「敏感すぎる人の「仕事の不安」がなくなる本」みさき じゅり

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★☆☆(72点)

■世の中には、いつもビクビクして
 いる人がいます。
 空気を読みすぎて、疲れる。
 ちょっと怒られると固まる。

 こうした人を英語で
 「Highly Sensitive Person」と
 呼ぶらしい。つまり、
 非常に繊細、感受性の高い人です。

 いろいろ真面目に考えすぎるので
 周囲の人からはちょっと変わった人、
 愚鈍な人と評価されるらしいのです。

・HSPは間違ったことを許せない・・・
 「Cさんが歯磨きをしている時間は、
 本当は勤務時間だよね?」・・・
 でも、Cさんに直接伝える勇気は
 ありません(p196)

■例えば、通勤時間に
 周囲の人を意識しすぎて
 ゲッソリ疲労してしまう。

 ちょっと驚くことがあると、
 思考停止してしまい
 次の日になってやっと復活する。

 仕事の手順にこだわるので、
 ちょっとした変更でも
 「なぜ変えるのか」「問題ないか」
 など考えすぎて次に進めない。

 だれでもありそうなことですが、
 それが極端に出た人なのでしょう。

・反応停止のプチショック状態・・・
 職場で突然、大きな声で注意を受けたとします。
 HSPは声の大きさに驚いて思考停止状態に
 なってしまいます・・帰宅してお風呂に入り、
 布団にもぐったころ、ようやく気持ちが
 落ち着き始め、振り返ると、そこまで
 言われる覚えのないことで怒鳴られていた
 と気づきます(p80)

■自分もHSPと同じように
 考えすぎるところがあったり、
 正論を主張したくなったり、
 興味のあるものだけに集

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました