ベーシックインカム 著者 井上真偽

小説の書評と感想
ベーシックインカム著者 井上真偽新たな知識を求めてこの本と出逢う。機械であろうと、人間であろうと、言葉と言うものはとてつもなく大きいものである。言葉が人を動かすのであり、言葉が機械動かしてしまう言葉と言うものを大切にしなければならない。そんな言葉を私たち人間はいとも簡単に扱ってしまう。だからこそ私たちは言葉を勉強しなければならない。そして言葉を活かして発展しなければならない。そして成長しなければならない。遺伝子組み換え、これは間違いなく将来議論される代物である。しかしこれにより人間の健康を長続きすることができるかもしれない。だからこそ賛否両論になってしまうのである。そこで私たち人間は何を望むのか、そして日本人は何に許可を出して何を選ぶのかが大切になってくる。これを1つの物語としてこの本はテーマとしてぶつけてくる。これがこの本の面白さである。そしてこの一石を投じる行為こそが大切である。なぜならそれこそにより考える力が出現するのである。VRが教えてくれる本当の幸せ、そして現実という悪夢。果たしてこのような考え方があるのであろうか?間違いなくある。だからこそ、現世に幻滅する人々がいる。私達は、そこから這い上がるしかない。明るい未来を目指して、明るい未来を残す為に技術発展が必要である。小説はそのキッカケになるかもしれない。その為には、明るい未来、明るい社会を夢見させる必要がある、子供達には。それが出来るかどうか、改めて問われる。しかし、どんな小説にも捉え方次第では変わってくる。それでも自分とは違う発想、違う考え方、これが新たなイノベーションにつながる。だからこそ、人は変わる、変わらな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました