満月に執着を手放して東京に戻ったり その途端に新居がついに決定した一日 [自由すぎるスラッシャーの日常 2019.7.17版]

書評総合
Letting Go、手放し
12年のあやちゃんとの生活、ツナゲル社長としての日々、東京と鎌倉のデュアルライフ、二匹のネコたち。
いよいよ手放すときが近づいてきてる。
満月と月蝕の日に、静かに僕は新しいステージへと進む。
手放さないと新しいものは入ってこないからね。
日曜日に申し込みをした新拠点候補の物件の返事をずっと待っている。
前日に回答があるはずだったが、返事をもらえず。
じりじりした気分の中で朝を迎えたが、昼前に吹っ切れた。
待っていようと行動しようと、出る結果は一緒。
麻布でやることがあるので、さっさと移動することにした。
そして、麻布に帰ってきた途端に、朗報が届いた。
まあそんなもんだ。
というわけで、ようやく新居が決定した。
やれやれである。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この日あったことTOP 5
満月の日。午前中は鎌倉でジリジリ
朝が満月で鎌倉では見られなかったが月蝕の日。
午前中は引き続き鎌倉で不動産会社からの連絡を待っていてジリジリ。
いい加減待ちくたびれてきた。
昼ランで材木座海岸にAFURI発見!!
▲ 昼ランに出たら、何と材木座海岸の海の家にラーメン屋「AFURI」が出来ていた!!
これはビックリ。
 
▲ いやいや、これは夏の間に来なければ。
最近めっきりラーメンを食べる機会がないけど、これは食べたい。
吹っ切って麻布に帰ることに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました