書評総合

書評総合

まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~

・まおゆう魔王勇者~丘の向こうへ~ ・峠比呂、(原作)橙乃ままれ ・チャンピオンREDコミックス この私のものとなれ!勇者よ!!  断る!!(1巻pp6-...
書評総合

『宮沢賢治の真実』 文庫解説

宮沢賢治の真実 ―修羅を生きた詩人 (新潮文庫) 作者:今野 勉 出版社:新潮社 発売日:2020-03-27 きっかけはいつも不意に訪れる。人生とはどうやらそ...
書評総合

『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争』(藤原書店) – 著者: 速水 融 – 鹿島 茂による書評

『日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争』(藤原書店) 著者:速水 融 日本を襲ったスペイン風邪 ×月×日 新型コロナ・ウイルスのパンデミックで思い出すのは横浜南郊で酒屋をやっていた祖...
書評総合

『良き統治――大統領制化する民主主義』(みすず書房) – 著者: ピエール・ロザンヴァロン – 宇野 重規による解説

『良き統治―ー大統領制化する民主主義』(みすず書房) 著者:ピエール・ロザンヴァロン 私たちは、選挙で代表者を選ぶだけの「一日限りの主権者」でいいのだろうか? 現在、政治指導者に権力が集中する「民主主義の大統領制化」が進んでいるのではない...
書評総合

EU離脱

EU離脱 (ちくま新書)posted with ヨメレバ鶴岡 路人 筑摩書房 2020年02月05日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★付箋数:23これまで3度延期され、混迷していた、いわゆるブレグジット問題。しかし...
書評総合

天久鷹央の推理カルテIII: 密室のパラノイア/知念実希人

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)密室殺人。犯人は、病気(アイツ)だ。呪いの動画によって自殺を図った女子高生。男性に触れられた瞬間、肌に異常をきたす女性。そして、密室で溺死した病院理事長の息子……。常識的な診断や捜査では決して真...
書評総合

脳の老化を99%遅らせる方法 疲れを脳にため込まない37の新習慣

著者の語りかけるような文章から人柄が伝わってきます。 ... Source: 読書ログ
書評総合

教育格差: 階層・地域・学歴 (ちくま新書 (1422))

ここ最近言われている教育格差についてというより、様々なデータ... Source: 読書ログ
書評総合

本の本: 夢眠書店、はじめます

本好きのアイドルさんが、本屋の開店を目指して業界のあちらこち... Source: 読書ログ
書評総合

冬の旅人

読んだのは文庫本の上巻。明治時代の女の子が画家を目指してロシ... Source: 読書ログ
書評総合

【月間】書評記事アクセスランキング(2020年3月版)

こんにちは! 書評ブロガーの米山智裕(@tomo_yoneyama)です。 この記事では、毎月恒例となる「書評記事月間アクセスランキング」をお届けします。 2020年3月に紹介した書籍は、15冊(2020年通算53冊)となりました^^ ...
書評総合

【「本屋大賞2020」候補作紹介】『流浪の月』――世間から受け入れられないふたりが織りなす「新たな人間関係」とは

Source: アエラ書評
書評総合

ブログ「更新」で「新しい記事の公開」以上に大切なこと

「ブログ更新」と「新規記事の公開」は同じ意味ではない ブログに記事を書いて公開することを、「ブログを更新する」という言い方をすることが多いです。 そして多くの人は、「ブログを更新する」とは、新しい記事を公開することを意味すると思っているので...
書評総合

クリーンミート 培養肉が世界を変える

培養肉によって食糧革命は起こるのか 現在、動物の細胞から人工培養でつくる食肉をつくる研究が進んでいる。近い将来、人口増加により、食肉の需給が逼迫する食糧問題に対して、1つの解決策となる培養肉の開発… Source: ブックビネガー
書評総合

『短篇集ダブル サイドA』(筑摩書房) – 著者: パク・ミンギュ – 都甲 幸治による書評

『短篇集ダブル サイドA』(筑摩書房) 著者:パク・ミンギュ ガンの宣告を受ける。もう助からないという。田舎町からソウルに出て大学に行き、就職して、結婚もせずに十五年間ひたすら頑張ってきた。ならば自分は何のために生きてきたのか。休職し故郷...
書評総合

ドラえもんを本気でつくる

ドラえもんを本気でつくる (PHP新書)posted with ヨメレバ大澤 正彦 PHP研究所 2020年02月17日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★付箋数:24  「私の夢は、ドラえもんをつくる  ことです。...
書評総合

聖ペテロの雪

【信頼できない語り手による不思議な物語】  主人公は医師で... Source: 読書ログ
書評総合

ポール・デルヴォー 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕 (シュルレアリスムと画家叢書 骰子の7の目)

【虚空を見つめる大きな目と無言のささやき】  シュルレア... Source: 読書ログ
書評総合

2020年、冬アニメ感想(書きかけ)

 一時期よりアニメは見なくなったが、2020年の冬アニメもいくつか見ていたので、簡単に感想を。 『PSYCHO-PASS サイコパス 3 FIRST INSPECTOR』 これは冬アニメと言っていいのかよくわからないが、『PSYCHO-PA...
書評総合

【書評:1639冊目】Word最強時短仕事術(高田天彦)

【時短は読み手のためにやる!】 テクニカルライター・高田天彦氏が、『Word最強時短仕事術』と題して、3つの基本方針を示しながら、時短・効率化を実現するワードを活用した文書作成テクニックを解説する一冊。 rakuten_design="sl...
書評総合

4月前半の注目ライトノベル

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)さて、今回は4月前半発売のオススメライトノベルを紹介していきます!これまでは月単位で紹介していましたが、時代の流れもありラノベ系ユーチューバーが前後半に分けてオススメラノベ紹介しているので…長い物には巻かれて流行...
書評総合

あなたのための誘拐

これまでの知念さんの医療系と違い、初のミステリであり誘拐もの... Source: 読書ログ
書評総合

教養として読んでおくべき本

2 :風名し 我が闘争 2020/04/01(水) 15:44:35 ID:0w4xTnlS0.net .article-body a { font-weight:bold; text-decoration:underline; }...
書評総合

花妖譚

日本の国民的作家 司馬遼太郎が新聞記者時代に福田定一の名で発... Source: 読書ログ
書評総合

週末カフェで猫とハーブティーを (スターツ出版文庫)

この作者さんの作品が好きでほとんどしない作家買いのうちの1冊... Source: 読書ログ
書評総合

コロナの影響を逆手に取って引き篭もりを強めた3月から さらに引き篭もって発信を研ぎ澄ませたい4月へ [公開月次レビュー &デザイン]

2020年3月の月次レビューと4月の月次デザイン。 先月の月次レビュー&デザイン記事にもコロナウイルスの影響のことを書いていた。 3月も引き続きコロナウイルスの影響を受けた一ヶ月だった。 ただ個人的には個人コンサルを再開でき、さらに今まで苦...
書評総合

イマジン?/有川ひろ

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)想像力は、あるかい? 憧れの映像制作の現場に飛び込んだ、良井良助(27歳)。聞き慣れない業界用語が飛び交う現場に戸惑う日々だが、そこは現実と物語を繋げる、魔法の世界だった。「必死で知恵絞って想像...
書評総合

たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング(MarkeZine BOOKS)

マーケティングで大切な考え方と戦略 スマートニュースでマーケティングを担当する著者が、顧客から考えるマーケティングの手法を紹介している一冊。マーケティングで大切な考え方や手順が書かれています。 … Source: ブックビネガー
書評総合

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで

・ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで ・スティーヴン・W. ホーキング、(訳)林一 ・ハヤカワ文庫NF  本書は、車いすの天才と言われて、2018年に亡くなられたホーキング博士の語る宇宙論である。 ...
書評総合

『水洗トイレは古代にもあった〈新装版〉: トイレ考古学入門』(吉川弘文館) – 著者: 黒崎 直 – 黒崎 直による自著解説

『水洗トイレは古代にもあった〈新装版〉: トイレ考古学入門』(吉川弘文館) 著者:黒崎 直 トイレ考古学 扉ひらく ―全国の遺構をまたにかけ、排泄の文化史を洗い出す― 今も昔も人は皆、排泄(はいせつ)をする。だから古代の遺跡にもその痕跡は...
タイトルとURLをコピーしました