小説の書評と感想

小説の書評と感想

9月生まれ レベル44到達 次のゾロ目は55歳

9月のどこかが誕生日。Amebaさんからもお祝いをいただきました今年も子どもがプレゼントしてくれた紙皿年齢が明記されてるケーキ(絵)自分で自分のためにイラスト描いたリングフィットアドベンチャーでスクワットを指定されるたびにソファに座ってごま...
小説の書評と感想

月の写真

8月夜道を歩いていたら月がとても明るかった夏の夜ぬるい空気の中時おり吹く風の思いがけない冷たさに秋の訪れを感じた Source: 小説
小説の書評と感想

『新装版 人殺し』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『新装版 人殺し』明野 照葉 ハルキ文庫 2021年8月18日新装版第1刷 新装版 人殺し (ハルキ文庫 あ 18-4) 本郷に住むフリーライターの野本泰史は、近所の洋食屋 「琥珀亭」 に足繁く通っている。独身の泰史は、最近店の...
小説の書評と感想

鬼滅の刃 アニメ総集編 柱合会議・蝶屋敷 2021/09/23 夜7時から放送

柱が勢揃いする柱合会議はホントに最高だよね〜初見では「なんだこいつら…ヤベェ……」でしかなかったけど、最終話まで読んでファンブックも読んだあとでは納得しかない。むしろヤベェのはたんじろだったわ。柱合会議もイイけど、女装むざんさまのパワハラ会...
小説の書評と感想

このライブ配信動画がスゴイ!コロナ禍がもたらしたライブ配信の新しいカタチ【日記】

目次 Photo by:Jesus Loves Austin on Unsplash コロナ禍による音楽業界への打撃 2020年の始まりと共に襲来...
小説の書評と感想

コロナ禍がもたらした無観客・配信ライブの新しいカタチ【日記・音楽】

目次 Photo by:Jesus Loves Austin on Unsplash コロナ禍による音楽業界への打撃 2020年の始まりと共に襲来...
小説の書評と感想

聖闘士星矢ハリウッド映画化!星矢は新田真剣佑

2023年公開予定だって!やばい……めちゃくちゃ楽しみ!!!新田真剣佑が星矢かー!カッコ良すぎて笑える〜マッケンなら体格もアクションもハリウッド映えしそう。とはいえ、車田アッパーカットやってどがーんグシャァ!でいいんだけどね!むしろあんまり...
小説の書評と感想

今日は十五夜

8年ぶりの満月の十五夜だそうだけど、残念なお天気です久しぶりにお絵かきさねみんなお月さま不死川実弥要素が傷くらいしかないようなまあいいや描きたいようにかいただけさ〜今日は月見えてる?見えないね〜名古屋は曇り空ですさっきまで雨が降ってたよ▼本...
小説の書評と感想

いつもの脳内(毒親デスノート)

当ブログの閲覧回数が多いのが毒親シリーズなので、やっぱり皆様同じように毒親に苦しんでいらっしゃるんだなと再確認した次第でございます。うちは母が毒です。その親も毒なのかもしれないけどもそこまで追いかける元気ない。ごくたまーに父親には会いますが...
小説の書評と感想

かぼちゃだんご 

かぼちゃだんご北海道の郷土料理らしいです大きなかぼちゃがまるっと一個かぼちゃの煮物かぼちゃサラダいつものメニューに飽きて検索したら北海道の郷土料理で柔らかく蒸したかぼちゃと片栗粉だけでできるめちゃウマおやつがあると知ったかぼちゃを煮物みたい...
小説の書評と感想

徳川美術館 刀剣乱舞コラボ

散歩したらこんなんあった刀剣乱舞、だって徳川園徳川美術館は刀剣のコレクションが揃っているので、たまに銘品を展示してくれます。そんなこんなでコラボしてたみたいですね。ただ、わたしが気づいたときには刀剣展示終わってました。刀剣乱舞パネルだけ飾っ...
小説の書評と感想

「うそをつく子」 トリィ・ヘイデン

ジェシーは笑顔のかわいい九歳の少女。だが日常的にうそをつき、思いどおりにならないと暴力をふるう。 両親に見放されて里親のもとを転々とするジェシーに下りた診断は、「愛着障害」だった。児童心理学者のトリイが彼女のセラピーを担当することにな...
小説の書評と感想

ワルイコあつまれ Eテレ7時25分

 今日はもうバッチリ予約したから大丈夫!NHKプラスにも登録したんですけどね〜まんまと術中にハマってしまったわ Source: 小説
小説の書評と感想

『三千円の使いかた』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『三千円の使いかた』原田 ひ香 中公文庫 2021年8月25日初版 三千円の使いかた (中公文庫) 知識が深まり、絶対 「元」 もとれちゃう 「節約」 家族小説! 垣谷美雨絶賛! - この本は死ぬまで本棚の片隅に置いておき、自分...
小説の書評と感想

木村拓哉いぶし銀のキムタク映画!マスカレードホテル(ネタバレ感想注意)

『鬼滅の刃』総集編を見た流れでそのまんま『マスカレードホテル』もみた。面白かった〜!小ネタがいっぱいあって楽しい映画。原作は読んでない。2時間ドラマとかでもそうだけど、こういうミステリーもので実写だと、配役で犯人がわかっちゃうのがどうにもア...
小説の書評と感想

ペルソナ5所感②(フタバパレス突入前)※ネタバレ祭り

カモシダパレスは鴨志田のゲス具合がちゃんとゲスだったから主人公一味といっしょになって進めたんだけどもここのところ、竜司の暴走が目に余る。とにかく騒がしいし謝らないし反省しない。正義の押し付けすさまじい。毎度毎度同じテンションで騒がれても学習...
小説の書評と感想

鬼滅の刃 第4夜 那田蜘蛛山 2021/09/19 夜7時からフジテレビ

ねずこの爆血、すごく美しくてちょいエロっぽくて素敵よね。もっと活躍してくれるかと思ったけど、戦闘ではあんまり使わなかったね。夢の縄切ったり派手柱を火葬するのに役立ったけどね〜完結まで読むとルイルイのむざんさまからの贔屓っぷりが際立つ。お気に...
小説の書評と感想

鬼滅の刃 第3夜 鼓屋敷 2021/09/18 夜7時から

先週に引き続き、土日連続鬼滅の刃の夜ですね!我が家では7時スタートに備え、家族が順次5時過ぎからお風呂に入って夜ご飯食べて正座待機です。みんなで応援するよ!せーの南南西!次は〜南南西〜〜ってね(それはカラスだ)彼の一人称が小生(しょうせい)...
小説の書評と感想

カップヌードルスーパー合体シリーズ食べ比べておいしさランキング

日清カップヌードル合体シリーズ全種類 4種食べ比べてみました!塩+ノーマル 欧風チーズカレー+チリトマト豚骨+みそシーフード+カレー塩+ノーマルしょっぱいカップヌードルノーマルぼんやりした味どっちつかずぶっちゃけまずい欧風チーズカレー+チリ...
小説の書評と感想

ペルソナ5所感①(フタバパレス突入前)※ネタバレ祭り。

ペルソナラブな友人がいるので誘われてみた。ペルソナ5無印プレイ中。個人的にはのんびりRPGが好きなのです。ドラクエとかテイルズとか、一つのダンジョンをちょっとずつ何回も挑んで、ちょっとずつ確実に強くなっていくのを楽しむひと。だから運要素強い...
小説の書評と感想

山岸凉子作品がとうとう電子書籍化!か、買っちゃうかも…

わたくし、電子コミックスは毎日読んでるけど課金はしたことがありません。完全無課金です。無料公開部分を読んだり、ポイントやら宣伝動画視聴やらでちまちま読んでます。そこで気に入った漫画は紙の書籍を本屋さんにて買い求めるというスタイルです。……が...
小説の書評と感想

予想と結果”今日はアメトーークマンガ大好き芸人第2弾”

 紹介されるかも?と予想した漫画 『ワンオペjoker』『不滅のあなたへ』『さよならキャンドル』『チェンソーマン』『舞妓さんちのまかないさん』『リサの食べられない食卓』『親愛なる僕へ殺意を込めて』『恋のツキ』『ホームルーム』予想はまったくの...
小説の書評と感想

『トリニティ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『トリニティ』窪 美澄 新潮文庫 2021年9月1日発行 トリニティ (新潮文庫) 織田作之助賞受賞、直木賞候補 今を生きるすべての女性に捧ぐ 著者の新たな代表作仕事、結婚、男、子ども。私はすべて手に入れたい。欲張りだと謗られて...
小説の書評と感想

今日はアメトーークマンガ大好き芸人第2弾

今日はアメトーークマンガ大好き芸人の第2弾だよ!めっちゃ楽しみ!前回の見て、『北北西に曇とゆけ』大人買いしちゃったのはわたしです。これは完全にノーマークだったなあ。北北西に曇と往け 1-5巻セット (ハルタコミックス)Amazon(アマゾン...
小説の書評と感想

今日は競馬の日

馬券、買ったことある?ある!一回だけ。競馬場に行って、1,000円ぶん買った。勝ったり負けたりで、差し引きプラマイゼロだったかな。入場料ぶんはマイナス。 入場料が300円だったような。20年前の記憶…かなり曖昧模糊。パドックだっけ?出走前の...
小説の書評と感想

今日はAmeba17周年の日

あなたにとって思い出のブログは?それって自分の記事で?他人のブログ?よそ様のブログだと、いなくなってしまった人で印象深いブログはいくつかある。ゴリララミーさんとか、双月さんとかね。仲良くしてもらってたし、ブログ記事の内容もヨカッタし。いつか...
小説の書評と感想

好きなものを楽しめるってありがたいことよね

好きなものは好きなのです!今楽しんでるのはサンホラ様。2007年のRoman。テンションめちゃくちゃ上がる。10年くらい前の死にたい期に出会って、救ってもらった人たち。Stardust。♬おそろいーね わたしーたーち♪じまんぐの圧と抜け感が...
小説の書評と感想

『エリザベスの友達』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『エリザベスの友達』村田 喜代子 新潮文庫 2021年9月1日発行 エリザベスの友達 (新潮文庫) あの頃、私たちは自由を謳歌していた。九十七歳、認知症の初音さんはいま天津租界での夢のような日々を再び生きる。戦後、命からがら娘と...
小説の書評と感想

「魔眼の匣」 今村昌弘

その日、“魔眼の匣"を九人が訪れた。 人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。 彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。 外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が...
小説の書評と感想

ワルイコあつまれ 再放送も見逃したー!

新しい地図の3人のバラエティー番組、ワルイコあつまれが今日の朝と夜(再放送)にやっていた…てことを、今知ったー!!再放送もおわっとる!しょっく見たかった…!俳優の稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるNHK Eテレの新番組『ワルイコあつまれ』が...
タイトルとURLをコピーしました