書評総合

書評総合

法と道徳の境界:リクライニングと横断歩道

 このところ、ぼんやりしていると、いつの間にか、法と道徳の臨界について考えている自分がいる。難しい話ではない。具体的な2つの事例で書いてみたい。 1 飛行機や長距離列車の座席の背もたれを自由に倒してよいか? 飛行機や長距離列車の座席の背もた...
書評総合

「なぜかお金が貯まる人」の 10の小さな良い習慣

お金は大切だ。 日本では昔から「お金にガツガツしている人はみっともない」という考え方がある。 だが、これを真に受けて「お金なんかどうでもいいや」と思って生活してはいけない。 お金は大事なものなのだとハッキリ自覚して生きるべきだと僕は思ってい...
書評総合

引き篭もりは楽しい

今週末は外出自粛の二日間。 もともと予定も入れていなかったので、いつもどおりの引き篭もりデイズが続く。 引き篭もりビジネス、これからどんどん流行るだろうね。 //pagead2.googlesyndication.com/pagead/j...
書評総合

『週刊文春 3/26日号』を買ったのは、どういう人たちなのか?

 『週刊文春』3月26日号。森友問題で自殺した職員の手記はコロナ渦で揺れる市民の心を大きく揺さぶるものでした。大きな話題を呼んだこの1冊の週刊誌は発売2日目で「完売」となっています。 この『週刊文春』はどんな方に読まれたのでしょう。 ...
書評総合

「犬と勇者は飾らない」あまなっとう オーバーラップ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはあまなっとうさんの「犬と勇者は飾らない」です!ストーリー B内容は、中学一年生の夏、幼馴染みの女の子に告白し見事に振ら...
書評総合

生きる悪知恵

質問に対して答える形式ですべて書かれていますが、タイトル通り... Source: 読書ログ
書評総合

遺伝子が解く! 愛と性の「なぜ」 (文春文庫)

勝手にこういうタイプの本を女性が書くって珍しいなと思いながら... Source: 読書ログ
書評総合

富山の逆襲 (笑う地域活性本)

地元民として既知のことが多い。 それでも、歴史・文化の点か... Source: 読書ログ
書評総合

誰も置き去りにしない社会へ―貧困・格差の現場から

「生きる」っという基本的なところが危ういのが、今のこの国だと... Source: 読書ログ
書評総合

私の恋人 (新潮文庫)

Wikipediaの純文学で例示されていた作品。2回の生まれ... Source: 読書ログ
書評総合

今週のいただきもの:2020年3月22日週

真牡蠣の旬がそろそろ終わってしまいますね。生でも蒸しても焼いてもおいしい牡蠣ですが、先日、オイル漬けに目覚めました。作り方はビックリするほど簡単です。 Source: HONZ
書評総合

「いきなり!ステーキ」で「コーン」を「ブロッコリー」に無料で変更する方法

リーズナブルなお値段でがっつりステーキを食べたいときに利用する「いきなり!ステーキ」。 そんな「いきなり!ステーキ」に先日ランチに行ったときに、相席していた男性が面白いオーダーをしていた。 「トッピングのコーンをブロッコリーに変更で」。 え...
書評総合

令和2年3月28日土曜日

 暗がりのなかで時計を見たときは4時台だったが、もう6時は回っているだろうと思った。カーテンを少し開くと外は存外に明るい。が、昨日の天気予報どおり、曇りのようだ。外の気温は肌寒いくらいだろうかと気になり、軽装に着替えて家を出て、軽く体操をす...
書評総合

焼肉ホルモン 神田商店 大船店 訪問レポート 〜 コスパ良好の炭火焼肉店でハッピーアワー飲み!19時までメガハイボールが100円!! [大船グルメ]

JR大船駅の笠間口を出てすぐのところにある焼肉とホルモンのお店「焼肉ホルモン 神田商店 大船店」に行ってきたのでご紹介。 先日大船でたまたま見つけて気に入ったお店「大船ホルモンセンター」。 美味しいしコスパも良いのだが、メニューがホルモンの...
書評総合

引き篭もりのお供は「白い巨塔」(唐沢版)

僕は個人的にいつもと変わらない引き篭もりな日々だけど、周囲はちょっと騒々しい。 明日と明後日の週末は外出自粛の2日間となるそう。 僕もなんとなくその気になったりして。 まあ、その気になったってならなくたって、もともと引き篭もって執筆している...
書評総合

マンガでわかる チーズはどこへ消えた? Who Moved My Cheese?/スペンサー・ジョンソン、マンガ 松浦まどか、マンガ 多田あゆ実、シナリオ 星井博文

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)★迷路の中に住む、二匹のネズミと二人の小人。彼らは迷路の中でチーズを発見する。チーズは私たちの人生で追い求めるもののシンボルである。ところがある日、チーズが消えてしまった! ネズミたちは本能のま...
書評総合

いま起こっていることの「本当の意味」を考える習慣 [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! 世の中はコロナ一色で、生活にも微妙に制限がかかっている。とりあえず今週末の行動自粛の要請が出ているけれど、今週末だけで収束するわけがない。 昨夜ふと振り...
書評総合

だしの取り方

・だしの取り方 ・北大路魯山人 ・青空文庫  本書は、タイトルの通り、食道楽で有名な北大路魯山人が、食べ物にとって重要な「出汁」の取り方についての蘊蓄を述べたものだ。書かれているのは、「かつおぶしだし」と「昆布だし」の二つ。 ...
書評総合

『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』鎮痛薬が人々の命を奪う、恐るべき薬物汚染の実態

本書は、オピオイド禍の震源となったバージニア州西部のアパラチア地方で何が起きていたのかを、地元紙の記者だった著者が克明につづったドキュメントである。アメリカ社会をむしばむ恐るべき薬物汚染の実態を伝える一冊だ。 Source: HONZ
書評総合

今週のニュースはこれを読め!:2020年3月22日週

HONZ代表・成毛眞が気になったニュースをまとめてご紹介。今週のニュースはこれを読め! Source: HONZ
書評総合

「14歳とイラストレーター8」むらさきゆきや MF文庫J

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのはむらさきゆきやさんの「14歳とイラストレーター8」です!前巻の記事↓ストーリー A内容は、姉の京華の弟子である海老名水...
書評総合

君に恋をするなんて、ありえないはずだった そして、卒業 (宝島社文庫)

 あとがきにもあるように上下巻の下巻に当たる。  よって、... Source: 読書ログ
書評総合

つながりの作法―同じでもなく 違うでもなく (生活人新書 335)

まさに、今の時代に読むべき本。 表面的なつながりばかりで汲... Source: 読書ログ
書評総合

世界で一番美しい海のいきもの図鑑

まさに大自然の神秘の力としか、言いようがない。 形、色、大... Source: 読書ログ
書評総合

小さな生きものたちの不思議なくらし

甲斐さんの絵本は、素晴らしい。 思わず、惹き込まれる魅力が... Source: 読書ログ
書評総合

「空気」を読んでも従わない: 生き苦しさからラクになる (岩波ジュニア新書)

日本独特の世間と世界共通の社会。 ここを認識できるだけで、... Source: 読書ログ
書評総合

東京都と隣接4県での不要不急の外出の自粛の、この時点の感想

 昨日26日、小池東京都知事は、隣接する4県、神奈川、埼玉、千葉、山梨の知事とともに市民社会に向け、人混みへの不要不急の外出自粛を要請した。 私はどう思ったか。まあ、週末は気温も下がり雨模様なので最後の桜を楽しむといった天候でもないから、お...
書評総合

「だれかに話したくなる本の話 新刊JP」にかもめ通信さんの『ラボ・ガール 植物と研究を愛した女性科学者の物語』の書評掲載!

だれかに話したくなる本の話 新刊JP(2020年3月27日の記事)に、かもめ通信さんの『ラボ・ガール 植物と研究を愛した女性科学者の物語』のレビューが掲載されました! 新刊JPの記事 新刊JPは本にまつわるさまざまな情報や役立つ知恵・...
書評総合

「だれかに話したくなる本の話 新刊JP」にゆうちゃんさんの『恐るべき子供たち』の書評掲載!

だれかに話したくなる本の話 新刊JP(2020年3月24日の記事)に、ゆうちゃんさんの『恐るべき子供たち』のレビューが掲載されました! 新刊JPの記事 新刊JPは本にまつわるさまざまな情報や役立つ知恵・知識を音声、テキスト、動画などの...
書評総合

ヒトはなぜ太るのか?そしてどうすればいいか

ヒトはなぜ太るのか。たくさん食べるから?運動しないから?脂っこいものを食べるから? そのどれもが正しくないとしたら、あなたは驚くだろうか。 今日紹介するのはゲーリー・トーベス氏著、「ヒトはなぜ太るのか?そしてどうすればいいか」という本。 ...
タイトルとURLをコピーしました