3日で1億円売り上げたホストの稼ぐセオリー 著者 愛夢路澪

小説の書評と感想
3日で1億円売り上げたホストの稼ぐセオリー著者 愛夢路澪新たな知識を求めてこの本と出逢う。自分本位でしか考えることができない人が多い。他人本位で考えるべきである。そうすれば、道は開ける。そうして人は歩き出す。とにかく自分中心から他人中心へ、それが大切である。そこに私達は幸せを感じ、安らぎを感じる。だからこそ、進歩する。お金にならないプライドはいらない。これは、営業に関わる人全員に言える言葉である。まさに、その通りこの言葉は胸に突き刺さる。なんでもそうだが自分本位で物事を考えるのではなく、他人本位で考えることが大切である。そしてそれを実行できるかどうかが大切である。なぜなら私たちはそこに新しい考え方が生まれてくるし、新しいサービスを作り出すことができるからである。それができなければ話は別である。だからこそ顧客サービス顧客満足と言うものを求めなければならない。そこにお金が生まれてくるのである。何よりもお金を稼ぐと言う行為からすればプライドは邪魔である。そのプライドをいかに捨てることができるか、それが大切である。だからこそ私たちは働くのであり、頑張り、努力するのである。どの世界においても、どんな仕事をしていても、努力が必要である。それを避けることができない。だからこそ立ち向かうのである。しかし人間は弱い生き物である。すぐに逃げてしまう。どのようなモチベーションを保ちどのような心意気で人生を生きていくのかを改めて考えなければならない。そうすることによりあなたはまた新しい人生を見つけることができますとなりたいものである。最終的には自分がどのような人生を送りたいのか?自分がどのような自分

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました