「千歳くんはラムネ瓶のなか」裕夢 ガガガ文庫

書評総合
どうも夏鎖芽羽です(≧∇≦)この感想はブログ「本達は荒野に眠る」のものです。無断転載は禁止しています。さて、今回紹介するのは裕夢さんの「千歳くんはラムネ瓶のなか」です!ストーリー A内容は、福井県にある藤志高校でトップカーストに君臨する最強のリア充である千歳朔。彼の周りには外見も能力も秀でた男女が集まっていた。そんなある日、千歳は担任の蔵センに不登校の少年・山崎健太を学校に連れてくるという任務を課される。最強のリア充である千歳は健太を連れてくるだけではなく、リア充にしてみんなを見返そうとするが…とこんな感じです!ジャンルは青春ラブコメ。リア充成り上がりものをリア充側の視点から書いた、というほど単純ではないんですけどそんな作品です!第13回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作!まず言わせてください…めっちゃ面白いストレートに素直に読み終わった後の感想がこれでした。とにかく面白い。それ以外の言葉はいらないです。それくらい面白い作品でした!序盤は才色兼備なカーストトップのリア充である千歳朔の日常が語られます!リア充が学校生活を送っている描写…という一件ありふれたものになりそうな日常を軽快な会話と魅力的な登場人物でスパイス効かせて楽しませてくれるのはもう才能としか言えないですね。登場人物も多いかな?と思ったら男女問わずリアルにいそうな高校生の範囲から逸脱しないリアルさを伴って魅せる!空気感がものすごかったです!そして担任の蔵センに不登校になっている健太を学校に連れてくる任務を課せられた朔は仲間と協力しながら彼を学校へ。健太を外に連れ出す場面はすごくよかったですね。語彙が貧弱なんですけど、

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました