魏徴(ぎちょう)のような部下を持たなくてはと、心から思った

書評総合

「今日の名言クイズ」の答えは・・
・私が何かを頼むと走ってきて応えてくれる人がいました・・・あいつは偉いやつやな・・あの人が出口さんが偉くなると思っているから走ってくるのですよ。私たちが頼むと何一つまじめにやってくれませんよ・・・人はゴマスリには絶対かなわない。「王様は裸だ」と言ってくれる魏徴(ぎちょう)のような部下を持たなくてはと、心から思ったものです(p52)
「ビジネスに効く最強の「読書」本当の教養が身につく108冊」 出口治明、日経BP社 【私の評価】★★★★☆(86点)[楽天ブックスで購入する]

 
■「貞観政要(じょうがんせいよう)」とは  唐王朝の太宗(二代皇帝李世民)が行った  政治の要諦を問答集の形でとりまとめたもの。
 
 もともと中国には皇帝に忠告し、  政治について意見を述べる諫官(かんかん)  という役職があったという。
 
 「貞観政要」の中では  魏徴(ぎちょう)が諫官として  太宗に忠告しているわけです。
 
■ただし皇帝が諫官の意見を聞くかといえば  そうでもなく、左遷されたり、  殺された諫官もいたという。
 
 太宗のように 諫官の忠告を聞き入れた皇帝は  極めて少ないのです。
 
 そのためか太宗の時代は、  善政により治安は安定し、  平和な時代であったという。
 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします いつも応援ありがとうございます


ビジネスに効く最強の「読書」 本当の教養が身につく108冊 [ 出口治明 ]

 



 
Source: 総合

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました