「食えなんだら食うな 」関 大徹

ビジネス書の書評と感想

【私の評価】★★★★★(97点)

■饅頭が食いたくて仏門に入った
 関 大徹住職の一冊です。

 食えなんだら食うな、
 自殺するなんて威張るな、
 家事嫌いの女など叩き出せ、など、
 今なら叩かれそうなタイトルです。

 しかし、実際に読んでみると
 農家に嫁ごうとして反対された女性の
 例を出し、食べ物の大切さと
 食料危機になれば農家が強いということ。

 そして女性は男性を支えて働けば
 まさに強くなるのだという当然のことを
 強く教えてくれるのです。

・娘は、農家の嫁さんになった・・・
 農業は近代化したとはいえ、夫を扶けて、
 大いにはたらかねばならないであろう。
 そのかわり、彼女は強い女になるはずである・・
 女性にかぎらず、人間「原則」では
 強くなれないのである。鍛えられて、
 強くなるのである(p174)

■清掃作業をしていたおばさんの
 話も印象的でした。

 おばさんが市の清掃作業で
 ゴミ拾いをしていたら
 若者がポケットから紙吹雪を
 まいたという。嫌がらせである。

 この若者を張り飛ばしますか
 と著者が質問されたのです。

 著者は、首を横に振り、
 「いすれその若者は、
 その報いによって悲しい目に
 あわされるだろう。そのときに
 思い知るにちがいない」
 と答えたというのです。

 何か超然としたものがあります。

・富山というところは、僧侶がもてはやされる
 お国柄で、そのせいかどうか、坊さんは概ね、
 自分ほど偉いものはないと思い込まされて
 しまうような環境にある。
 だから、口々に批判しあい、理屈

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました