「江戸を造った男」伊東 潤

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★☆(82点)

■世の中には
 普通の人ができないことを
 やれる人がいるのだと思う。

 河村瑞賢は、13歳で江戸に出て、
 金もないなかで漬物を売ったり、
 土壁を供給するというアイデア商売で
 小金を稼ぎました。

 さらに江戸の大火では
 子どもを亡くし失望するなかで、
 江戸復興のための資材不足を予測し、
 福島の材木を買い占め
 大きな利益を出します。

 アイデアと実行力がすごい。

・七兵衛の商いは、何かを売りたい商人に
 売り子をまとめて貸したり、
 壁土を加工する職人を養成し、
 現場に派遣するものに変貌していった(p152)

■さらに江戸の大火で遺骸の処理が
 進まないことを将軍後見役に直訴。

 本来なら死罪になるところ、
 逆に300両で遺骸処理を幕府から
 請け負って成功させています。

 成果を出した河村は、
 その後、幕府の依頼により
 東回り航路・西回り航路を開発。

 さらには
 越後、淀川の治水工事、
 銀山開発に取り組み成功させました。

 幕府の金のみならず
 自己資金まで投入する
 その姿勢に多くの人が
 協力をいとわなかったのです。

・「金を吉原で蕩尽するなら、
 淀川や大和川に投げ入れる」
 という言葉が大阪商人たちの間に広まり、
 「川に金捨てる河村屋、代わりに川の泥すくう」
 という戯れ歌にまでなった(p419)

■大きなことをやる人は、
 アイデアと人を動かす力を
 持っているのだと思いました。

 アイデアだけでもだめ。
 人を動かすだけでもだめ。
 江戸時代のゼネコ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました