届いた4冊(4)

小説の書評と感想
 最近に8冊の本を入手したので、2回に分けて紹介する。 本の入手として、先の11月24日の記事、贈られた3冊以来である。
 結社歌誌「覇王樹」12月号が届いた。2019年12月1日付、覇王樹社・刊。 同・11月号の感想は、先の11月14日の記事にアップした。 
 結社のホームページ「短歌の会 覇王樹」は、すでに12月号仕様である。 
 また僕の6首(8首より選)、題詠1首、被批評2首は、僕のもう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の11月27日付け記事より、5回に分載した。横書きながら、ご覧ください。 
 東京外国語大学短歌会の「外大短歌」9号と、岡山大学短歌会の「岡大短歌」7号である。 いずれもツイッターのメッセージより注文し、料金を口座に振り込んだ。対応が爽やかだった。 両短歌会とも、大学短歌会として活躍している。僕は若い世代の短歌よりも学びたい。 Amazonより、写真術の古本を買った。「花の撮り方きほんBOOK」。2012年4月、マイナビ・刊。 コンデジでの花の撮影に参考になるかと思ったのだ。 僕はインスタグラムに、xinsasukeとして、花をおもに投稿している。ただし多くの、いいね!を集める花の写真は、教科書通りではないようだ。基本として1読したい。 

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました