松村蒼石・句集「雁」を読む

小説の書評と感想
 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、4番目の句集・松村蒼石「雁」を読み了える。 今月5日の記事、角川源義・句集「西行の日」に次ぐ。概要 原著は、1975年、永田書房・刊。1971年~1975年の331句を、年別に、章題を付して収める。著者・あとがきを付す。第5句集。 松村蒼石(まつむら・そうせき、1887年~1982年)は、幼くして丁稚奉公に出、飯田蛇笏「雲母」に入って活躍した。 戦前に家族の死に次々と遭いながら、不幸に負けない精神を持ったとされる。 1970年代初めの社会状況には、ほとんど影響されていない。中島みゆきの「時代」の歌さえ、僕は「早くも再起してしてしまうんだ」と、遠く聞いていたものだが。引用 4句を引き、寸感を付す。童が目守る大き頭りの寝釈迦さま 上句の「こがまもる」は読めたけれども、「つむり」に気づくには時間が掛かった。白鳥引き朝あけの湖疲れけり 比喩の句である。擬人法とは言えないだろう。寒や白けて雨忘じゐる野川 句跨りが2つある。ここに違和感を表わす他になかったのだろう。もう鳴かぬ虫白壁は日を溜めて 中句に句割れがある。こういった所にしか、良心を表わせなかった苦衷を偲ぶ。写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。

Source: 小説

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました