「米朝開戦」マーク グリーニー

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(88点)

■2014年に北朝鮮の核弾道ミサイル開発と
 それを阻止しようとする米国の戦いを
 想定した一冊です。

 2014年は北朝鮮が弾道ミサイルを
 しきりに日本海に向かって
 発射していた時期です。

 2014年の時点では核実験を三回
 行っており、ウラン型核兵器を
 持っているという前提です。

 本書では弾道ミサイルを完成させるため
 北朝鮮がレアアース鉱山を自力で
 開発し、資金を得ようとするところから
 はじまります。

・あなたは一年半のあいだにレアアースを採掘、精錬し、販売できるようにしなければなりません。わたしは三年のあいだにICBMを運用可能にしなければなりません(1巻p202)

■小説らしいところは
 北朝鮮と戦うアメリカの諜報機関に
 アメリカ大統領の息子がいること。

 さらには、北朝鮮の首領(金正恩?)が、
 レアアース鉱山と弾道ミサイル開発に
 加えて、アメリカ大統領の暗殺を
 指示することです。

 アメリカ大統領は危機一髪で
 暗殺を切り抜け、中国の国家主席と
 交渉し、北朝鮮に対応します。
 (詳細は本書にて)

・アメリカの大統領はレアアース精錬装置を略奪した・・レアアース鉱山を成功させるためには・・ジャック・ライアン(大統領)暗殺作戦を成功させなければならない(3巻p275)

■核兵器と弾道ミサイルの開発には
 膨大な資金が必要であり、
 北朝鮮が合法・非合法あらゆる手段を
 用いて金を稼いでいること。

 北朝鮮が核兵器とミサイルを運用できれば
 簡単に北朝鮮を攻撃できなくな

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました