成熟社会のビジネスシフト10年後も会社が続くために 著者 並木将央

小説の書評と感想
成熟社会のビジネスシフト10年後も会社が続くために著者 並木将央新たな知識を求めてこの本と出逢う。情報過多では、情報をシャットダウンしてしまう。だからこそ、本当に必要な情報が必要である。イノベーションを求められているが、簡単に生まれるものではない。その中で、私達は新しい発想、考えを求めていかなければならない。どうあるべきか?どうするべきか?必要な情報だけを抜粋する強さが必要である。「なぜうまくいかないのか」の答えがこの本にはある。一定の次元の満足を得てしまうと、それ以上のものを有料では欲しがらなくなってしまう、それが消費者の原則である。だからこそ新しいイノベーションが必要である。必要な「こと」や「物」が明確で、その悩みを社会やメーカーが解決する形で経済は回っていくのです。この原則を知らなければなりません。日本が産業革命以降、国策として取り組んできた人口増加が日本経済の成長につながっているのです。成熟した社会では誰も困っていないのが現状です。日本経済の最大の転換期は、鎌倉幕府の時代からずっと右肩上がりに増加を続けてきた人口が、2008年をピークに減少を始めた時になります。だからこそ今は転換期にきているのです。これからは大量消費を前提としない世の中になってきます。大量生産を基本とした工場は稼働を減らす事はできても止めることができません。だからこそ工夫が必要なのです。誰も困っていない、誰もがそこそこ満足と言う社会が作られています。だからこそ新しいイノベーションが必要なのです。世界の情報が溢れんばかりにやってくると、個人の持つ情報や知識に偏りが出てしまいます。一人ひとりの別々の価値を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました