書評総合

書評総合

『ドン・キホーテ讃歌―世界文学練習帖』(東海大学出版会) – 著者: 室井 光広 – 野谷 文昭による書評

『ドン・キホーテ讃歌―世界文学練習帖』(東海大学出版会) 著者:室井 光広 読みの名手の論考を一冊に 著者独特の遠近法によって甦る作家や作品 室井光広は読みの名手である。同じ本を読んで引用するにしても、実にうまい例を見つけてくるものだと思...
書評総合

はんなりギロリの頼子さん 3

・はんなりギロリの頼子さん 3 ・あさのゆきこ ・徳間書店  主人公は新堂頼子という美人だが、ギロリと人をにらみつけると、相手は怖くて怯む。しかし、このギロリとにらみつけることを別にすれば、基本的には優しく面倒見がいい。ちなみ...
書評総合

AIなんか怖くない(ような気がする)『スマートマシンはこうして思考する』

自動運転、アルファ碁、IBMのワトソンなど。魔法のように見えるスマートマシンはどのように「思考」しているのだろうか。その開発の歴史を追いながら、「思考」の方法を解説していく。なるほどすごい、けど、そうでもない、という気がしてくるはず。ちょっ...
書評総合

食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~

食べる投資 ~ハーバードが教える世界最高の食事術~posted with ヨメレバ満尾正 アチーブメント出版 2019年12月03日楽天ブックスAmazonKindle満足度★★★付箋数:21あなたは、最高のパフォーマンスを発揮できる「頭」...
書評総合

尾花 訪問レポート 〜南千住 東京のうなぎ「東の横綱」へ!!ふわっふわの鰻に大悶絶!! [東京グルメ]

荒川区の南千住にあるうなぎの名店「尾花」に行ってきたのでご紹介。 尾花は東京の鰻屋さんの中でも名店と言われ、東京の東の横綱とも言われる有名店だ(ちなみに西の横綱は麻布飯倉の「野田岩」)。 僕は尾花に初めて行ったのはまだ20代後半のころだから...
書評総合

夜がどれほど暗くても

2020/3/18 Source: 読書ログ
書評総合

カルシウム & マグネシウム 〜 不足しがちなミネラルを ナウフーズ社のサプリで毎日補給!!

僕が毎日飲んでいるサプリの一つ、ナウフーズ社のカルシウム & マグネシウムのご紹介。 カルシウム&マグネシウム 250錠(海外直送品) ...
書評総合

不死症 (実業之日本社文庫)

 実際のところ、ゾンビ映画は所謂B級映画というやつで、低予算... Source: 読書ログ
書評総合

タカタレムノス Lemnos North Clock 〜 海街らしい鮮やかなブルーが美しい掛け時計を購入!!

タカタレムノス Lemnos North Clockという掛け時計を購入したのでご紹介しよう。 鎌倉の海街に引っ越してきて、ずっとリビング用の掛け時計を探していた。 なかなかぴったり気に入るものと出会えず、時計なしのまま生活していた。 今回...
書評総合

弁護士ダニエル・ローリンズ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

元夫の再婚が決まりどん底真っただ中の弁護士ダニエル・ローリン... Source: 読書ログ
書評総合

リーダーの覚悟――TRY×TRY×TRY

印象に残った言葉: ・「疲れた」と言うから疲れるんだ ... Source: 読書ログ
書評総合

言葉の品格

言葉の品格。 今、まさに、これまで以上に大切になってきてい... Source: 読書ログ
書評総合

微妙な寝不足と高温多湿10kmランで消耗しビールが美味かった

2020年6月3日(水)の日記。 このところ理想的な早寝ができているんだけど、目が覚めるのも早い。 今朝は5時に目が覚めて、そのまま起きてしまった。 前の日も微妙に寝不足気味で、大丈夫かと思ったが、高温多湿の中10km走ったら一気に消耗して...
書評総合

夏は変化の季節 [note]

noteの継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」、新作を公開しました! 「去年の夏は激動で本当に大変だったなぁ」と振り返っていたら、ふと気付いた。 僕に起こる大きな変化は、夏に起こることが多い。 写真やブログで遡ると、なるほ...
書評総合

人間心理を徹底的に考え抜いた「強い会社」に変わる仕組み

自社のビジネスモデルと強みにあった組織戦略が必要 「企業理念」を実現するのは人である。自社の強みである「コア・コンピタンス」を考え、進化させるのも結局は人である。だからこそ、この2つを強化するための組織戦略の「仕組み」「制度」、それに伴う「...
書評総合

恐怖のバイオレンス vs 心理サスペンス『人生論 あなたは酢ダコが好きか嫌いか:女二人の手紙のやりとり」

『九十歳。何がめでたい』の佐藤愛子さんと、発達障害であることを公表しておられる小島慶子さんの往復書簡。内容は、夫婦、世の中、人生。中でも圧巻は夫婦についてである。甲斐性者のお二人は(たぶん)愛を持って夫に尽くされる。ただし、かたや佐藤さんは...
書評総合

日本企業の勝算―人材確保×生産性×企業成長

日本企業の勝算―人材確保×生産性×企業成長posted with ヨメレバデービッド・アトキンソン 東洋経済新報社 2020年03月27日楽天ブックス楽天koboAmazonKindle満足度★★★★付箋数:25先進国の中で「SINKING...
書評総合

40歳からの適応力/羽生善治

◆本の内容(amazon.co.jpより引用)「不惑」を迎えた名人が著す、生き方処方箋。◆感想 将棋の羽生善治さんの本です。 40歳を迎えたときの羽生さんの考え方や感じ方について書かれています。 将棋の知識がなくても大部分は読めるはずです。...
書評総合

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)

シリーズ7作目にして最終巻。 購入してから大分経ちましたが... Source: 読書ログ
書評総合

コスタノバ(Costa Nova)タンブラー 3色 〜 ポルトガル製 手作りのいびつさが可愛らしい大型タンブラーを購入

コスタノバ(Costa Nova)というポルトガル食器ブランドのガラスのタンブラーを色違い3つ購入したのでご紹介。 先日同じコスタノバ(Costa Nova)のマグカップを3色色違いで購入して、すごく気に入って使っている。 マグカップの紹介...
書評総合

「オトギロワイヤル 長靴を履いた猫vs桃太郎」幹 講談社ラノベ文庫

どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは幹さんの「オトギロワイヤル 長靴を履いた猫vs桃太郎」です!ストーリー A内容は、童話オタクの凛堂幸也は時間があれば童...
書評総合

物事は意志の力に頼らない方が上手くいく [YouTube]

最新のYouTube動画を公開しました! 「自分は意志が弱くて物事を成し遂げることができない」と嘆いている人を見かけます。 でも僕は、物事を成し遂げるのには意志の力はほとんど必要ないと思っています。 というか、むしろ、物事を成し遂げたいなら...
書評総合

【全15冊】書評ブロガーの未読本&積ん読本リスト(2020年6月3日分)

こんにちは! 書評ブロガーの米山智裕(@tomo_yoneyama)です。 この投稿では、『書評ブロガーの未読&積ん読本リスト』をお届けします^^。 「こんな本が出版されたんだ!」などと参考にしていただければ嬉しいです。 書店に並ぶ...
書評総合

鳩の撃退法 下 (小学館文庫)

題名からは全く想像できない内容の小説だった。時間軸がくるくる... Source: 読書ログ
書評総合

オタサーの姫殺人事件(1) (マガジンエッジKC)

 「オタサーの姫」とは、ヲタク系サークルは大抵男所帯なわけで... Source: 読書ログ
書評総合

特別定額給付金の申請用紙が届き、Zoomで継続個人コンサルと打ち合わせ

2020年6月2日(火)の日記。 東京都の感染者数が増えて「東京アラート」なるものが宣言されたとのこと。 「アラート」って、英語やコンピュータに親しい人には分かるけど、一般の方には知られていない言葉じゃないかな?と思ったり。 「東京アラート...
書評総合

ブログの記事数を「減らして」ページビューを上げる [ブログ術]

今日はブログの記事数についてのお話しです。 ブログは書くたびに新しい記事を新規作成していくもの、と考える人が多いと思います。 僕も去年までは完全にその考えでした。 むしろ、一度公開した記事に手を加えるのは良くないこと、くらいに思っていました...
書評総合

村上春樹のファミリーヒストリーとは? 父との思い出や関係性を初めて綴ったエッセイ

Source: アエラ書評
書評総合

「香港獨立」という表記の意味合い

 明日は、六四天安門事件という呼称からわかるように、1989年6月4日、北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた市民に北京政府が軍を向けて虐殺を行った記念日である。北京政府下に置かれた香港警察は1日の時点で、天安門事件の追悼集会を...
書評総合

『ヴァインランド』(新潮社) – 著者: トマス ピンチョン – 星野 智幸による書評

『ヴァインランド』(新潮社) 著者:トマス ピンチョン 「時」を取り戻す裏返しの歴史 十一世紀、スカンディナヴィア半島のヴァイキングたちは、北アメリカ大陸の東岸、のちのニューイングランド付近をしばしば訪れ、そこを葡萄の豊かな地「ヴィンラン...
タイトルとURLをコピーしました