ビジネス書の書評と感想

ビジネス書の書評と感想

『イルミネート:道を照らせ。』ナンシー・デュアルテ、パティ・サンチェス・著 vol.4487

【リーダーのためのストーリーテリング技法】 <リーダーの(すなわちあなたの)役割は、共感に満ちたコミュニケーションに Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

【メモ】今月の「Kindle月替わりセール」(16年10月)

【はじめに】◆今日お送りするのは、月初恒例の「Kindle月替わりセール」の11月分。 今月は10月より微増で138作品あるものの、Kindle Unlimited対象作品が63冊に増えてしまったので、それらを除いた冊数では、先々月...
ビジネス書の書評と感想

【その3】第二折り返し~フィニッシュ(東京トライアルハーフマラソンレースレポート)~2016年の湘南国際マラソンでサブ4完走を目指す!~

(前回まで) 10kmの通過が51分51秒という僕にとっては自己ベストの快調なペースで走り続けておりました。 そして、第二折り返しを回り、レースは後半に! 果たして、この快調なペースを続けることができるのでしょうか? 今回は第二折り返しから...
ビジネス書の書評と感想

「あんな「お客(クソヤロー)」も神様なんすか? 「クレーマーに潰される! 」と思った時に読む本」菊原 智明claim

【私の評価】★★★★★(92点) ■トヨタホームでクレームに苦しみ、  しつこいお客様を避け、  後輩と愚痴を言い続けていた著者は、  典型的なダメ営業マンでした。  クレームによって  寝れない夜を過ごし、  食べ物がのどを通...
ビジネス書の書評と感想

『物流ビジネス最前線』

「物流の今を知ることは、経済の今を知ること」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、神奈川大学経済学部教授で、日通総合研究所で交通・物流に関する国内・海外の調査プロジェクトに従事する齋 … 続...
ビジネス書の書評と感想

【企画】『「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす』布川 郁司

『「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす』布川 郁司 「おそ松さん」の企画術 ヒットの秘密を解き明かす 作者: 布川郁司 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2016/07/26 メディア: 単行本(ソフトカバー) ...
ビジネス書の書評と感想

近刊:ビジネスと人を動かす 驚異のストーリープレゼン 人生・仕事・世界を変えた37人の伝え方

ビジネス...
ビジネス書の書評と感想

『「言葉にできる」は武器になる。』梅田悟司・著 vol.4486

【比喩能力がこれで一気に上がる】 コピーライティングの本も、雑談の本も、もう出尽くしたと思っていましたが、やはりある Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

【働き方】『有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に』冨山和彦

有名企業からの脱出 あなたの仕事人生が〝手遅れ〟になる前に 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げた1冊。 著者の冨山和彦さんが、雑誌『ゲーテ』に連載していた「それ、会社病ですよ」から、その本質...
ビジネス書の書評と感想

【その2】スタート~第二折り返しまで(東京トライアルハーフマラソンレースレポート)~2016年の湘南国際マラソンでサブ4完走を目指す!~

(前回まで) 完走すれば抽選で10名に東京マラソンの出走権が得られるという東京トライアルハーフマラソンの号砲がなりレーススタート! 僕は45秒のタイムロスでスタートラインを超えました。 果たして、僕のレースぶりはどんなものだったのでしょうか...
ビジネス書の書評と感想

「火花」又吉 直樹

【私の評価】★★★★☆(80点) ■不器用な芸人の僕が、  破天荒な先輩芸人の  弟子となったお話しです。  不器用な芸人の僕って  又吉さんのことじゃないの、  と感じました。  なぜなら、不器用な僕は、  先輩から伝記を...
ビジネス書の書評と感想

『日本買い 外資系M&Aの真実』

「外資による対日投資は、資本だけでなく、人材、知識、海外市場へのアクセス等を受け入れるチャンスでもあります。」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、郵政省(現・総務省)、OECD出向 … 続...
ビジネス書の書評と感想

淫行条例と禁酒法―AV女優が綺麗になった理由

今回、議論したいことは、以前、元ライブドア(現LINE株式会社)CEOで事業家の堀江貴文さんとの対談で、話題になったことである。対談の内容は有料メルマガのほうを見ていただきたいのだが、ここでその要旨を述べておこう。 『週刊金融日記 第17...
ビジネス書の書評と感想

資料をどうやって作るか?『世界のトップを10秒で納得させる資料の法則』三木雄信

『世界のトップを10秒で納得させる資料の法則』三木雄信  世界のトップを10秒で納得させる資料の法則 作者: 三木雄信 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/05/01 メディア: 単行本   本の目次 業...
ビジネス書の書評と感想

『ビジネス英語の敬語』浅見ベートーベン・著 vol.4485

【ビジネスで使うべき英語の敬語表現とは?】 一年間、ニューヨークで暮らして気づいたことは、やはり一流のビジネスパーソ Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

【マーケティング】『日本人はこれから何にお金を落とすのか?』坂口孝則

日本人はこれから何にお金を落とすのか? (幻冬舎plus+) 【本の概要】◆今日ご紹介するのは、先日の「未読本・気になる本」の記事で取り上げたマーケティング本。 「幻冬舎plus+」という電子書籍オンリーのシリーズの作品ゆえ、Kind...
ビジネス書の書評と感想

「一路(上・下)」浅田次郎

【私の評価】★★★★★(90点) ■江戸末期、実家の火事で父を亡くし、  父の跡を継いで江戸への参勤交代を  指揮することとなった一路さんの物語です。  実家の出火は家の断絶にも相当する過失。  もしも参勤交代で不手際があれば...
ビジネス書の書評と感想

『頑張らない英単語記憶法』とは?

「脳の仕組み」と「英語の性質」の2つのポイントを押さえて無理なく英単語を覚えるコツを伝授してくれる本があります。     本日紹介するのは、イングリッシュ・ドクターとして、英語が上達しない原因を根本か … 続...
ビジネス書の書評と感想

【メモ】明日終了するKindleセールまとめ【「月替わりセール10月分」】

Kindle Advert on the London Underground / TheCreativePenn 【はじめに】◆本日2本目の記事は、明日10月31日で終了予定のKindleセールの「終了前日ランキング」。 今回対象と...
ビジネス書の書評と感想

安倍政権の際立つ政治的安定性と日本株上昇(金融日記 Weekly 2016/10/21-10/28)

TOPIX: 1392.41, +2.0% (1w), -10.0% (YTD)Nikkei225: 17446.41, +1.5% (1w), -8.3% (YTD)S&P500: 2126.41, -0.7% (1w), +4....
ビジネス書の書評と感想

『世界を変える100の技術』日経BP社・編 vol.4484

【2017年以降注目の技術は?】 今月ご紹介した本のうち、実用面で「読むべき本」のトップ2は、おそらく『ライフシフト Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

【最大50%OFF】「『幻冬舎plus』3周年キャンペーン」開催中!

【はじめに】◆今日も朝から、開催中のKindleセールのご紹介を。 ……連日Kindleネタばかりで恐縮なのですが、予定としては夕方に「終了前日ランキング」も投稿するツモリという。 さて、先週金曜日に開始されたKindleセールの...
ビジネス書の書評と感想

『本を読んだ人だけがどんな時代も稼ぐことができる』

「行動力をさらに向上させたければ、やはり読書をすることだ。」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、損害保険会社、大手経営コンサルティング会社を経て独立し、「タブーへの挑戦で、次代を創 … 続...
ビジネス書の書評と感想

【最大50%ポイント還元!】「ニコニコカドカワ祭り 2016」の非公式分を集めてみました!

Kindle / distillated 【はじめに】◆本日2本目の記事は、開催中のKindleセールのご紹介を。 今朝の記事の編集後記で触れたように、現在「ニコニコカドカワ祭り 2016」の非公式セール(?)が行われているようです。...
ビジネス書の書評と感想

『起きてから寝るまで英語表現700』 吉田研作・監修、荒井貴和、武藤克彦・著 vol.4483

【1日の流れを全部英語で。】 「存在は知っていたけれどもちゃんと読んでいなかったシリーズ」、本日ご紹介するのは、『起 Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

『実践・快老生活-知的で幸福な生活へのレポート』

「歳をとってみないとわからないことがある。」として、86歳にして到達した「人生の至福」についての最終結論を書いた本があります。     本日紹介するのは、40年前にベストセラー『知的生活の方法』(講談 … 続...
ビジネス書の書評と感想

才能?努力?『超一流になるのは才能か努力か?』目的のある練習の大切さ

才能か努力か?この話は、かなり昔からある話ですよね。 遺伝か努力か?という話も同じような話でしょう。 結論的に書いてしまえば、両方でしょうし、環境なども関係しているというのはありますね。 つまりは、すべてが大切になってくる。 しかし、本書を...
ビジネス書の書評と感想

『職場の理不尽に怒らずおだやかに働く技術』横山信治・著 vol.4482

【怒りを抑える技術】 「怒りには、百害あって一利なし」。 土井もこれまでの人生で、怒りを露わにしたために、チャンスを Source: ビジネス書①
ビジネス書の書評と感想

「ダメなときほど運はたまる」萩本 欽一

【私の評価】★★★★★(90点) ■萩本 欽一さんは、仕事先で  決して遊ばないらしい。  仕事でハワイに行っても、  仕事の跡でゆっくり  家族を読んで遊んだりしない。  なぜなら、  仕事中に遊びの運を使えば、  不運が...
ビジネス書の書評と感想

『「接続詞」の技術』

「書きたいことがすらすら書けるようになる、接続詞の技術がある」と提唱している本があります。     本日紹介するのは、国立国語研究所教授で一橋大学連携教授の石黒圭さんが書いた、こちらの書籍です。 &n &#82...
タイトルとURLをコピーしました