小説の書評と感想

小説の書評と感想

マンガParkで全話無料公開 LaLa名作第一弾 成田美名子CIPHER木原敏江「摩利と新吾」

やったー!!花とゆめに続き、LaLaの鉄板名作8作品全話無料企画がスタートゥす!!成田美名子「CIPHER」と木原敏江「摩利と新吾」が、本日6月5日から11日まで白泉社のアプリ、マンガParkで全話無料公開される。コミックナタリー第一弾は成...
小説の書評と感想

三浦哲郎「冬の雁」を読む

 三浦哲郎の短編小説集「冬の雁(がん)」を読み了える。 三浦哲郎の作品では、昨年12月8日の記事にアップした、エッセイ集「おふくろの夜回り」以来である。  居間の文庫本棚より、読む本を探しているといると、三浦哲郎の「百日紅の咲かない夏」も目...
小説の書評と感想

ローソンで鬼滅の刃コラボのカフェラテとねずこ竹パンを買った

ローソンが鬼滅の刃コラボやってるってんで散歩がてら行ってきた。コンビニコーヒーはセブンカフェしか飲んだことなかったけど、ローソンのマチカフェは店員さんが作って手渡してくれるんだね。セルフサービスじゃない!不器用で挙動不審なわたしにとっては店...
小説の書評と感想

『オブリヴィオン』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『オブリヴィオン』遠田 潤子 光文社文庫 2020年3月20日初版 オブリヴィオン (光文社文庫) 苦痛の果てに、希望は見えるか。小説の、渾身の一撃! 「本の雑誌が選ぶ2017年度ベスト10」 第1位の話題作、ついに文庫化! ...
小説の書評と感想

合本2冊を製本

 市内の出版社、宮本印刷に依頼して、合本2冊を製本してもらった。 合本作製は、同じ宮本印刷で、昨年4月26日の記事、「福井県詩人懇話会会報」以来である。リンクでは、写真が消えていて、申し訳ない。  所属する結社歌誌「覇王樹」の去年、2019...
小説の書評と感想

図書館再開 学校再開

図書館が再開したのでさっそく行ってきた。館内の座席は利用不可、滞在時間は30分以内……などなど、制限付きの部分開館ではあるけれど、図書館の中に入れるだけでなんだか幸せ。マスクして自転車漕いで汗だくになったけど幸せ。人気もまばらな図書館は静寂...
小説の書評と感想

ONE版ワンパンマン 更新 126話 127話 128話

ONE版ワンパンマン 更新されてました。2日前!6月1日!クゥ〜 気付くのの遅れたー!!第126話第127話第128話2020年6月1日 126話・127話・128話話更新 ネオヒーローズ活躍の巻。ウェブマガジン創刊号が無料公開!今ならお得...
小説の書評と感想

西東三鬼・句集「変身」を読む(2)

 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、句集「変身」の後半、2回めの紹介をする。文庫本で、196ページ~272ページである。 同(1)は、先の5月29日の記事にアップした。  この句集には、10年間の1,073句が収められており、2回に分...
小説の書評と感想

dポイントで2冊を買う

 妻が先日、ドコモのスマホの機種変更をし、契約も替えた。それでdポイントが3,000ポイント入り、これまでと合わせて、4,100ポイントを越えた。dポイントを妻は僕に使わせてくれたので、本を買う事にして、書店・KaBoS二の宮店へ向かった。...
小説の書評と感想

星空のディスタンス

ALFEEファンのみなさま、申し訳ありませんでした……星屑……じゃないですよね。星屑はロンリネス、わたしのやることは論理ネス……ディスタンスは星空、星空の下でした。youtubeまで貼り付けておいて気づかないって!!どこに目をつけてんでしょ...
小説の書評と感想

ジム・ロジャーズ 大予測―激変する世界の見方著者 ジム・ロジャース

ジム・ロジャーズ 大予測―激変する世界の見方著者 ジム・ロジャース新しい知識を求めてこの本と出逢う。『危険』が生じた後に『機会』が生じる。ジム店ロジャースは語る。だからこそ、コロナ危機は変化点となる。ジム・ロジャースはよくこんな言葉を知っ...
小説の書評と感想

『サロメ』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『サロメ』原田 マハ 文春文庫 2020年5月10日第1刷 サロメ (文春文庫) 頽廃に彩られた十九世紀末のロンドン。病弱な青年だったビアズリーはイギリスの代表的作家で男色家のワイルドに見いだされ、『サロメ』 の挿絵で一躍有名画...
小説の書評と感想

定道明・短編集「ささ鰈」を読む

 県内にお住まいの詩人・作家・評論家である、定道明さんより贈られた、短編小説集「ささ鰈」を読み了える。 被贈は、先の5月28日の記事にアップした。リンクには概要を少し書き、関連過去記事へ遡れるので、ご覧ください。  2020年6月1日、編集...
小説の書評と感想

人は、なぜ他人を許せないのか? 著者 中野信子

人は、なぜ他人を許せないのか?著者 中野信子新たな知識を求めてこの本と出逢う。結論からすると、そもそも人間の脳は誰かと対立することが自然であり、対立するように言ってきているのです。最近「正義中毒」が増えています。我こそが正義と確信した途端...
小説の書評と感想

ソーシャルディスタンス…ディスタンス……星屑のディスタンス!?

ソーシャルディスタンス(社会的距離)ソーシャルディスタンスソーシャルディスタンスディスタンス……あれ?どっかで聞いたことあるような?……星屑のディスタンス!?ディスタンス、めちゃくちゃ聞いたことあった!え?てことは「星屑のディスタンス」って...
小説の書評と感想

6月カレンダー3種

 2020年の6月の初日、6月のカレンダー3種を紹介します。 5月カレンダー3種の記事は、5月1日にアップしました。 プロ・マンガ家、インスタグラマー(フォロワー・3万4千人越え)、あんこと麦とのブロガー等としてご活躍の暁龍さん(あかつきり...
小説の書評と感想

40代から深く生きる人、浅く生きる人 著者 松尾一也

40代から深く生きる人、浅く生きる人著者 松尾一也新たな知識を求めてこの本と出逢う。40代こそ、人生を楽しまなければならない。深く生きる人は、この世の中の生きづらさを感じており、浅く生きる人はあきらめてしまっている。この違いは大きい。人生...
小説の書評と感想

子供の頃していた雨の日の遊びある?

みんなの回答を見る防水性がゼロに近い布の靴で水たまりにばしゃー! ばっちゃん、ぐっちゃん!じゃばぐちゃじょばー!と踏みしだきます。すると入り込んだ雨水で靴の中が水没くつ下濡れそぼって ぐっしょりになります。その状態で歩くとがぼっじゅぽっがぼ...
小説の書評と感想

カイタイ新書 -何度も「買いたい」仕組みのつくり方- 著者 中川悠

カイタイ新書-何度も「買いたい」仕組みのつくり方-著者 中川悠新たな知識を求めてこの本と出逢う。モノ余りの時代だからこそ、工夫が必要になってくる。ピータードラッカー氏はマネージメントと言う著書で語る。「マーケティングの理想は、セールスを...
小説の書評と感想

リンク実験

自分のブログ以外のリンクはどうなるのかな?アメブロスタッフブログアメーバスタッフ『【改善のお知らせ】記事内リンクのカード化表示について』いつもAmebaをご利用いただきましてありがとうございます。Amebaプロダクトマネージャーの田熊です。...
小説の書評と感想

結社歌誌「覇王樹」6月号が届く

 5月28日に、所属する結社の歌誌、「覇王樹」2020年6月号がゆうメールで届いた。 6月1日・付け刊、34ページ。 通常の記事の他、100周年記念祝賀会の来年11月への延期、誌上全国大会の企画、等が報された。 同・5月号の感想は、今月3日...
小説の書評と感想

人はなぜ税を払うのか超借金政府の命運 著者 浜矩子

人はなぜ税を払うのか超借金政府の命運著者 浜矩子新たな知識を求めてこの本と出逢う。税金に関しては昔からいろいろ言われている。しかし税金があるからこそ今の日本が成り立っていると言うのは間違いない。ただその税金を払っているのが富裕層なのか、...
小説の書評と感想

”アメブロ新機能!リンク先がカードっぽくなるんだって”

はい、スマホです。左手で持ち、右手の人差し指でぽちぽちしてます。過去記事をどうやって呼び出したらいいのかわかりません。スマホ版のブラウザでGoogleだしてこんな本を読んだ(このブログのタイトル)を検索…Googleが見つけてくれた過去記事...
小説の書評と感想

アメブロ新機能!リンク先がカードっぽくなるんだって

アメーバからのお知らせで知った新機能を使ってみる。過去記事をリンクするとカードみたいになるらしいぞ!白夜行 謎の考察 ネタバレあれ?カードにならない。なんで?もっかいスタッフブログを確認……【改善のお知らせ】記事内リンクのカード化表示につい...
小説の書評と感想

「年刊句集 福井県 第58集」を読む(7)

 福井県俳句作家協会・編の「年刊句集 福井県 第58集」より、7回めの紹介をする。 同(6)は、今月26日の記事にアップした。  今回は、敦賀地区(敦賀市、美浜町)、若狭東地区(三方郡、三方上中郡)、若狭西地区(小浜市、おおい町、高浜町)に...
小説の書評と感想

ほろ苦い青春小説・・・「紳士と淑女のコロシアム 競技ダンスへようこそ」

「紳士と淑女のコロシアム 『競技ダンス』へようこそ」を読みました。著者の二宮敦人氏の大学時代の競技ダンス部の様子を、1年生に入学して部活に勧誘されるところから始まり、4年生で部活が終わるまでの話と、10年後に当時の関係者に話を聴きにいったと...
小説の書評と感想

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第1刷 合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 (講談社文庫) 上水流涼子 (かみづる・りょうこ) は弁護士資格を剥奪された後、頭脳明晰な貴山を助手に探偵エージェン...
小説の書評と感想

ていっ

新型コロナ関連に関するいろんなニュース、ことがことだけに向き合きあい過ぎると憂鬱になる。シャレにならない。それはそうなんだけど、正直、不謹慎なんだけど笑っちゃう(笑うしかない?)ニュースもある。その中のひとつがあぶり出されたガチの人たち。感...
小説の書評と感想

西東三鬼・句集「変身」を読む(1)

 角川ソフィア文庫「西東三鬼全句集」より、第5句集「変身」の前半を紹介する。 第4句集「今日」は、今月25日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡れる。  句集「変身」は、1962年2月、角川書店・刊。その4月1日に、癌のため62歳で...
小説の書評と感想

2020年5月の旦那弁当記録 夏のお弁当は食中毒が怖い

5月は在宅勤務の日が多くてお弁当の日が少なかった。なんと、6回しか作ってない。どこにも出かけてないから実感がないけど5月はゴールデンウィークもあったからね。ゴールデンウィークは毎日家族で桃太郎電鉄してたなあ。20年バージョンやったら初めて見...
タイトルとURLをコピーしました