怨念の裏には、切ない恋心が…。

書評総合
<![CDATA[曳やの仙龍、コーイチ、そしてサニワの力を持つという春菜、民俗学教授の小林、雷助和尚。悪しき因縁を断ち切るため、力強いチームが再登場。「よろず建物因縁帳」シリーズの5作目。猿沢地区の地滑り跡から、漆喰の繭状のものに包まれた男性の人骨が発見された。それは、はるかはるかの昔。この地で人柱となった旅の僧のものだと推測された。民俗学的見地から、小林教授がその遺骨に関わっていく。そのころ、同地区では老婆の死霊...続きを見る]]>


Source: ぶくぺ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました