当時(1980年前半)のモザンビークの乳幼児死亡率は26%だった

書評総合

「今日の名言クイズ」の答えは・・
・当時(1980年前半)のモザンビークの乳幼児死亡率は26%だった・・年間3900人の子供が命を落としている計算になる・・病院で亡くなった子供は52人。亡くなった子供のうち、わたしが診断できたのはたった1.3%しかない・・・助かる見込みのない子供に病院で点滴をするよりも・・母親が歩いて来やすいような場所に簡易的な医療施設を作ること・・何かを完璧にこなそうとすれば、もっと大事なほかのことがおろそかになりますよ・・(p165)
「FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」ハンス・ロスリング、 オーラ・ロスリング、日経BP社 【私の評価】★★★★★(94点) [楽天ブックスで購入する]

 
■著者は結果から逆算した  「優先順位」が大事だといいう。
 
 確かに目の前の死にそうな子供を  治療することは重要なことです。
 
 子供が亡くなれば悲しいし、  手を抜くようなことがあれば、  周囲の人から批判されるリスクがある。
 
■しかし、著者は極貧の国では  死にそうな子供を1人助けるよりも、  もっと軽い症状の子供を  10人助けるほうがよい。
 
 さらには地域の環境を良くして  簡易の医療施設を作って  100人の子供を助けるほうが  重要であると言うのです。
 
 あなたはどう考えますか?
 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします いつも応援ありがとうございます


 
Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました