介する(5)より、かん吉のブログ本「ブログ・ブランディング」Kindle unlimited版を読み了える。概要の1部は、リンクでご覧ください。  僕は彼のブログ本、「人気ブロガー養成講座」、「ブログ運営×集客...
小説の書評と感想

空飛ぶスパゲッティモンスターの成り立ちとかなんとか

スパモン教についてあまりにも不親切な記事を書いてしまったので、補足します。このブログ恒例のざっくり説明です。スパモン教の福音書が『反進化論講座』と銘打っているせいで進化論を否定する宗教思想だと思われるのも尤もなことですが、違います。ボビー・...
小説の書評と感想

腰ピキ

職場にて。 ずいぶんサボってた片付けをちょいちょいやろうと思ったけど 鈍ってたのもあって 段ボール持ち上げたら 腰痛い… 載せたかった棚が思ったより高かったんだよな… 己の回復力に頼るよ、頑張れ自分。 Source: 小...
小説の書評と感想

医者が教えるサウナの教科書

医者が教えるサウナの教科書ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?著者 加藤容崇新たな知識を求めてこの本と出逢う。サウナが一流のビジネスマンに選ばれるのは心身ともに『ととのえる』事が出来るから。これが結論でした。何故、サウ...
小説の書評と感想

入手した5冊を紹介する(5)

 最近に入手した5冊を紹介する。Kindle Unlimited本4冊(共にタブレットにダウンロード済み)と、受贈本1冊で、差し当たりの支払いはない。 学研ムック「最新デジタル一眼超入門」。2012年・刊。99ページ。 最近にデジタル一眼カ...
小説の書評と感想

崩壊するアメリカ巻き込まれる日本2016年、新世界体制の成立  ~違う価値を学びたい方へ~

崩壊するアメリカ巻き込まれる日本2016年、新世界体制の成立著者 ベンジャミン・フルフォードマレーシア航空機撃墜事件の真相、ISISの本当の正体……表のニュースを見ているだけでは分からない世界の真実を活写。そして明かされる、ワシントンD.C...
タイトルとURLをコピーしました