小塚荘一郎『AIの時代と法』(岩波新書) 10点

書評総合
 今年始まった「仮面ライダーゼロワン」のテーマがAIであることからもわかるように、「AIが世界を変える」というのは人口に膾炙する話となっていますが、では、実際に社会はどのように変わるのでしょうか? AI以外にもさまざまな情報技術の発達と相まって、「第4次産業革命」とか「ソサエティ5.0」などの言葉が飛び交い、世界の姿が一変するようにも言われますが、同時に「出先からスマホでエアコンを動かすこと」や「スマートスピーカーに洗剤が切れたと話しかけると洗剤が届くこと」のどこに世界の変化があるのか? と思うこともあります。  本書は今後起こりうる世界の変化を「法」の観点から見ています。「法」と聞くと身構える人も多いでしょうが、「法」という固定された観点から見ることで、今起きている、そしてこれから起こる変化をかえってわかりやすく捉えることができています。 AIの時代の特徴を、「モノ(の取引)からサービス(の取引)へ」、「財物からデータへ」、「法/契約からコードへ」という3つの変化に見ながら、それが法と社会にどのような変化をもたらすのかを検討しています。 このように書くと少し難しい本に思えるかもしれませんが、さまざまな事例とその倫理的な問題がとり上げられているので、単純にAIや情報技術の発展が社会をどのように変えて、どんな問題をもたらすのかということを知りたい人にもお薦めできますし、当然ながら社会の変化が法をどのように変えていくのかに興味がある人にもお薦めできます。 目次は以下の通り。第1章 デジタル技術に揺らぐ法第2章 AIとシェアリング・エコノミー――利用者と消費者の間第3章 情報法の時代

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました