「「朝日」ともあろうものが。」烏賀陽 弘道

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(83点)

■烏賀陽(うがや)さんは1986年
 朝日新聞に入社し、1991年から
 2001年まで「アエラ」編集部記者。
 2003年にフリーになっています。

 著者がなぜ朝日新聞を辞めたかというと
 良い記事を書けば評価されるのではなく
 他社より先に報道するだけで
 評価されるからです。

 さらに、記事の内容よりも
 朝日の方針を忖度して
 現実を加工して報道することが
 出世の最低条件だった。

 良い記事を書いても評価されない
 こと、現実を歪めて報道することに
 著者は耐えられなかったのです。

・当時のぼくを毎日激しく苦しめたのは・・・「特ダネ」を書かないと社内で努力を認めてもらえないということだった・・ここでいう「特ダネ」は・・期日が来れば発表されてしまうようなものでも構わない(p46)

■その他、著者の経験が続きます。

 あるデスクは仕事中に酒を飲み
 自分の捏造記事を自慢する。

 自費のアメリカ大学院留学を
 罵倒した人が取締役になる。

 アシスタントが書いた記事を
 自分の署名記事として
 報道する記者がいる。

 他社の失敗は攻撃し、
 自社の不祥事は握りつぶす。

 朝日新聞は普通の日本の
 マスメディアだったのです。

・朝日ともあろうもの・・経費やタクシー券をチョロまかす同僚であり、記事の捏造を部下に強要するデスクであり、「前例がない」と言って原稿をボツにする上司であり、社用ハイヤーで奥様とフランス料理を食べに出かける幹部(p10)

■著者は社内で夕刊廃止や、
 すべての記事に署名

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました