ひと粒5万円のイチゴにできるブランド戦略

書評総合
<![CDATA[本書のタイトルを見てびっくりしてしまった。もっとも果物にしても野菜にしても単価が「五万円」というのもなかなか珍しいのだが、本書の中には「五万円」で済まされないような果物まである。その果物はなぜつくられ、人気を呼んでいったのか、そのことを取り上げている。第一部「「ひと粒五万円のイチゴ」美人姫」なぜ高級なイチゴをつくり、なおかつ人気を呼んでいったのか、そこには「農協」の存在がある。ただしポジティブな意...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました