【書評:1458冊目】仕事と人生(斎藤一人)

書評総合
【令和の時代を生きる心構え】
銀座まるかん創設者・斎藤一人氏が、『仕事と人生』と題して、令和の時代に大切にしていきたい”楽しく生きる方法”を指南する一冊。今までの時代より、ワクワク楽しくの重要性が増す!
rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="156ac3d8.7dbe6d34.156ac3d9.a3b3ebc6";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1504596303285";
■書籍の紹介文
今おくっている日常生活。
ワクワクと楽しいものになっていますか?
 
本書は、令和の時代の幕開けに際して、意識しておくべき、「仕事」と「人生」にまつわる成功法則を指南する一冊。
 
2019年5月に”令和”がはじまりました。
これからの新時代を、どう生きていくべきかの指針を示した内容です。
 
著者は、「力」でどうにかする時代はもう終わったと指摘します。
その上で、これからの新時代は「心」の時代になると提起します。
 
では、「心」の時代に私たちはなにを心がければいいのでしょうか。
おおまかに3つのポイン

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました