「ささやくように恋を唄う」竹嶋えく 百合姫コミックス

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは竹嶋えくさんの「ささやくように恋を唄う」です!ストーリー A入学式の日に友人ミキに新入生歓迎会で行われるライブに連れて行かれたひまり。そこで彼女はあるバンドのギターボーカルの依の大ファンになる。校舎で出会った依に一目惚れだと伝えると、依はひまりが自分に恋をしていると勘違いしてしまう。そればかりか依がひまりに一目惚れしてしまう。放課後の屋上で時間を積み重ねるなかで2人のすれ違う恋物語が始まる…Twitterで一目惚れをして買った百合作品。てか百合はTwitter一目惚れで買っておけば間違いないので、定期的に百合が好きな方のホームに行ってしまいますよね(みかみてれんさんとか)閑話休題。それはともかくあ王道百合!という感じでめっちゃ好きでした!面白かったです!高校の入学式の日、新入生歓迎会で演奏したバンドのギターボーカルに惚れたひまり。大ファンになったことを「一目惚れです!」と伝えたことで逆に一目惚れされることに…というところから始まるストーリー!いやー、いいですね…年上のクールな先輩が年下の子犬系後輩に一目惚れしちゃうの…これが地球で息をすることか…と意味のわからない感想が漏れました…そして始まる2人の放課後。ひまりは恋愛感情抜きで依が大好きで、でも依は恋愛感情でひまりが大好きで、ひまりから繋げた道は依からひまりへ反対方向に流れていく…めっちゃ好きです。すこすこのすこです。そして終盤では…ひまりは依先輩の気持ちを、依先輩は自分の気持ちをどうするのか…これまでの

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました