drecom honndananotak

小説の書評と感想

「ブレイクニュース」 薬丸岳

ある目的のため、女はひとり、立ち上がった。 ユーチューブで人気のチャンネル『野依美鈴のブレイクニュース』。 児童虐待、8050問題、冤罪事件、パパ活の実情などを独自に取材し配信。マスコミの真似事と揶揄され、誹謗中傷も多く、中には訴え...
小説の書評と感想

「やさしい猫」 中島京子

シングルマザーの保育士ミユキさんが心ひかれたのは、八歳年下の自動車整備士クマさん。 出会って、好きになって、この人とずっと一緒にいたいと願う。 当たり前の幸せが奪われたのは、彼がスリランカ出身の外国人だったから。 大きな事件に見舞...
小説の書評と感想

「小説8050」 林真理子

このままでは我が子を手にかけ、自分も死ぬしかない――。 従順な妻と優秀な娘にめぐまれ、完璧な人生を送っているように見える大澤正樹には秘密がある。 有名中学に合格し、医師を目指していたはずの長男の翔太が、七年間も部屋に引きこもったまま...
小説の書評と感想

「うそをつく子」 トリィ・ヘイデン

ジェシーは笑顔のかわいい九歳の少女。だが日常的にうそをつき、思いどおりにならないと暴力をふるう。 両親に見放されて里親のもとを転々とするジェシーに下りた診断は、「愛着障害」だった。児童心理学者のトリイが彼女のセラピーを担当することにな...
小説の書評と感想

「魔眼の匣」 今村昌弘

その日、“魔眼の匣"を九人が訪れた。 人里離れた施設の孤独な主は予言者と恐れられる老女だ。 彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。 外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた直後、予言が...
小説の書評と感想

やっと見られた! 6面シアター☆彡

簡単な工作も大好きなわたしは、「ミライ」が届いてすぐにはりきってハコスコを作りました わぁー楽しみ ・・・ところが、30th L’Anniversary VR Museum が見られません android 8以上なら見られる...
小説の書評と感想

「インドラネット」桐野夏生

平凡な顔、運動神経は鈍く、勉強も得意ではない――何の取り柄もないことに強いコンプレックスを抱いて生きてきた八目晃は、非正規雇用で給与も安く、ゲームしか夢中になれない無為な生活を送っていた。 唯一の誇りは、高校の同級生で、カリスマ性を持...
小説の書評と感想

「ドンナビアンカ」 誉田哲也

虫けら同然の人生で、初めて落ちた本気の恋。それは俺に心からの幸福と、地獄を招いた――。 大手外食企業役員と店長が誘拐された。 練馬署強行犯係の魚住久江は、一課時代の腐れ縁・金本らと捜査に召集される。 だが身代金受渡しは失敗、切断さ...
小説の書評と感想

L’Arcafe 2021

ラルカフェ行ってきました。 (ホストクラブではありません) 映像は2011年幕張メッセの「20th L'Anniversary Starting Live “L'A HAPPY NEW YEAR!”」が流れてました。 10年前の...
小説の書評と感想

「魂手形 三島屋変調百物語七之続」 宮部みゆき

嘘も真実も善きも悪しきも、すべてが詰まった江戸怪談の新骨頂! 江戸は神田の三島屋で行われている変わり百物語。 美丈夫の勤番武士は国元の不思議な〈火消し〉の話を、 団子屋の屋台を営む娘は母親の念を、 そして鯔背な老人は木賃宿に泊ま...
小説の書評と感想

「灰の劇場」 恩田陸

大学の同級生の二人の女性は一緒に住み、そして、一緒に飛び降りた――。 いま、「三面記事」から「物語」がはじまる。 きっかけは「私」が小説家としてデビューした頃に遡る。それは、ごくごく短い記事だった。 一緒に暮らしていた女性二人が橋から...
小説の書評と感想

トリュフ塩ポテトチップス

これとっても大好き 止まらなくなっちゃうデビルフードだから、 いつもは一番小さいパッケージしか買わないのに ついつい誘惑に負けて ビックサイズに手が・・・ オリンピック見ながら運動した気になって食べ過ぎないようにしなければ。 ...
小説の書評と感想

「オムニバス」 誉田哲也

警視庁刑事部捜査一課殺人班捜査第十一係姫川班の刑事たち、総登場! 捜査は続く。人の悪意はなくらない。 激務の中、事件に挑む玲子の集中力と行動が、被疑者を特定し、読む者の感動を呼ぶ。 刑事たちの個性豊かな横顔も楽しい、超人気シリ...
小説の書評と感想

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人

名もなき町。ほとんどの人が訪れたこともなく、訪れようともしない町。 けれど、この町は寂れてはいても観光地で、再び客を呼ぶための華々しい計画が進行中だった。 多くの住民の期待を集めていた計画はしかし、世界中を襲ったコロナウイルスの蔓延...
小説の書評と感想

「血も涙もある」 山田映美

私の趣味は人の夫を寝盗ることです――妻と夫とその恋人。極上の“危険な関係”。 有名料理研究家の妻と、その10歳年下のイラストレーターで「魅力的」な夫。 ある日、妻の助手である一人の女が、夫の恋人となる。 はじめは、微妙なバランス...
小説の書評と感想

村上開新堂

いただきものです クッキーぎっしり。わかっていても開けるといつも驚きが 玉手箱みたい Source: 小説
小説の書評と感想

ラルク ランダム再生

サブスクでラルクのランダム再生、これ、何時間でも聴いていられるんですけど 全然飽きません。。。眠るタイミングがわからない。。。 わたしの再生履歴、Cry Baby、廻廻奇譚、Beautiful World・・・ラルクの他はアニメソングば...
小説の書評と感想

「女のいない男たち」再読

「ドライブ・マイ・カー」が西島秀俊主演で映画になるとのことで、久しぶりに読み返してみました すごく雰囲気のある短編だけど、これ1本で劇場映画になるのかなぁ・・・? 1時間のドラマだったら絶対見たいけど 短編集としては、「一人称単数」...
小説の書評と感想

はじめての IMAX

ちょっと諦めていましたが、やはりIMAX見たさと、「薄い本」欲しさに3回目のシン・エヴァに行ってきました 今日を逃したらもう見られない。。。 朝、思い立って間に合う映画館探したら、あった!待てって~ゴジラ! それにしても雨の平日な...
小説の書評と感想

「ムーンライト・イン」

だいじょうぶ。何かにつまずいた時、 あなたを待っている場所がある。 職を失い、自転車旅行の最中に雨に降られた青年・栗田拓海は、年季の入った一軒の建物を訪れる。 穏やかな老人がかつてペンションを営んでいた「ムーンライト・イン」には、年...
小説の書評と感想

アレクサに「ミライ」をかけて。何度でも。

L'Arc〜en〜Ciel の「ミライ」をリピート再生します。 と、淡々と答えてくれた。当たり前だけど teちゃんの作曲だったのね kenちゃんのドラマチックな曲がお気に入りだけど、 優しい響きの曲は、teちゃん作曲が多いかも ...
小説の書評と感想

虹を架けよう。何度でも。

"L'APPY BIRTHDAY!" 29日土曜日に幕張メッセまで行ってきました このご時世、個人的にはもうワクチン接種してるとは言え、 「コンサートに行くので早く上がります!」と、職場で公言するのはちょっと憚られ・・・ 仕事が終わっ...
小説の書評と感想

「一人称単数」 村上春樹

6年ぶりに放たれる、8作からなる短篇小説集 「一人称単数」とは世界のひとかけらを切り取る「単眼」のことだ。 しかしその切り口が増えていけばいくほど、「単眼」はきりなく絡み合った「複眼」となる。 そしてそこでは、私はもう私でなくなり...
小説の書評と感想

Red Swan

図書館もずっとお休みだったので、連休はAmazonプライムで進撃の巨人を最初から第75話まで見てました あらためて通しで見ると、壁の外に自由があると思っていた子供の頃の憧れが切ない オープニングもエンディングも飛ばさないで見てたけど、 S...
小説の書評と感想

「銀の夜」 角田光代

イラストレーター井出ちづる。夫は若い女と浮気をしている。嫉妬はまるで感じないがそんな自分に戸惑っている。 早くに結婚して母となった岡野麻友美。自分ができなかったことを幼い娘に託し、人生を生き直そうとする。 帰国子女で独身の草部伊都子...
小説の書評と感想

「お探し物は図書室まで」 青山美智子

お探し物は、本ですか? 仕事ですか? 人生ですか?  人生に悩む人々が、ふとしたきっかけで訪れた町の小さな図書室。 悩む人々の背中を、不愛想だけど聞き上手な司書さんが、思いもよらない本のセレクトと可愛い付録で、後押しします。 明日...
小説の書評と感想

「イマジン?」 有川ひろ

想像力は、あるかい? 憧れの映像制作の現場に飛び込んだ、良井良助(27歳)。 聞き慣れない業界用語が飛び交う現場に戸惑う日々だが、 そこは現実と物語を繋げる、魔法の世界だった。 「必死で知恵絞って想像すんのが俺たちの仕事だ」 やがて...
小説の書評と感想

「とわの庭」 小川糸

帰って来ない母を“とわ”は一人で待ち続ける。 何があっても、前を向いて生きる―。 草木や花々、鳥の声。生命の力に支えられ、光に守られて生き抜く“とわ”の物語 はじめは目の見えない少女と母親が寄り添って暮らしていく、 「ミ・ト・ン...
小説の書評と感想

「アルルカンと道化師」 池井戸潤

東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとに、とある案件が持ち込まれる。 大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版舎・仙波工藝社を買収したいというのだ。 大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて...
小説の書評と感想

「コロナと潜水服」 奥田英朗

ある理由で家を出た小説家が、葉山の古民家に一時避難。生活を満喫するも、そこで出会ったのは(「海の家」)。 早期退職の勧告に応じず、追い出し部屋に追いやられた男性が、新たに始めたこととは(「ファイトクラブ」)。 人気プロ野球選手と付...
タイトルとURLをコピーしました