「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

小説の書評と感想
●2019年11月18日ミュージカル「ダンス・オブ・ヴァンパイア」(帝劇)帝劇で4年ぶりの「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を観ました。初演の頃、この舞台のどこがそんなに面白いのかわかりませんでしたが、何度も観ていると、狂騒的な舞台の裏に、意外と奥深い世界が見えてくるようです。まずキリスト教的な側面。「神は死んだ」と口にするクロロック伯爵は、自らのもとに集まった者たちに「永遠の命」を約束します。キリスト教でいう永遠の命と言葉は同じでも意味は逆、滅びない肉体を意味します。その結果、精神は滅びて欲望だけにとらわれたヴァンパイアができあがる、という構図。で、滅びない肉体を得た彼らは幸せかというとそうではなく、クロロック伯爵は「永遠に充たされない苦悩しかない」、ヴァンパイアたちも「死にたくなるほど退屈」と歌います。キリスト教の救済と程遠いありさまが描かれます。ほかにも光と闇、理性と欲望、ルールと自由、善なるものと悪なるもの。キリスト教的二元論を思わせる物語世界が展開していきます。さらに今日的テーマとして描かれるのは、現代社会へのアンチテーゼともいうべきもの。ヴァンパイアたちは「モラルもルールもまっぴら」と繰り返しますが、キリスト教的モラルやルールを飛び超えて、抑圧ががんじがらめに人間を圧迫してくる現代。舞台を見ている間の、つかの間の精神の解放をこの舞台は約束しているのだと思います。サラ役は神田沙也加、よく合っていると思います。アルフ役は初見の東啓介。背丈がとても高いので、教授役の石川禅にネタにされてたりして。これまでのアルフ以上に木偶の坊感、役立たず感が出ていてよかったです。ヘルベルトは植

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました