商人だけが目先の利にこだわり、『自分さえよければ、後は知るか』

書評総合

「今日の名言クイズ」の答えは・・
・まだ育っていない鮪(しび)は海に流す。これが漁師の掟だ・・・同じように山になる柿の実も、熟していないうちは誰も取らない・・この国の者たちは皆、そうしてきた。しかし・・商人だけが目先の利にこだわり、『自分さえよければ、後は知るか』といった考えを持っている。それをあんたは変えようとしている(p232)
「江戸を造った男」伊東 潤、朝日新聞出版 【私の評価】★★★★☆(82点) [楽天ブックスで購入する]

 
■日本の商売においては  比較的長期的視点で  信頼構築を重視する傾向があります。
 
 この本によれば  元から日本の商売が信頼重視であった  わけではなく、長い商売の歴史の中で  信頼重視が最終的には儲かるという  経験則が共有されたのでしょう。
 
 逆に相互利益を極度に重視する  あまり、一人勝ちすることへの  抵抗が大きいのかもしれません。
 
■一方で、今の漁業は、  ある程度ルールはあるものの  「自分さえよければよい」  という考え方に見えます。
 
 そのため、  魚介類の資源は減少し、  漁獲高は減少傾向にあります。
 
 各国で勝手に漁をしていますので、  国際的なルール作りが  必要なのでしょう。
 
↓↓この名言に「なるほどね!」と思ったらクリックをお願いします
いつも応援ありがとうございます
 
 

江戸を造った男 (朝日文庫)
posted with amazlet at 19.06.25
伊東 潤 朝日新聞出版 (2018-10-05)売り上げランキング: 30,967
Amazon.c

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました