『人口で語る世界史』ポール・モーランド。人口が歴史をつくってきた

ビジネス書の書評と感想
『人口で語る世界史』ポール・モーランド 

人口で語る世界史
作者: ポールモーランド,Paul Morland,渡会圭子
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2019/08/29
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Amazon
楽天

『人口で語る世界史』の目次 
第1章 人口を歴史がつくってきた第2章 人口とは軍事力であり経済力である第3章 英国帝国主義は人口が武器となった第4章 猛追するドイツとロシア第5章 ヒトラーの優生学第6章 ベビーブーマーの誕生とアメリカの世紀第7章 ロシアと東側諸国、冷戦の人口統計学第8章 日本・中国・東アジア、老いゆく巨人たち第9章 若く好戦的な中東と北アフリカ第10章 未来の主役か、サハラ以南のアフリカ
 
人口の世界史
人口は、この数百年、増えてきています。
そんな人口から、世界史を語ると、どういうことがわかるのか。
本書では、人口の世界史が書かれています。
ここに注目・言葉・名言
「人口の問題は生活に根付いていて、ある意味それこそが生活である。誕生、引越し、結婚、そして死は、人生の大きな節目である。人口学ではこうした問題を全体として見るが、それは対象となる個人の人生や経験の価値、あるいは神聖さを損なうものではないし、損なうものであってはならない。」(p.49)
人口の問題は生活に関係している
人口というと、何億人という話になりますが、それは一人ひとりの人生であり、生活でもあります。
人口全体や増減などから見ると、一人ひとりの話は小さなことですが、そこには、一人ひとりそれぞれ違った人生があります。
人口の問

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました