株カンニング投資術 著者 JACK

小説の書評と感想
株カンニング投資術著者 JACK新たな知識を求めてこの本と出逢う。株式投資においてカンニングをしてはいけませんと言う決まりはありません。もちろん法律を犯す事はしてはいけません。しかし他の人がやっていることを真似する事は悪いことではありません。それが成功するかどうか別ですが。ではどのような人がこの投資法を学ぶべきなのか?例えば必死に勉強や分析をしているけれど、全然儲からない。例えば忙しくて、投資の勉強や市場の企業の分析をする時間がない。例えば情報が多すぎて、どれを信じればいいのかわからない。例えば裏技があると聞くけど、自分はやり方を知らない。例えばIPOが全然当選しない。などなど、このような悩みを持っている人たちは多いのではないでしょうか?だからこそ制度のすき家限界をついた合法的な手段で、チャレンジしてみませんかと言う本です。これは時間をかけて勉強しても結果に結びつかない人が自分で勉強するより成績がトップクラスの人の稼ぎ方、儲け方を真似してやってしまおう、つまりカンニングしてしまうと言うことを推奨する本となります。もちろんこの本を受け止めれる方もいればこの本を拒否する人もいると思います。どちらでもいいと思います。どちらが正しいかのではなく、いろいろな方法がある、そのいろいろな方法をどう選択するかが大切なのです。今の時代はTwitterの時代になっています。だからこそTwitterをいかに利用するかが大切です。しかしTwitterもいろいろな情報があり何を信じていいのかがわからないと思います。だからこそどのTwitterを信じるべきなのかを学ばなければなりません。さらにはYaho

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました