【書評:1564冊目】アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書(アンドリュー・O・スミス)

書評総合
【この教科書、必要ないといえますか?】
MBA・法務博士/アンドリュー・O・スミス氏が、『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』と題して、世界標準のお金との付き合い方の基礎知識を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
お金とは健全に付き合えている。
自信をもって、こう言い切れますか?
 
本書は、日本以外の海外では学生時代にあたり前に叩き込まれる「お金の基礎教養」を、一気に学べる”教科書”にして指南する一冊。
 
貯金は、なんのためにするのか。
税金は、なんのためにあるのか。
投資は、なんのために必要なのか。
 
あなたは、こうしたお金に関する仕組みを、淀みなく説明することができるでしょうか。
さらに、説明した内容で充分だと、自信をもって言い切れるでしょうか。
 
お金に関する書籍でよく書かれている通り、われわれ日本人

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました