「浅草ちょこれいと堂 雅な茶人とショコラティエール」江本マシメサ マイナビ出版ファン文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは江本マシメサさんの「浅草ちょこれいと堂 雅な茶人とショコラティエール」です!専門学校を卒業後、ショコラティエールとしてチョコレート専門店の「ララ・オランジェット」で働いていた麗子。しかし人間関係に悩みを抱え退職してしまう。転職活動を始めるものの届くのは不採用通知ばかり…そんなある日、麗子はララ・オランジェットの常連だったギルバートと出会う。彼の雇い主である茶人の胡桃沢理人が麗子のチョコレートの大ファンだという。麗子は理人に新しくオープンする店で働かないかと持ちかけられて…江本マシメサさんの新作!大好きな作家さんなのですが最近なかなか読めてなくて…新刊が出るたびに買ってはいるのですがどんどん積んでしまって…申し訳ないです…閑話休題。今回はチョコレートを一つテーマにしたお話で最後まで楽しく読ませていただきました!面白かったです!専門学校を卒業後ショコラティエールとして有名店で働くも人間関係の悩みから退職してしまう麗子…というところから物語はスタートします。ショコラティエールはパティシエのチョコレート専門的な職人さんのことですね。序盤からいきなり仕事を辞めるというシーンですが、とにかく麗子の「チョコレート大好き!」という思いが伝わってきて楽しかったですね!普段何気なく食べているチョコレートの知識も読んでいてワクワクしました!転職活動をするも失敗ばかりの麗子。そこに現れたのはギルバートという老紳士。彼の主人である茶人の理人が麗子の作るチョコレートの大ファンで新しく

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました