小説の書評と感想

小説の書評と感想

10月カレンダー、3種を紹介します

 2020年の10月の初日、10月のカレンダー3種を紹介します。 9月カレンダー3種の記事は、9月1日にアップしました。 プロ・マンガ家、インスタグラマー(フォロワー・3万7千人越え)、あんこと麦とのブロガーとして、またTwitter、Yo...
小説の書評と感想

ノートパソコンスタンドを買ったら、涼しくなってしまった

この夏、zoomのイベントに参加することが多く、長時間zoomにつないでいると、接続が不安定になったりPCの動作が怪しくなったりしていました。ノートパソコンの背面にさわってみると、かなり熱くなっており、このせいでは?というアドバイスをもらい...
小説の書評と感想

『夫の骨』(矢樹純)_書評という名の読書感想文

『夫の骨』矢樹 純 祥伝社文庫 2019年4月20日初版 夫の骨 (祥伝社文庫) 昨年、夫の孝之が事故死した。まるで二年前に他界した義母佳子の魂の緒に搦め捕られたように。血縁のない母を 「佳子さん」 と呼び、他人行儀な態度を崩さ...
小説の書評と感想

2020年9月の弁当記録 旦那弁当 中学生弁当 小学生弁当

今日で9月ラストー!てことでお弁当記録です。9月最終日は夫、娘1、娘2、3人分のお弁当が必要でした。そんな今朝のお弁当。オシャレ感イマドキ感ゼロ。ひじき、レンコンのきんぴら、煮卵、焼き鳥、って昭和か。カニカマがちょっとハイカラ?ハイカラって...
小説の書評と感想

岩波文庫2冊を買う

 この8月30日に、勝木書店駅前本店が、約60年の歴史に幕を閉じた。在庫の岩波文庫、岩波新書は(岩波書店は買い切り制なので)、同店の新二の宮店に移されると、新聞記事にあった(僕は新聞を読まないので、妻が切り抜き箇所を残してくれる)。 しばら...
小説の書評と感想

悲しむ人がいるよでは止まらない

自分が自分であると認識してから信頼できるなと思った人は片手で足りるくらいで血族?親族?家族?には信頼できる人がいないので身近な人に相談しましょうは空論でしかないし死んだらみんな悲しむよ、とかいうだけの人たちは死ぬまで何もしないよ、といってい...
小説の書評と感想

ミライヲウム 著者 水沢秋生

ミライヲウム著者 水沢秋生新たな知識を求めてこの本と出逢う。「好きな人に触れると、未来が見えてしまう」。こんな宿命を持った主人公の悲しき体質の話でのスタート。好きな女性の体に触れるとその人の未来が見えてしまう。見える未来が明るい未来であれ...
小説の書評と感想

2020/10/01酒税法改正! 日本酒やビールは値下げ ワインや第3のビールは値上げ

明後日、2020/10/01から酒税法改正でお酒の税金が変わります。それによりお酒の値段が変わります。お酒が好きな人は要チェックや!(彦一)今年の10月、2023年の10月、2026年の10月……と段階をふんで税率をまとめていく方針のようで...
小説の書評と感想

ブログのタイトルとドメインが変わりました

出典:Pexels- Ketut Subiyanto お知らせ ブログのタイトルとドメインが変更となりました。 タイトル 旧:読書感想BLOG 新:neputa note ドメイン 旧: 新: これまで、目的別に複数のブログを書いていたの...
小説の書評と感想

セブの成功者が教えるゼロからお金持ちになる法 人生大逆転! 著者 寺田章

セブの成功者が教えるゼロからお金持ちになる法 人生大逆転!著者 寺田章新たな知識を求めてこの本と出逢う。事業を成功させるカギは、「どれだけ多くの人を自分のビジネスに巻き込めるか」と言うことに尽きる。そして持たざる者が多くの人を巻き込んで...
小説の書評と感想

文庫本36冊を電子書籍化

 思い立って、文庫本36冊を電子書籍化してもらう事にした。検索で調べて、未来〇〇が良さそうだった。前のブログ「サスケの本棚」を調べると、2011年7月以来である。  8月24日に申し込み(「ゆっくり」で15営業日内・納品、1冊200円)、8...
小説の書評と感想

ニトリの働き方 著者 似鳥昭雄

ニトリの働き方著者 似鳥昭雄新たな知識を求めてこの本と出逢う。「お値段以上」、このフレーズが頭に残るイメージであるニトリ。ニトリの考え方として「世の為、人のために行動する」このような考え方を持ってニトリは会社経営されています。またロマン...
小説の書評と感想

書く瞑想「ジャーナリング」のための「マインドフルネスダイアリー 2021」

「マインドフルネスダイアリー 2021」を買いました。zoomで行われている「朝のマインドフルネス」に毎朝参加しているのですが、こちらを主催している荻野淳也さん監修の手帳です。ジャーナリング=書く瞑想の効果としては、自分が今置かれている状況...
小説の書評と感想

感動して涙することもある

この世界は豊潤だ。嬉しいことも悲しいことも、残酷なことも、無償の愛も、溢れている。やりきれないニュースに苦しくなっても、わたしは『半沢直樹最終回』で笑う。ああ面白かった、と笑う。そんな自分を許してもいいと思ってる。嫌なことってある。落ち込む...
小説の書評と感想

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月10日第1刷 そして、バトンは渡された (文春文庫) 幼い頃に母親を亡くし、父とも海外赴任を機に別れ、継母を選んだ優子。その後も大人の都合に振り回され、高校生の今...
小説の書評と感想

開高健「私の釣魚大全」を読む

 「開高健 電子全集」特別限定無料版より、エッセイ「私の釣魚大全」の初めを読む。 同書より、「ベトナム戦記」前半を読む、は今月22日の記事にアップした。  僕は文春文庫の開高健「私の釣魚大全」決定版を持っている。後期を含めて、334ページで...
小説の書評と感想

「風神雷神 Juppiter,Aeolus」 原田マハ

20××年秋、京都国立博物館研究員の望月彩のもとに、マカオ博物館の学芸員、レイモンド・ウォンと名乗る男が現れた。 彼に導かれ、マカオを訪れた彩が目にしたものは、「風神雷神」が描かれた西洋絵画、天正遣欧使節団の一員・原マルティノの署名が...
小説の書評と感想

一茶「七番日記」(上)を読む(4)

 岩波文庫の一茶「七番日記」(上)より、4回めの紹介をする。 同(3)は、今月13日の記事にアップした。 今回は、文化9年正月~6月の半年分、219ページ~280ページの62ページである。ただし6月の中に、文化10年10月分11月分が、記さ...
小説の書評と感想

長時間座っていても疲れないクッション

オンラインの会議やテレワークで、長時間パソコンの前に座っていると、臀部が痛くなりませんか?私は痩せている方なので、坐骨の部分が椅子にあたって痛くなったりします。いろいろなクッションを過去に試しましたが、今回はゲルクッションを買い換えました。...
小説の書評と感想

マンガPark『ベルセルク』39巻まで『デトロイトメタルシティ』全巻無料読み放題スタート!

やったー!!『ベルセルク』〜39巻まで『デトロイト・メタル・シティ』全巻が無料で読めるぞー!!ガッツとクラウザーさんが読み放題なんて、ステキな秋の夜長になりそう。どっちもDeathでアレなかんじの作品なので清廉に生きている方にはおススメでき...
小説の書評と感想

入手した3冊を紹介する(11)

 最近に入手した3冊を紹介する。 季刊同人歌誌「COCOON」Issue17が、同・会より送られてきた。 同・Issue16の感想は、先の6月27日の記事にアップした。  Issue17は、2020年9月15日・刊、89ページ。 同人は、結...
小説の書評と感想

アメブロのブログ記事を読み漁ってる日々

ネット中毒でアメブロ依存症かもしれないわたしは、毎日毎日山ほどいろんな人のブログを読んでます。読書以上にブログ読みも雑食です。最近いいなあと思って見ているのは蒐集物系。石とか貝とか古物とかアーティストのコレクション。まったく知識がないので何...
小説の書評と感想

『るんびにの子供』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『るんびにの子供』宇佐美 まこと 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 るんびにの子供 (角川ホラー文庫) 近づくのを禁止された池で、4人の園児たちは水から上がってくる少女を茫然と見つめていた。後にその女の子を園でも見かける...
小説の書評と感想

葛原妙子・歌集「をがたま」を読む

 砂子屋書房「葛原妙子全歌集」(2002年・刊)より、しまいの歌集「をがたま」を読み了える。 先行する「鷹の井戸」は、先の8月29日の記事にアップした。  葛原妙子は、1981年(74歳)に季刊歌誌「をがたま」を創刊したが、視力障害のため1...
小説の書評と感想

「梅崎春生全集」第4巻より(3)「砂時計」(3)

 沖積舎「梅崎春生全集」第4巻より、小説「砂時計」の3回め、しまいの紹介をする。 同(2)は、先の7月14日の記事にアップした。  今回は、149ページ~222ページの、74ページ分を読んだ。 栗山佐助は、夕陽養老院の臨時書記という事で、八...
小説の書評と感想

地下鉄車道駅近く 鶏そば 天翔

オープン直後から通りすぎるたびに気になっていたお店に行くことが出来ました。『鶏そば 天翔』大好きな濃厚鶏白湯ラーメンのお店です。期待に胸踊る〜!!全乗せ鶏そば900円レアチャーシューが4枚、海苔2枚、長い細切りメンマたくさん、ネギ、ナルト、...
小説の書評と感想

『毒母ですが、なにか』(山口恵以子)_書評という名の読書感想文

『毒母ですが、なにか』山口 恵以子 新潮文庫 2020年9月1日発行 毒母ですが、なにか (新潮文庫) 16歳で両親が事故死し孤児となったりつ子は、絶縁状態だった父の生家・財閥の玉垣家に引き取られる。贅沢な生活を送りながらも常に...
小説の書評と感想

大大吉

恒例の健康診断。1ヶ月前に申し込みが必要。年内には行くべきなんだけど太り過ぎてて躊躇している。ちょっとでいいから痩せてそれから申し込もうと思っているうちにさらに太っている。毎年諦めて申し込んでいる。諦めがつくまでうだうだしてギリギリになって...
小説の書評と感想

「ウンガレッティ全詩集」より詩集「喜び」を読む

 筑摩書房「ウンガレッティ全詩集」より、詩集「喜び」を読み了える。 1988年・刊、河島英昭・訳。514ページ。函がヤケている。 2011年12月に、所蔵している記録があるのみなので、ブログ「サスケの本棚」開始の2007年以前に古本を購入し...
小説の書評と感想

オブジェクト指向のこころ アラン・シャロウェイ&ジェームズ・R・トロット

概要 本書は、オブジェクト指向パラダイムを有効にするためのデザインパターンの中から、重要度の高いものを厳選し、解説しています。その際、要求における流動的要素や、要求の変化という観点から、さまざまな事例について丁寧な考察を行うことによって、...
タイトルとURLをコピーしました