【書評:1561冊目】売ってはいけない(永井孝尚)

書評総合
【モノを売ろうとするほど売れない時代に】
マーケティング戦略アドバイザー・永井孝尚氏が、『売ってはいけない』と題して、身近な企業事例をベースに、「売らなくても儲かる」仕組みのつくりかたを解説する一冊。
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
「今がお得!」「オススメですよ!」
最近、店員さんのこうした声掛けで購入した記憶がありますか?
 
本書は、従来とは180度違う「売らない」という発想への転換により、V字回復を遂げた企業事例をベースに、「売らなくても儲かる」仕組みのつくりかたを解説する一冊。
 
ピーター・ドラッガーはいいます。
『マーケティングの究極目的は販売を不要にすることだ』と。
 
大量生産・大量消費型モデルから脱却できずに低迷する企業。
今、ここから脱却してV字回復を遂げて好調な企業が目立っています。
 
その企業を分析すると、形

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました