「ビジネスに効く最強の「読書」本当の教養が身につく108冊」出口治明

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(86点)

■ライフネット生命保険の創業者である
 出口さんは、日本生命保険のロンドン
 現地法人社長、国際営業部長を歴任。

 海外で勤務しているとき、
 出張中に寄り道をしながら
 世界を旅したという。

 人は人との出会い、本との出会い、
 そして旅することによってこそ、
 教養が身につくと断言しています。

・人間は・・人に会い、本を読み、世界を旅すること以外に賢くなる(人間と人間がつくった社会のことを知る)方法はありません(p3)

■108冊の本を紹介していますが、
 比較的厚い本が多い印象でした。

 私が読んだことのある本は
 たったの10冊。
 類書を読んでいるものもあるので
 内容がわかるのはせいぜい三分の一。

 科学技術、ビジネス関係なら
 太刀打ちできますが、
 歴史、経済、文化、言語となると
 まだまだ勉強が必要なようです。

・近代社会の基礎はフランス革命の時に生まれた・・・国民国家という考え方、さらには民法典など・・(p115)

■よく大学で学ぶ人もいますが、
 社会人こそ読書や人との出会い、
 旅を通じて学ぶことができるのだと
 と思いました。

 学ぼうという好奇心があれば、
 仕事の隙間時間に
 学べばよいのです。
 出口さんのように。

 出口さん、
 良い本をありがとうございました。

───────────────

■この本で私が共感したところは次のとおりです。

・リーダーシップ・・・3つの条件・・何かをしたい、何かを変えたい、という強い気持ちがあることがまず最低条件の一つ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました