米無人機が撃墜されるもFRB利下げ期待でS&P500は史上最高値(金融日記 Weekly 2019/6/14-6/21)

ビジネス書の書評と感想
TOPIX: 1545.9, -0.1% (1w), +3.5% (YTD)Nikkei225: 21258.64, +0.7% (1w), +6.2% (YTD)S&P500: 2950.46, +2.2% (1w), +17.7% (YTD)USD/JPY: 107.33, -1.1% (1w), -2.1% (YTD)EUR/JPY: 122.02, +0.3% (1w), -2.9% (YTD)Oil(WTI Futures): 57.43, +9.4% (1w), +25.4% (YTD)
 米中貿易戦争の見通しが立たないことや、ホルムズ海峡上空でアメリカの無人偵察機が撃墜されるなど、いくつも株価を抑える要因はあったが、市場はFRBの利下げ期待に浮かれており、2カ月ぶりの高値で史上最高値を更新したS&P500は高値で推移している。
 金曜日から大阪でG20のサミットが開催されるため、大阪は厳戒態勢になっている。サミットでの米中首脳会談で貿易問題やHuaweiに対する制裁などについて話し合われる見通しだ。安倍首相は直後の参院選に向けて外交手腕をアピールしたいところであり、世界の首脳とのインスタ映えする写真が期待できよう。
●利下げ期待に浮かれる米国株、ブームに潜む「落とし穴」
https://jp.reuters.com/article/usa-stocks-risks-idJPKCN1TM08K
●イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/06/p

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました