『事実はなぜ人の意見を変えられないのか-説得力と影響力の科学』

ビジネス書の書評と感想
『事実はなぜ人の意見を変えられないのか-説得力と影響力の科学』ターリ・シャーロット 

事実はなぜ人の意見を変えられないのか-説得力と影響力の科学
作者: ターリシャーロット,上原直子
出版社/メーカー: 白揚社
発売日: 2019/08/11
メディア: 単行本
この商品を含むブログを見る

Amazon
楽天

この本の目次 
はじめに――馬用の巨大注射針
1 事実で人を説得できるか?(事前の信念)データでは力不足/賛成意見しか見えない/グーグルはいつもあなたの味方/賢い人ほど情報を歪める?/なぜこうなってしまったのか/投資と信念/新しい種をまこう
2 ルナティックな計画を承認させるには?(感情)
同期する脳/感情という名の指揮者/カップリング/気持ちを一つに/インターネットの扁桃体/あなたの心は唯一無二?
3 快楽で動かし、恐怖で凍りつかせる(インセンティブ)手洗いと電光掲示板/二人の主権者/接近の法則と回避の法則/進むべきか、止まるべきか/期待が行動を導く/「死んだふり」/いますぐちょうだい! /未来はあてにならない/脳の自動早送り機能
4 権限を与えて人を動かす(主体性)恐怖vs.事実/コントロールを奪われて/納税はなぜ苦痛なのか?/「選ぶこと」を選ぶ/選択の代価/健康で幸福な老人/自分で刈った芝生は青い
5 相手が本当に知りたがっていること(好奇心)ギャップを埋める/情報は気持ちいい! /良い知らせ、悪い知らせ/知らぬが仏/頭の中の巨大計算機/知らずにいることの代償/エゴサーチが怖い
6 ストレスは判断にどんな影響を与えるか?(心の状態)プレッシャーが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました