寺井奈緒美・歌集「アーのようなカー」Kindle Unlimited版を読む

小説の書評と感想
 これまで記事にアップしなかったけれど、寺井奈緒美・歌集「アーのようなカー」Kindle Unlimited版をタブレットにダウンロードしており、先日に読み了えた。 書肆侃侃房・新鋭短歌シリーズ46。同シリーズとして、先の8月3日の記事、二三川練・歌集「惑星ジンタ」に次ぐ。 単行本:2019年4月11日・刊。価格:1,836円。 Kindle版:2019年8月2日・刊。価格:1,600円。 掲載首数、不明。東直子・解説「「そこにいた時間」の新しい豊かさ」、著者・あとがきを付す。 優しさを施したい、求めたい心情がある。言葉の斡旋がうまく、レトリックが上手になって、人生の真実味が深まらないようだ。 あとがきに「色を失っていたのは街ではなく自分自身だったのだと、ようやく気がついた。」とある。人生の暗部も見つめつつ、歌に拠って、危うい時代を生きて行ってほしい。 以下に7首を引く。舌打ちの音でマッチの火が灯るようなやさしい手品がしたいフジツボのように背中を張り付かせ駅の柱はやさしい岩場コピーアンドペーストのため囲われた文字に地下への隠し通路を追い炊きのボタンを君に埋め込んで一年経つが未だ押せずに戦前を生きるぼくらは目の前にボタンがあれば押してしまうね街をいく人たちみんな大根を持っているけど何かの予兆再生をされてトイレットペーパーになったら隣り合わせましょうね

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました