1分間資本論 著者 齋藤孝

小説の書評と感想
1分間資本論著者 齋藤孝新たな知識を求めてこの本と出逢う。資本論はドイツのマルクスが描いた歴史的な本となります。マルクス経済学と言う言葉も生まれているほど有名な言葉です。資本主義を知るにはまず商品を知ることが必要である。社会の富は巨大なる商品集積として現れるものである。行を変えることであらゆる商品は等価交換できます。使用価値は同時に交換価値の素材的な担い手をなしている。商品の価値は、それに含まれている労働の量で決まる。私を価値を持っているのは、その中に人間的な労働が対象化または物質化されているからである。労働時間を見るときは個人別の長短ではなく社会全体の平均値を見るべきである。使用価値の大いさを規定するのは社会的に必要な労働の定量、または使用価値の製造に社会的に必要な労働時間である。生産した本人だけが消費するものは、商品ではない。商品を生産するには、使用価値だけではなく、他の人々に対する使用価値、すなわち、社会的使用価値を生産しなければならない。商品は、社会的分業から生まれる。社会的分業は商品生産の存立条件である。花柄の始まりは、どんな商品とも交換できる、布や塩だった。諸商品は、使用価値は雑多だが、ある共通の価値形態を持っている。すなわち貨幣形態である。花柄に性質上適しているのは金や銀である。金と銀は本来貨幣ではないが、貨幣は本来金と金である。貨幣から商品は簡単にできるが、商品から貨幣は簡単にできるものではない。商品から金への飛躍は、商品の生命だけの飛躍である。失敗すれば商品は困ることもないが、商品所有者はおそらく苦しむものである。お金は中立であり、生まれや善悪は問われない。

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました