「キミ、どこ住み? え、俺は空中要塞住みだけど」川岸殴魚 MF文庫J

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは川岸殴魚さんの「キミ、どこ住み? え、俺は空中要塞住みだけど」です!ストーリー A内容は、9年前の突如埼玉県所沢市に出現した空中要塞こばと。一時は観光名所として注目を集めるも、下側からぼんやり見えるだけという弱点から既に飽きられていた。そんな所沢市に住む黒田洋平は、ある日空中要塞こばとに拉致られる。そこで当主を名乗る夢素香に王族の血を引いているから結婚しろと迫られる。可愛い夢素香の頼みを断ることもできず、まずは補佐官としてこばとを取り巻く問題を解決することになった洋平。しかし、空中要塞反対派や売れないグッズなど問題は山積みで…とこんな感じです!ジャンルは…コメ多めのラブコメ+とんでも科学みたいな感じですかね?川岸殴魚さんの新作!ガガガ文庫で発売されている「編集長殺し」が面白かったので新作も購入!なんかよくわかんない展開や設定がありながらも、楽しい会話でグイグイ読ませてくれる作品でした!面白かったです!まず衝撃の1ページ目。所沢市に空中要塞こばとが浮かんでいるというシーンと、わいっしゅさんの超美麗空中要塞イラストから物語は始まります!おー!すげーと思ってどんどんページをめくっていくと川岸殴魚さんの軽快な会話劇がスタートして、洋平が拉致られ夢素香に結婚を迫られることに…なんなすごく超展開が多いんですけど、謎に説得力があって「そうか、結婚は普通なのか」と思わせてしまうんですよね…そして夢素香と話し合った?結果、洋平は空中要塞こばとの補佐官として働きながら、夢素香

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました