「リベンジャーズ・ハイ」呂暇郁夫 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは呂暇郁夫さんの「リベンジャーズ・ハイ」です!ストーリー A内容は、人体に有害ながらもその万能性ゆえに広く普及した砂塵。文明が一度滅び再び復活した世界では砂塵を使った能力者たちが出現していた。裏社会で暗殺任務を行う掃除屋のチューミーは、ある日粛清官という治安維持組織に捕まってしまう。そこで司法取引が行われ、チューミーは最愛の存在を奪ったスマイリーという猟奇殺人者を追うことに。バディとしてあてがわれたのは優秀ながら訳ありのシルヴィ。なにもかも正反対な2人は偉大都市でスマイリーの跡を追っていくが…とこんな感じです!ジャンルはSFバトルアクション!サイバーパンクっぽい世界観でしたね。第13回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!がっつりと重量のあるSFバトルアクション×復讐ものでした!面白かったです!文明が崩壊し、砂塵という万能物資により再び文明が築かれた世界が舞台の作品。SF関係の設定は砂塵を軸にがっちりしていてよかったですね!砂塵を使った通信とかは特に好きでした!そんな世界で掃除屋として裏社会を暗躍するチューミー。刀一本でとんでもないスピードで敵を屠る姿はスタイリッシュでカッコ良かったですね!しかし不運なことに粛清官という治安維持組織に捕まってしまうチューミー。これまでの罪が問われるかと思いきや、チューミーが追い求めているスマイリーという猟奇殺人者を共に殺そうと持ちかけられます。そしてシルヴィとバディを組みスマイリーを追うことに!貧民街で育ち貧相な体に粗野な印象

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました