【書評:1563冊目】THINK EDIT(野口孝仁)

書評総合
【デザイン思考から編集思考へ】
エディトリアルアートディレクター・野口孝仁氏が、『THINK EDIT』と題して、アイデア体質の強化につながる、5つの技術と10の習慣で身につく「編集思考」を指南する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
自分の考えるアイデア。
賛同を得たり、実現したりすることが多いですか?
 
本書は、1万冊の雑誌づくりに携わった経験に基づき、新しいアイデアを導き出す手法として、5つの技術と10の習慣で身につく「編集思考」を指南する一冊。
 
「編集」とは、「ありとあらゆるコンテンツを集めて編むこと」。
「編集思考」とは、「雑誌編集の場で用いられる視点の持ち方とアイデア創出の手法を使って、新しい価値を導き出す方法」。
 
著者は、まずこのように言葉を定義します。
そのうえで、アイデアの出し方、大きなインパクトを与える企画の生み出

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました