「異世界サバイバル〜クラスから追放されたけど、スキルの力で生き延びる〜」三門鉄狼 LINE文庫エッジ

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止していますさて、今回紹介するのは三門鉄狼さんの「異世界サバイバル〜クラスから追放されたけど、スキルの力で生き延びる〜」です!ストーリー A内容は、とあるきっかけからクラスで浮いてしまった仁飼睦樹は突然異世界の孤島に転移してしまう。睦樹の他にも学校の生徒たちは転移してきていて、それぞれ自らの特性にちなんだスキルを手にしていた。しかし睦樹のスキルは動物と会話できるという微妙なものだったため、生徒たちの集団から追放されてしまう。睦樹は睦樹の後wp追って集団から離れた小見川さんと一緒に島からの脱出を目指すが…とこんな感じです!〜異世界でも簡単に変われない〜ベテラン作家の三門鉄狼さんの新作!LINE文庫エッジからの新作ということで楽しみにしていました!異世界ものの魅力もありつつ容赦のない世界観でハードなお話が展開されていました!面白かったです!突然異世界に転移する学校の生徒たち。それぞれ自身の特性に合わせたスキルを手に入れるも、動物と会話できるという微妙な能力から睦樹は生徒の集団から追放されます。異世界に来てももとの世界の価値観に囚われてしまうのは人間の悲しい性ですね…そんな睦樹を追ってきてくれた小見川さんと共に行動することになる睦樹。はじめはあまり役に立たないと思っていた動物と話せるようになるスキルも次第に真価を発揮していきます!こういう展開いいですね!ピンチの仲間を助けながら、島の外に出られる船を修理し異世界でなんとか生き抜いていこうとする睦樹たち。しかし、島の主が目覚めたことで事態は一変し…こ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました