『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』丸 幸弘、尾原和啓

ビジネス書の書評と感想
『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術』丸 幸弘、尾原和啓

ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」
著者:丸 幸弘,尾原和啓出版社:日経BP発売日:
Amazon
 
『ディープテック』の目次
第1章 ディープテックとは何か?
第2章 ディープテックの系譜を知ろう
第3章 海外で沸き起こるディープテック旋風
第4章 日本の潜在力はディープテックで開花する
ディープテック
 ディープテックとは、聞き慣れない言葉のように思います。
ディープテックとは、直訳すれば、深い技術ということですが、眠れる技術というか、最先端ではないかもしれないけれど、活用できる技術といった意味のようです。
 
『ディープテック』のここに注目・言葉・名言
「テクノロジーそのものの進化を追求することも重要だ。しかし、地球規模での課題が山積しているこの時代に必要なのは、「何のためにテクノロジーを使うのか」という視点にほかならない。そこで浮かび上がってきたのが、ハイテクとローテクを「知」によって新結合し、その集合体をテクノロジーで捉えるという概念。そして、それこそがディープテックなのである。」(p.39)
ディープテックとは
ハイテクとローテクを「知」によって新結合し、その集合体をテクノロジーで捉えるものが、ディープテックというもののようです。
 
まあ、これだけ読んでも、よくわからないと思うので、本書では、実例も紹介されています。
それらを知っていくことで、何となく、どういうことなのかはつかめるのではないかなと。
名前よりも、何のためにテクノロジーを活用するのかというところのほうが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました